Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月18日

RubyとRuby on Railsの違いを簡単に解説!

RubyとRailsの違いを理解することはプログラミング学習をするうえで重要です。しかし、違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事ではRubyとRailsの違いやそれぞれの役割まで解説します。混乱している人はぜひ読んでみてください。

RubyとRuby on Railsの違い

RubyとRuby on Railsの違いについてわからず、混乱している人は多いでしょう。

RubyはWebアプリケーションを作るためのプログラミング言語であることに対して、Ruby on Rails はRubyでのプログラミング開発を効率よく行うためのフレームワークです。

それでも違いがよくわからないという人も安心してください。
ここではRubyとRuby on Railsの違いについて詳しく解説していきます。

Rubyはプログラミング言語

Rubyとはプログラミング言語です。プログラミング言語を使ってWebサービス開発やアプリ開発を行います。

Rubyを使えば足し算や引き算などの計算、条件に合わせたプログラムの実行(条件分岐)、特定のグループの作成(配列)などができます。

Rubyの特徴

Rubyはプログラミング言語の中でもスクリプト言語に分類されます。スクリプト言語は記述したプログラムをすぐに実行し、動作確認できます。

他のプログラミング言語は確認のためだけに手間がかかる作業が必要なので記述したコードをすぐに実行し、問題なく動いているかを確認できるのは便利です。

大きな特徴は読みやすさを重視したシンプルなコードです。この特徴のおかげで世界中の多くのプログラマーが使っています。

Ruby on Railsはフレームワーク

Ruby on Railsはフレームワークです。フレームワークによってWebアプリケーションの効率的な開発ができます。

Ruby on RailsはWebアプリケーションの効率的な開発に使うフレームワークであり、プログラミング言語ではありません。そこがRubyとRuby on Railsの違いを語るうえで重要です。

混乱を避けるためにそのふたつの違いをまとめるより先に”フレームワーク”とは何かを解説します。

プログラミングのフレームワークとは

フレームワークとはプログラミング開発を効率的に行うことができるツールです。プログラミング言語とは違います。プログラミングの世界では「開発に役立つ便利なツール」として認識されていることが多いです。

プログラムを一行一行書くのは手間がかかります。しかし、フレームワークのルールに従ってコードを書くことで手間が省け、効率的に作業を進めることができます。

フレームワークを使うメリット

効率的に作業を進める手助けをしてくれるフレームワークには具体的にはどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

メリットを知ることはフレームワークの正しい使い方を身につけることに繋がります。よく読んで理解することが大切です。

開発スピードが上がる

フレームワークを使えばプログラムのコードの記述量を減らすことができ、爆速で開発することが可能になります。

特にRuby on Railsは記述するコードの量が少ないのとそのシンプルさが特徴です。その特徴からプログラミング初心者でも習得しやすいでしょう。

また、日本語で解説が書かれているサイトが多いので疑問をすぐに解消できるのも人気の理由のひとつです。

運用管理が簡単になる

フレームワークは運用管理を簡単にしてくれます。

プログラミングの仕方は千差万別です。同じ機能であったとしても、開発者によってコードは変わってきます。これが原因でプログラムの運用管理が大変になることもあります。

しかし、フレームワークには決められたルールがあります。それによってコードの書き方が統一されるので個々人による違いを大幅に減らすことができ、機能追加や改修が簡単になります。

フレームワークを使うデメリット

手早く開発ができ、とても便利なフレームワークですがデメリットもあります。デメリットを理解しないまま開発に臨んだ結果、苦戦する可能性があります。

メリットとデメリットの違いを把握したうえで自分が行おうとしているアプリケーション開発に適したフレームワークなのか吟味する必要があります。

融通が利かない

フレームワークは融通が利きません。フレームワークを使って機能を付けたり開発をする際、ルールに従って正しく入力しなければならないからです。

サイト開発の際、フレームワークのルールによってイメージと違うものになることもあります。初心者にとっては便利ですが、上級者になるとルールに縛られるのが苦痛になる人もいるでしょう。特にRuby on Railsはシンプルさ故にオリジナリティーを出すのが難しいです。

RubyとRuby on Railsの違いを整理しよう

ここでRubyとRuby on Railsの違いを整理します。聞き慣れない言葉が多く、混乱している人でも繰り返し読めば理解できるようになってきます。ゆっくりと理解を深めましょう。

プログラミング言語かフレームワークか

Rubyはプログラミング言語、Ruby on Railsはフレームワークです。

Webサービス開発やアプリケーション開発に使われるのがプログラミング言語でそれを手助けするのがフレームワークです。フレームワークはプログラミング言語ではありません。

また、プログラミング言語はWebサービス開発やアプリケーション開発に使います。フレームワークはそのWebサービス開発やアプリケーション開発の補助的な役割をします。

例としてTwitterのようなWebアプリを作りたいとします。その中でTweetやログインのボタンをクリックすると、それに合わせた動きをする必要があります。

この時、ログインなどの機能をRubyで作り、クリックによってそれらの機能を呼び出すための仕組みはRuby on Railsによって作るということになります。もちろんすべてRubyで作ることもできますが、新しいサイトを作るたびにすべて作り直すのは非効率なので、よく使うものを標準機能として用意するのです。

