Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月25日

SEの仕事内容は?SEは大変で辛いのか

SEの仕事は、プログラミングだけではなく、システムの企画から納品前のテストまで多岐に渡っています。実際に勤務する企業やポジションによって、それぞれのSEが担当する業務範囲は異なって来ますが、基本的にはシステムの全体図を作成するところから仕事がスタートしています。

目次

    SEの仕事内容は?SEは大変で辛いのか?

    トータルでシステムを構築していく仕事

    SEの仕事は、プログラミングだけではなく、システムの企画から納品前のテストまで多岐に渡っています。実際に勤務する企業やポジションによって、それぞれのSEが担当する業務範囲は異なって来ますが、基本的にはシステムの全体図を作成するところから仕事がスタートしています。

    クライアントからどんなシステムが必要なのかをヒアリングする「要件分析」をはじめとして、要求分析の内容をまとめる「要件定義」、具体的にシステムで構成するものを決めていく「基本設計」から、プログラミングを進めるための更に細かい設計を行っていく「詳細設計」などがあります。

    これらの過程は「上流過程」と呼ばれ、しばしば上のポジションのSEが独占して担当していることがあります。

    このあとは実際のプログラムを作成する「プログラミング」から、きちんとした動作が実現するのかを「テスト」したり、「バグ対処」をしたりすることもあります。

    実際のシステム稼働まで持っていくこの過程を「下流過程」と呼ぶこともあり、下請け企業や孫請け企業で働いているSEは、このパートをメインで担当することが多くなっています。

    締切までのタイトさを辛いと感じやすい

    SEの仕事は、クライアントあってこそのものが基本となっています。そのため、アップ日が決まり、そのスケジュールが組まれると、何としてでもその日まで二システムを完成させて、テスト工程まで終わらせた状態で納品しなければいけません。

    そのため、締切が近くなって来ると、やることが増えて大変になってしまうことが多いのです。業務が重なってしまい、なかなか家に帰れないような辛い業務体系になってしまうパターンも少なくありません。

    複雑な業務ほど大変なことが多い

    SEと一口に言っても、前述したように業務の内容は個人によって大きく異なって来ます。未経験からスタートして、難解な開発言語を担当することで、仕事内容が辛いと感じてしまう人も多いです。

    また、より複雑な仕事を担当していたり、複数の案件を掛け持ちして進めるような厳しい現場も少なくないため、そういった働き方をしているSEは、仕事を大変だと感じやすいと言えるでしょう。

    SEはきつい?忙しい?残業時間は?

    出向して働くことを辛いと感じる人は多い

    SEが働くIT業界は、下請け構造を取っているところが非常に多くなっています。二次請けはもちろん、三次請け、四次請けと次々小さな会社に仕事を流していくタイプです。

    一般的には、下請けの企業になるほど仕事の量が多くなり、現場の働き方も辛いものが多く、給料も安いという大変な状態に陥りやすいと言われています。緊急時の対応に呼び出しをされたり、休日出勤をする羽目になってしまったりする現場も少なくありません。

    自社で働くSEと、クライアント先に出向して常駐して働くSEとの二タイプがおり、後者のSEほど辛いと感じている人が多い傾向にあります。安定した働き方を実現しにくく、ワークライフバランスも実現しにくい辛い状態になっている人もいます。

    残業が多い会社もたくさんある

    SEは残業が多く、定時退社はなかなかできないという人も少なくありません。現場や担当している案件、タイミングなどによっても具体的な残業や勤務時間は異なって来ますが、一カ月の残業時間が合計で100時間を超えるようなケースも、実は珍しくないのです。

    一方で、システムのリリース前のような繁忙シーズンだけは残業が発生してしまうものの、それでも一カ月に30時間程度の残業しか発生しないというところもあります。勤務先はもちろん、開発内容や雇用の条件によって大変で忙しい残業時間問題は異なって来ると言えるでしょう。

    致命的なミスで残業や休日出勤が発生することもある

    SEが残業や休日出勤などに追われて大変な思いをしやすい理由のひとつとして、システムで発生する各種不具合やバグなどが挙げられます。システム開発を進める上で、ある程度の不具合はどうしても発生してしまうものです。

    設計ミスによってシステムが正常に作動しない場合、プログラム段階に戻ってバグを探し、修繕して再びテストをしなければいけません。手戻りを強いられるほど、スケジュールはタイトかつ辛いものになっていきます。連日泊まり込みで作業の対応に追われてしまうSEもおり、この過酷さを理由に辞めてしまうSEも少なくないのです。

    また、システムトラブルも残業の理由になりがちです。既に運用されているシステムを保守し、安定した機能をキープするのも、SEにとってとても大切な仕事です。システム業務のトラブルのための呼び出しなどが深夜に及ぶ現場もあり、辛いと感じる人も多くなっているのです。

    SEは仕事に見合った給料をもらえるのか?

