Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月10日

ブロックチェーン開発はどんな言語が使われているの?

話題のブロックチェーンですが、開発にどんな言語が使われているか気になる人も多いのでは?今回はそんな人に向けてブロックチェーン開発に使われる言語を紹介します。また、ブロックチェーンのオススメ教材やブロックチェーンエンジニアになるにはどうすればいいかも解説します。

ブロックチェーンエンジニアとは?

ブロックチェーンエンジニアとはブロックチェーンを開発する人です。ブロックチェーンは使われる暗号技術や数列は非常に難しいのですが、実はその仕組みの概要は単純で誰でも理解できるものです。また、開発に使用される言語は多くの人が聞いたことがある言語です。つまり、勉強次第ではエンジニアになることは難しくありません。

ブロックチェーンは仮想通貨や多岐に渡る分野に応用できる仕組みで今後も需要は高くなっていくことでしょう。この記事を読んでブロックチェーンエンジニアを目指しましょう。

そもそも、ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンエンジニアのことをお話しする前に、ブロックチェーンとはそもそも何かを理解しておく必要があります。最近、耳にすることが多いブロックチェーンですが、実際にどういったものなのかはよくわからないという人が多いでしょう。

そんな人のためにブロックチェーンについて解説していきます。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーン上で管理されるデータは「ブロック」と呼ばれ、このブロックが連続して繋がっていることからこの仕組みを「ブロックチェーン」と言います。

つまり、ブロックチェーンは情報を管理する仕組みの1つということです。分散型台帳技術や分散型ネットワークというように説明されていることもあります。

ブロックチェーンが利用されていて有名なのはBitcoin(ビットコイン)や Ethereum (イーサリアム)です。

ブロックチェーンの今後

ブロックチェーンを応用すると、銀行 、保険 、医療、製造 、自動車産業、政治 、不動産、教育 、公務員、投資 、国際貿易、オンラインショッピングなどの多岐に渡る分野に活かすことができます。

こんなにも多くの分野で活躍が期待されているのは、ブロックチェーンの利用者みんなで運用管理することで、第三者による不正・改ざんが非常に難しいという特徴があるからです。

ブロックチェーンはまだまだ研究段階ではありますが、将来活躍が期待される技術です。

Bitcoinとは?

先ほど、ブロックチェーンが利用されているので有名だと説明したBitcoinについて少し説明します。

Bitcoinとは仮想通貨です。仮想通貨にはゲームやポイントサイトで使うものがありますが、Bitcoinは違います。Bitcoinは国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨です。

仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しません。その代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるように開発が進められています。

Ethereumとは?

Bitcoinと同じくブロックチェーンが利用されているので有名と紹介した、Ethereumはプラットフォームの名称です。

Ethereumはブロックチェーン上に契約内容を記録し、期日になると自動で契約内容を実行してくれるシステムを実装できます。このシステムをスマートコントラクトと呼びます。

Ethereumのプラットフォームは、上述したスマートコントラクトの機能を利用して、分散型アプリケーションを構築することが可能です。

ブロックチェーンの開発で使われるのはどんな言語?

ブロックチェーン開発には高度な技術が必要ですが、難しい言語を使わなくてはいけないということはありません。現時点で、ブロックチェーンで使われている言語はよく知られた言語です。

今回はその言語を紹介します。恐らく、プログラミングに興味がある人は一度は聞いたことのある言語でしょう。

JavaScriptのライブラリが多い

現時点で最もブロックチェーンの実装実績があるプログラミング言語はJavascriptです。ブロックチェーン用のライブラリが多く出ていて、ネットにも実装のためのサンプルソースが多く載っています。JavaScriptはブラウザから使うことを想定されているブロックチェーンとの相性が良いです。

まず勉強を始めるならJavaScriptがオススメです。その後、開発したいものに合わせて言語を変えるのもいいでしょう。

Bitcoinの開発ならC++

Bitcoinの開発にはC++が必要です。2進数の0か1で表現するビット単位で計算するビット演算やビットの桁移動に利用するシフト演算の知識が必要な言語です。

C++はC言語の拡張版なので、かなり難易度が高いです。つまり、Bitcoinの開発は高度な技術が必要なので長い歳月をかけての勉強が必要です。いきなりBitcoinの開発はできないと考えていいでしょう。

Ethereumの開発ならSolidity

Solidity(ソリディティ)は、Ethereum上で利用する言語です。

用途がピンポイントなので有名ではありませんが、JavaScriptに似た構文を書いてプログラムが動くので取り組みやすいです。JavaScriptの実装経験があれば、Solidityを利用したEthereum上で動作するプログラムを作成することは難しくありません。

Webエンジニアがブロックチェーンエンジニアになるには何が必要?

