Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

SEに求められる能力とスキル|論理的思考能力やコミュニケーション能力

担当する仕事内容がどんなものであったとしても、SEにとって物事を論理的に読み解いて考えていく能力は、非常に重要なものとなっています。それぞれの根物事における法則を的確かつ迅速に見抜き、正確な方法で実践していくスキルがある人ほど、SEとして活躍しやすいと言えるでしょう。

目次

    SEに求められる能力とは?

    論理的思考能力

    担当する仕事内容がどんなものであったとしても、SEにとって物事を論理的に読み解いて考えていく能力は、非常に重要なものとなっています。それぞれの根物事における法則を的確かつ迅速に見抜き、正確な方法で実践していくスキルがある人ほど、SEとして活躍しやすいと言えるでしょう。

    論理的な思考能力があれば、未経験でもSEとして採用されやすい傾向にありますし、SEの勉強を本格的に進めていく上でも、あなたのスキルアップがよりスムーズに進む可能性が高いでしょう。

    コミュニケーション能力

    SEの仕事は、コンピューターと向かい合って、毎日ひとりで静かに作業を進めていくように思われがちですが、実際はそういった職場ばかりではありません。接客業のような対面式のコミュニケーションではないにしても、実際は毎日色々な方法で、たくさんの人とコミュニケーションを取っている仕事なのです。

    担当しているシステムのプレゼンテーションを担当することもありますし、クライアントとの綿密な打ち合わせもSEの仕事内容に含まれてきます。要件設計における要望の反映も重要な業務ですし、プログラムやシステムの説明をしたり、作業の進捗状況をこまめにチェックする上でも、コミュニケーションは必ずと言って良いほど発生します。

    分かりやすく理解してもらいやすい文章を作成したり、口頭でその補足をしたりすることも少なくありません。部下の指導もコミュニケーションの一環ですし、プロジェクトのメンバーとの打ち合わせやフォローのしあい、業務における相談なども頻繁に行われているでしょう。

    SEとしての技術力は高いけれど、専門家以外のクライアントや部下に対し、的確で分かりやすい説明をすることが出来ないと、一人前にはなかなかなれません。クライアントの要望を聞き出して、ミスのない仕事を進めることが、SEとしての成長の重要なステップだからです。

    システムやブログラムに対する深い知識

    当然ながら、SEとして働くためには、システムやプログラムについての深い知識を身に着けておく必要があります。的確な見識を抱けるような判断力も必須なので、SEとしての能力には、勉強によって培われた知識や、経験によって養われたスキルも当然含まれてきます。

    数々の技術書や仕様書、マニュアルを正しく読み解けなければいけません。システム開発のためのノウハウを、よりスムーズに身に着けていくための努力が出来るということも、SEとしての重要な能力であり、資質でもあります。

    SEに必要のない能力とは?

    プログラミングスキル

    実は、SEにとってプログラミングの能力は、絶対的に必要なものではありません。もちろん、プログラム能力を持っていることでSEとして活躍することは出来ますし、全体の業務もスムーズになりやすいですが、SEのメイン業務は決してプログラミングだけではないため、プログラム未経験からアシスタントとしてSEをはじめ、独立していくようなケースも少なくないのです。

    幅広いテクニカルスキル

    SEと言われると、パソコンに詳しく、幅広いテクニカルスキルがないと働けないと言われることも少なくありませんが、決してそんなことはありません。SEが担当する業務内容は幅広いですが、テクニカル方面において、万能的な知識や能力を持っていなくても、十分活躍することが可能です。機械に強くないけれど、SEとしては非常に有能という人もたくさんいます。

    SEの能力の評価項目は?

    技術スキル

    SEとしてコンピューターの基礎知識は重要なポイントです。設計方法や分析方法はもちろん、ネットワークやデータベースの知識、メソドロジ、プログラミングの知識や、ミドルウェア、プラットフォームのスキルは評価項目に含まれます。

    アプリケーションスキル

    業務知識として、SEのアプリケーションスキルは詳しくチェックされる傾向にあります。経営品質向上プログラム、ABC、BSC、ERP、SCM、CRMはもちろんのこと、製造業や金融業、流通業における業務知識も評価項目になります。

    マネジメントスキル

    SEにとって、プロジェクトのマネジメントスキルはとても重要です。キャリアアップに大きな作用があります。PMBOKベースのIT業務における全般的なマネジメント能力は評価されます。

    一般的なビジネススキル

    語学力や文書作成能力なども、SEの評価項目に含まれることがあります。前述した論理的な思考能力やコミュニケーション能力はもちろん、問題の解決能力や提案能力、コンサルティング能力なども大切な仕事だからです。

    SEが能力不足だとどうなるのか?