    大手企業ほど待遇は良くなりやすい

    SEは、実際に働く勤務先によって、給与をはじめとした待遇が大きく変わりやすい仕事のひとつです。大手企業で働いているSEほど、基本給はもちろん、各種福利厚生も厚く、安定している傾向にあります。

    休日の取りやすさなども段違いになることがあるため、下請け企業よりは大元の企業の方が、より働きに見合った報酬を得やすいと言えるでしょう。

    残業代の支払いによって給与が異なる

    SEにとって、残業代の支払いは全体報酬に大きく関わってきます。残念ながら、忙しい残業をしても所定の残業代を支払ってもらえないという職場は、決して少なくありません。

    これまでの経験や知識、培って来た技術を活かして、異業種や別業界にステップアップしていくことも可能です。

    SEをやめるメリットやデメリットは?

    大変な労働環境から解放される

    SEを辞めることで、これまでの過酷な労働環境から抜け出すことが出来ます。タイトなスケジュール感や無茶な要求を言ってくるクライアントから解放されることで、精神的にも肉体的にも楽になるというSEは非常に多いでしょう。

    給与がアップする

    残業代が支払ってもらえなかったり、基本給が著しく低かったりするSEは、今の仕事を辞めることで、より高い収入を狙っていけるかもしれません。これまでのスキルを活かして転職を成功させることで、大幅な年収アップを実現することが出来たというSEのモデルケースも非常にたくさん存在していますよ。

    これまでのスキルを活かせなくなってしまうこともある

    SEから別の仕事に転職すると、これまで培って来たスキルや知識を活かして働けなくなってしまうというデメリットもあり得ます。IT業界内であっても、まったく別の職種となれば、SEとしての実力はなかなか活かしきれないシーンが多いでしょう。

    折角辛い思いをして身に着けてきた実力が、ある意味ではムダになってしまう可能性もあるわけです。

    仕事が必ず楽になるとは限らない

    SEを辞めることで、次に転職した仕事が、必ずしも今より楽になるという保証はありません。もちろん、転職活動の時点で、転職先を冷静かつ的確に見抜いていればこういったトラブルは起きないのが基本ですが、それでもこれまでより仕事が忙しい状態や、大変になってしまう可能性がゼロとは言えないのです。

    SEを辞めたいと思ってしまう理由はなにか?

    忙しい・残業が多い

    ここまでで前述して来たように、SEを辛いと感じる人の多くは、忙しすぎる労働環境を理由にしていることがとても多いです。残業が多く、勤務時間が長くなってしまってプライベートの時間がなかなか取れず、ストレスを貯めてしまうパターンも多いです。

    勤務時間が長いほど、心身ともに疲れてしまい、セルフケアが出来なくなってしまって限界を迎えてしまうケースは非常に多いのです。

    収入が安い

    SEは残業代の未払いや基本給の安さが問題視されやすいです。特に下請け企業は厳しいスケジュール感の中、大変な仕事をたくさんこなしてもなかなか給与が上がらないというパターンもとても多いです。有給が取りにくかったり、ボーナスがなかったりなどのデメリットから、退職を決意してしまう人も多いです。

    やりたい仕事ができない

    SEは、勤務先によって具体的な仕事内容が変わりやすいため、しばしば想定していたのと違う業務を任されてしまうケースも多いです。

    上流工程に携わりたくても、下流工程やプログラミングばかりをこなすしかなくなってしまうことはとても多いです。「やりたい仕事が出来ない」というジレンマから、SEを辞めたいと思う人もたくさんいます。

    【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



    近年プログラミングを勉強する人が増えています。

    プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

    多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
    ●モチベーションが維持できない
    ●エラーの原因・解決方法が分からない
    ●どう学習すればよいか分からない

    TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

    TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

    本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

    tech boostについて

    オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

    tech boost卒業生インタビュー

    tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
    営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
    元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
    サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
    予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

    tech boostの口コミ



    Related