Webエンジニアがブロックチェーンエンジニアになるにはどうしたらいいのでしょうか。Webサイトやアプリケーションを作るのとブロックチェーン開発は全く別物ですが、Webの知識を活かせる技術もありますし、必要な勉強をしっかり行えば大丈夫です。

では、具体的に何が必要か解説していきます。

サーバーやデーターベースの知識はそのまま活かせる

ブロックチェーンの開発ではWebの基礎知識やサーバサイド、DBなどの基本的な知識が活かせます。ブロックチェーンは既存のWebサービスを構成する技術をよりグレードアップさせる技術でもあります。そのため、既存のwebサービスを知り尽くしたWebエンジニアならブロックチェーンが何を解決するものなのか理解がしやすでしょう。

暗号技術について勉強しておこう

ブロックチェーンエンジニアには暗号技術が欠かせません。暗号技術とは盗聴、改ざん、なりすましなどのリスクを抑えるために利用されています。

ブロックチェーンはとてもセキュリティーが優れていることでも有名なのですが、それは暗号技術を上手く組み合わせた事により、独自の安全性が作られたからです。

ブロックチェーンエンジニアを目指すならば暗号技術については勉強しておいた方が無難でしょう。

ハッシュ関数について勉強しておこう

ブロックチェーンエンジニアにはハッシュ関数の知識が必要です。ハッシュ関数とはあるデータが与えられた場合にそのデータを代表する数値を得る操作やその様な数値を得るための関数のことです。どのように使われるのかというと、検索の高速化やデータ比較処理の高速化、改ざんの検出に使われます。

ブロックチェーンはこのハッシュ関数を巧みに使い、進化しています。Webサイト制作よりも高度な関数や数列が出てくるので勉強が必要です。

公開鍵暗号方式について勉強しておこう

ブロックチェーンエンジニアは公開鍵暗号についてを知っておく必要があります。公開鍵暗号方式とは対になる 2 つの鍵を利用してデータの暗号化、復号を行う暗号方式です。鍵は第三者に公開する「公開鍵」、自分しか知らない「秘密鍵」の 2 種類があります。

ブロックチェーンではこの公開鍵暗号方式で情報守っています。ここでは簡易的な説明になりましたが、調べるとや電子署名、秘密鍵や公開鍵の仕組みなど難しい用語や説明がたくさん出てきます。

未経験からブロックチェーンエンジニアを目指す人は?

プログラミング未経験からでもブロックチェーンエンジニアになることは不可能ではありません。ブロックチェーンの需要は伸びているので、今後はブロックチェーンエンジニアのための書籍やプログラミングスクールは拡大していくことでしょう。

ブロックチェーン特有の技術は未経験だからこそ吸収できることもあります。これからの活躍を期待されている技術なので今から始めても遅いなんてことはありません。興味があるなら、データベースや使えそうな言語などの基礎知識などからコツコツと勉強していきましょう。

ブロックチェーンエンジニアの年収は本当に高いのか

ブロックチェーンエンジニアの年収は平均して500万円~1200万円とのことです。今後のブロックチェーンの需要に合わせて優秀な人材が多く必要なので水準が高くなっているようです。

ただし、ブロックチェーンはまだまだ研究段階なので目まぐるしい発展についていく必要があります。また、現時点では求人が多いとは言えない状況です。ブロックチェーンの将来性を信じ、常に進化していく新しい技術を学ぶ姿勢があってこそこの年収が得られるのでしょう。

ブロックチェーンの勉強を始めるのにオススメの教材

ブロックチェーンの学習は教材をうまく活用して行うのをオススメします。ブロックチェーンを学べる書籍や学習サイトは今はまだ多くはありませんが、今後のブロックチェーンの活躍によって増えていくことでしょう。

今回は早速勉強したい人向けにオススメの教材を紹介します。実践的な技術に挑戦してみましょう。

書籍

書籍でブロックチェーンについて学ぶのは王道の手段です。ただ、ブロックチェーンは近年で急激に成長したので、初心者向けの書籍が少ないのが難点ではあります。しかし、初心者でもブロックチェーンの難しさや構造などを知ることにも書籍は役に立つこともあるので思い切って購入しても損はないでしょう。

Mastering Bitcoin

Mastering BitcoinはBitcoinの本格的な解説書です。Bitcoinの背後にあるブロックチェーン、秘密鍵・公開鍵、暗号理論、P2Pネットワークなどを詳細に記載し、グラフや具体例を示したわかりやすい説明が載っています。プログラムコードまでしっかりカバーしつつ、プログラムがわからなくても十分に理解できる構成になっています。

英語の書籍を邦訳したものなので難しいという意見もあるようですが、ブロックチェーンやBitcoinを学ぶのには一度目を通しておきたい一冊です。

Mastering Ethreum

Mastering Ethreumは上で紹介した、Mastering Bitcoinと同じシリーズです。論理的にEthereumの概念を学ぶことができます。公開鍵暗号、ハッシュ、デジタル署名の要点などの基本的部分からスマートコントラクトのプログラムなど難しいことまで網羅されています。