Railsで作られたWebサービス

シンプルで効率的に開発ができるフレームワークであるRailsを使って作られたWebサービスは多岐に渡ります。

特に近年はRailsを使ってWebサービスを作る企業が増えています。そのためRailsで作られたWebサービスはここ数年で大きく成長した企業が多く見受けられます。身近な例をいくつか挙げてみます。

Amazon

大手ネットショップサイトのAmazonはRailsで作られたサイトです。スマートフォンが普及し、ここ数年で飛躍した企業です。購入してすぐに届く利便性から多くのユーザーに人気です。

欲しいものを検索し、ワンクリックで購入できる簡単な操作はシンプルなRailsだからこそ作れる機能です。

Cookpad

レシピ共有サイトで有名なCookpadもRailsで作られたサイトです。

主な機能は自分が作りたい料理のレシピを検索するだけでそのレシピが一覧となって出てくるのでその中から気に入ったレシピを選ぶ、というものです。

このような機能を作るのは難しそうに感じますが、Railsでは簡単に作ることができます。一見、難しそうな機能でも実際にコードを書いてみたらシンプルでわかりやすいのもRailsの長所です。

食べログ

飲食店の情報を取り扱い、他のサイトに比べてレビューが多いことが特徴的な食べログもRailsで作られています。

食べログはレビューを書くときに一緒に写真を載せる人が多いです。こんな写真の投稿機能もRailsであれば時間を掛けずに開発ができます。

このような投稿をする機会が多いWebアプリケーションはRailsで作ると早い上にシンプルで使いやすいものができるのでおすすめです。

Gunosy

情報メディアのGunosyもRailsで作られたサイトです。多くのニュースをいち早く入手できたり、ファミレスやファストフード店で使える割引クーポンをもらえたりと便利なサービスが揃っています。

ニュースやクーポンは最新の情報が必要です。そのため、更新や編集が簡単にできるほうがいいでしょう。

Railsはまさに簡単に素早く情報を更新・編集する機能が備わっています。だから、情報メディアとの相性は抜群です。

CrowdWorks

大手クラウドソーシングサイトのCrowdWorksもRailsで作られたサイトです。働き方が多様になった現代にマッチしたサービスを提供しています。

複雑な構造をしているサイトですがもRailsの「コードをシンプルに書く」という基本的なテーマのおかげで混乱することなく開発ができます。

そのような理由から複雑なサイトをRailsを使って開発をする人が多いでしょう。

Hulu

動画配信サービスで人気のHuluもRailsで作られたサイトです。

動画配信サービスはどうしても設定することが多く、容量もたくさん使うので開発途中でうまく行かずに嫌気が差してしまう人が多くいます。

しかし、Railsの原点である「効率性を重視したシンプルなコードで記述する」ということを思い返せば解決できる可能性があります。複雑なサイトだからこそRailsを使うのは実に賢明な判断です。

RubyとRailsのどちらを勉強するべき?

RubyとRailsの違いがわかったところで「どちらを勉強したらいいのだろう?」と疑問に思うでしょう。しかし、心配は無用です。どちらも勉強する必要があるからです。

RubyとRailsは両方勉強する

RubyとRailsのどちらも勉強しましょう。なぜなら、どちらか片方だけではWeb開発やアプリケーション開発はできないからです。

Rubyはプログラミング言語でRailsはフレームワークというのがこのふたつの違いでした。アプリケーション開発に主に使われるのはフレームワークであるRailsの方ですが高度な設定を作る際にRubyの知識が必要になります。

Railsを使うのにRubyの知識は必要不可欠

最近はSNSなどの普及で複雑な設定を行う必要が出てきました。例えば、「閲覧者がログインしている時はこの記事を全て読むことができるがログインしていない時はタイトルしか読むことができない」という設定をしたい場合があります。

これはRubyで学ぶ、条件分岐と呼ばれるプログラムを実行しなければなりません。つまり、Rubyの知識はRuby on Railsを使う上で必要不可欠です。

Ruby on Railsを身につけたら年収は上がる?

Ruby on Railsを使うエンジニアの平均年収は500~800万円です。RubyとRuby on Railsの違いを理解し、Rubyの知識やRuby on Railsの使い方を完璧にマスターした優秀な人は1000万円ほど稼ぐことも可能です。

Ruby on Railsを身につけると年収は上がる可能性は高いでしょう。

RubyとRuby on Railsの違いがわかるエンジニアになろう!

今回はRubyとRuby on Railsの違いについて解説しました。

Rubyはアプリケーション開発に使うプログラミング言語、Ruby on Railsはアプリケーション開発を効率的にするフレームワークのことです。開発にはどちらも必要なので偏りなく勉強することが重要です。

RubyとRuby on Railsの違いをよく理解したうえで自分が必要としている機能や知識を見極められるエンジニアを目指しましょう。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related