    やりたこいとが出来なくなってしまう

    SEと一口に言っても、仕事の内容は勤務先やポジションによって大きく異なって来ます。これは同時に、求められている能力にも開きがあるということです。業務分析や要件定義、各種設計などのITコンサルタント方面に進みたいと思っていても、プログラムに特化した能力しかなければ、希望進路に進むことは難しくなってしまいます。

    転職や独立が難しくなってしまう

    ひとつの企業で長く働くばかりではなく、SEは転職や独立などの選択肢も多い傾向にある仕事です。独立して自分で起業するSEもいれば、フリーランスで働くSEもいます。

    希望している働き方を目指す上で、必要な能力が不足していることは、将来の妨げになってしまうことも少なくありません。SEとしてのキャリアプランが理想とかけ離れてしまう危険性があるというわけです。

    SEが自分の能力を上げるためにすべきことは何か?

    プログラミングの言語スキルを上げる

    PHPやJava、Rubyなどのプログラミングにおける言語スキルをアップさせることは、SEとしての能力向上に大きく役立てることが出来ます。

    SEは運用設計の能力が非常に重要な職業でもあります。新しい仕組みを取り入れ、クライアントからの営業情報を元に要件達成をするため、具体的な運用案を提出しなければいけません。

    IT現場は常に新しい体制を模索しないと、案件に対して的確に対処できないこともしばしばです。曖昧な情報しか出そろっていなくても、明確な情報を引き出して、案件を進めなければいけないため、運用設計のノウハウを過去の現場から研究し、編み出していくことは、スキルアップに欠かせない大切なポイントになるのです。

    SEとしての能力は転職する上で重要なのか?

    SEとしての能力は、転職時に非常に重要です。スキルが不足していると、それだけで採用を見送られてしまうことは少なくありません。社内におけるキャリアアップのためにスキルアップが必要なのはもちろんのこと、転職してより良い待遇を目指す上では、そのSEを採用するメリットを、相手先の企業に具体的に明示しなければいけないならです。

    特にSEは実績とスキルによって、経験年数や職歴に関わらず採用してもらえる確率が高い職業です。そのため、能力が高いほど大幅なキャリアアップが望みやすくなり、能力不足ほど転職の失敗が引き起こされやすくなります。

    SEとPGでは求められる能力は違うのか?

    PGに求められているものは、高いプログラミング能力です。迅速かつ正確に、求められているシステムを構築していく能力が必要です。的確な提案やアイディアを盛り込んだ新しい技術を展開していく能力も大切でしょう。

    一方、SEはPGとしての高い能力を活かすこともできますが、それとは別に、クライアントからの要望を的確に聞き取る能力や、PGに対して正確な指示を伝える能力も必要になって来ます。PGが作成したブログラムが、納品するシステムとして正しく運用できるか確認したり、クライアントからの交渉を行ったりする高いコミュニケーション能力も必要です。

    下請けの会社を使用する場合、プロジェクトの具体的な進捗を確認し、仕事を効率よく回せる配分を考える能力も重要になって来るでしょう。PGとSEでは、担当してる業務分野は被っているものの、より高いプログラミングの能力を求められるか、トータルでITコンサルタントを行う能力が求められるかという大きな違いがあります。

    【PR】SEとして能力を身につけて「TechStars」を利用して転職する

    より良い待遇の勤務先を探したり、自らの目指すキャリアアップがしたいと思っているSEは、「TechStars」の利用がおすすめです。ITエンジニアの転職に特化したサービスで、シンプルで使いやすいIUIが搭載され、どこでも転職情報をチェックすることが出来ます。

    ダミー求人や悪質な派遣会社などの求人情報もないため、SEがきちんと働きやすい環境を獲得するのに、大きく役立てることが出来るでしょう。更に、「TechStars」には高品質の求人情報だけが掲載されているため、より高いレベルで転職を目指すことが可能になります。スカウト制度も用意されており、希望条件以上に限定したオファーを受け取ることが出来る仕組みになっています。

    SEとして理想の働き方をするために

    SEに求められる能力は決してひとつではありません。プログラミングにおける知識や技術だけではなく、IT業界全体を見通した情報能力や解析能力、判断力なども求められています。自分が将来どのように働きたいのか、どんなSEになりたいのかを考え、身に着けるべき能力や働くべき企業を見定められるようにしましょう。

    【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



    近年プログラミングを勉強する人が増えています。

    プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

    多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
    ●モチベーションが維持できない
    ●エラーの原因・解決方法が分からない
    ●どう学習すればよいか分からない

    TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

    TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

    本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

    tech boostについて

    オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

    tech boost卒業生インタビュー

    tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
    営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
    元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
    サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
    予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

    tech boostの口コミ



    Related