Mastering Bitcoinとは違い、邦訳されたものがないので英語が読める人にオススメします。

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書は理論的背景や現在の動向を解説する前半とサンプルコードを交えて開発の具体例や考え方を実践する後半の2部構成なので理解と実践のどちらもできます。

MVCフレームワークなどでアプリケーション開発を経験したことがあり、ブロックチェーン技術を理解したいと思っているエンジニア向けなので、内容はやや難しいです。ブロックチェーンについての知識を少し付けたところで読むと内容が頭に入ってきやすいでしょう。

論文

論文は基本的には上級者でないと理解できない部分が多いでしょう。初心者の場合は気になる一部分だけ読んだり、流し読んでボリューム感を知ってみたりというように使った方が混乱しなくて済みます。上級者の方はぜひチャレンジしてみてください。

BitcoinのWhitepaper

BitcoinのWhitepaperとはその名の通り、Bitcoinの論文のことです。長文かつ専門用語が含まれるので、技術者でない人が読むのは難しいです。また英語なので、直訳サイトなどを使う必要もあるでしょう。

Bitcoinについて研究者レベルで理解しておきたい人にオススメです。もし、ブロックチェーンのがどういうものなのか理解したいということなら読まなくても大丈夫でしょう。

EthereumのWhitepaper

EthereumのWhitepaperはEthereumの論文です。BitcoinのWhitepaper以上に難しいのが特徴です。Ethereumについて理解していないと何が何やらといった内容です。

Ethereumについて専門的に詳しく知りたい人へはオススメですが、ブロックチェーンを学ぶのが目的の人は読まなくても大丈夫でしょう。

学習サイト

ブロックチェーンの学習で最もオススメしたいのが学習サイトです。やはり、プログラミングは実践してこそ身に付くものです。また、書籍や論文だと難しい文字が一気に並んでいて疲れてしまうでしょう。だから、学習サイトで自分の手を動かしてみるとリフレッシュになるし、何よりも楽しいですよ。

paizaラーニング

paizaラーニングは動画でプログラミングが学べます。ブロックチェーンを学ぶというよりは、ブロックチェーン開発で使う言語のC言語、JavaScriptなどを学ぶことができます。

ブロックチェーンをいきなり学ぶのは気が引ける人はこのpaizaラーニングでどんな言語がブロックチェーン開発に使われているのかをチェックするのも一つの手です。初心者には最もオススメするサイトです。

CryptoZombies

CryptoZombiesはEthereumのブロックチェーン上で暗号からゾンビを生み出すゲームの開発をするサイトです。自分のオリジナルゾンビを作りながらSolidityの基礎を勉強しつつ、最終的にマルチプレイに対応させて他のプレイヤーとゾンビを戦わせる機能まで実装していきます。

遊びのような感覚でゲームを作ってブロックチェーンを学べるなんて夢のようですね。初心者向けに作られているし、無料で始めることができるので迷ったら始めてみるといいでしょう。

Zastrin

Zastrinは実際にさまざまなアプリケーションを作る感覚で学習ができます。質問型コミュニティやビデオコンテンツなど便利な機能もたくさんあります。

コースの種類には、トークンベースの投票アプリを作るコース、IPFSとイーサリアムを用いて分散型マーケットプレイスを作るなど複数用意されています。基礎的なコースは無料で、レベルが高くなってくると有料コースを選ぶことになります。

日本語版がないので最初は使いずらいかもしれませんが、翻訳機能などを使えば問題ありません。アプリケーションつくりに興味がある人にはオススメです。

PoLは日本語で学べるブロックチェーンのオンライン講座が受講できます。仮想通貨やブロックチェーンの技術的な部分を日本語で分かりやすく学習できるようにカリキュラムを公開しています。そのカリキュラム量は莫大で、「PoLだけ学習すればいい」と言っても過言ではないくらい、仮想通貨・ブロックチェーンを体系的かつ網羅的に学習できます。

ブロックチェーンの概要から、話題になっている理由、その仕組みや構造、一般的なデータベースとの違いなどをわかりやすいイラスト付きで説明してくれます。また、それぞれの学習ページの最後にミニテストが用意されているので理解度の確認ができます。ブロックチェーンを学びたいと思ったらまずはこのサイトを選べば間違いありません。

ブロックチェーン開発にチャレンジしてみよう!

ブロックチェーンは今後発展していくこと間違いなしの技術です。その開発に使われている言語はJavaScriptが多く、Bitcoinの開発ならC++、Ethereumの開発ならSolidityと役割によって分かれています。

JavaScriptはよく知られた言語ですが、C++は難易度が高い言語、Solidityはあまり聞いたことのない言語かと思います。しかし、書籍や学習サイトなどを使ってコツコツ勉強すれば段々と唯一無二の自分のスキルになります。ぜひ、ブロックチェーン開発にチャレンジしてみてください。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related