Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月24日

【必修化】プログラミングを授業でどうやるの?

小学生からプログラミング必修化により関心が高まっており、実際プログラミングを学習したい生徒も増えています。プログラミングスクールは年々増えていると同時に、授業のカリキュラムでもプログラムの授業が組まれている事も多いです。実際授業内容など説明していきます。

プログラミング必修化をきっかけに、プログラミングに対しての関心が高まっています。

プログラミングを授業に取り入れ始めることで戸惑いも生まれて来ているようです。

このページでは、プログラミングの授業とはどんなものなのかということを説明します。

プログラミングを学ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。

プログラミング授業に関して

今、小さい子供から大人まで幅広く支持されているのがプログラミングです。将来スキルアップを視野に入れ高校生の時から授業のカリキュラムに組まれていることも多いです。

学校教育の中では履修率が低く需要があまりないプログラミング業ですが、2012年から技術・家庭科の技術分野の授業の中にプログラミングの授業が取り入られており、2020年に向けて小学校でのプログラミング授業の必須化が決定されました。

これらにより、今後ともプログラミング授業はカリキュラムに組まれていく事も多いと思いますので、現段階からしっかりとプログラミング学習をしていく必要があるので、どのような段階で授業のステップを踏んでいけば良いのかなど具体的に見ていきましょう。

履修率を改善する施策

まずプログラミングは大学生や社会人から転職や起業のために、学習したい人も多いです。また、大学生では必修科目に組み込まれているカリキュラムの事も多くなってきています。

しかし高校生からプログラミング授業を一貫として取り入れるのは、まだまだ浸透していません。

この高校生での履修率が低い理由は、小学生からの段階を踏んだレベルアップが出来ていないためです。そのため、小学生のプログラミング授業の必修化は、段階を踏んだレベルアップを行い、プログラミングに興味を持つ生徒の範囲に広げる意味においても重要な意味を持つことになるでしょう。

プログラミングの認識

プログラミングといえば、ほんの20数年前までは、一部の専門技術者だけが取り組むことの
出来る特殊技術で、その技術者も専門分野が違えば、対応出来ないほど深くて狭い技術でした。

しかし、機械専門分野のプログラミングでは、ロボット制御のプログラムが、通信分野では通信装置の内部ファームプログラム、金融分野では大型コンピューターを稼働させるためのCOBALなどのプログラム、パソコンなどではC言語やアセンブラ、BASICでプログラミングされています。

今では以前よりも少なくなってきたものの、一般人の認識はプログラマーというと先入観から難しいという印象を抱いているため、まだ必修科目として取り入れられることは敬遠されているのが現状ですが、徐々に取り入れるシステムが導入されつつあります。

さて、次はプログラミングの授業を必須科していくに際して、実際どのような形で、小中高生に向けたかリキュラムで組んでいくのか疑問視されている部分でもあり、学習する際にも不安要素も大きいです。

ここで、どのようにしてカリキュラムが組めるのかを含め実際に見ていきたいと思います。プログラミング授業を受ける際に、実際にどのレベルを学べば良いのかの指標になると思いますので、紹介していきます。

小学生からのプログラミング授業

iPadなど学習アプリを使用

まず小学生の段階でプログラミング学習をする段階ですが、小学生からプログラミング学習をする際に、大事なのはやはり大人に向けた授業と違い、子供たちを飽きさせない、プログラミング自体に興味を持ち続けてもらうのが非常に大事で、モチベーション維持させるような内容でカリキュラムを組むのも技量になってきます。

例えば、小学1年生の段階では、1人1台配布されたiPad上で学習アプリを使いながら、指導する方法です。学習アプリで計算を行ったり、Viscuitという絵を用いての抽象化されたプログラミングで絵本や虫の動きを表示するプログラムを作ったりする授業を実施しているところもあります。

iPad自体が洗練され、今のデジタル世代の子供たちにとってはとても馴染みのあるデバイスになっており、iPadを使用して授業をすることにより、ゲーム感覚で楽しみながら学習することが可能になります。

想像しながらの授業ができる

まず、パソコンやiPadなどのデバイスは、タッチペンなどの情報機器に触れることにより、一般的な仕組みが自然と分かってきます。

例えば、「何に対して何を行うとこの結果になる」と言うような、過程もしっかりと見えてくるので、入力に対して出力を得るための論理的な思考を身につけさせることから始めると、子供たちも理解しやすい内容となります。

子供たちを常にワクワクして、プログラミングの骨組みの部分からしっかりと教え込むことにより、プログラミング=難しいと言う先入観を無くすことになり、没頭して率先してデバイスなどに触れさせ、成長させることが何よりも重要になります。

グループで授業ができる

さて、徐々に小学生も高学年になると、ただ楽しいだけではいけません。先ほども言ったようにプログラミングを楽しいと思ってもらうことはとても重要な要素になりますが、絵のように
抽象化されていた言語や操作方法がより、具体的になり、論理的思考に加え、新しい発想や共同作業でものづくりを行うためのプロジェクト作業を経験して、学習していくようなカリキュラムが組まれています。

こうして共同作業やグループで授業を受けることにより、お互いにとってのモチベーションを保てるため、「もっと知りたい」と言う欲求が出てくるので、そこから更にレベルアップするきっかけ作りにもなります。

小学生からプログラミングを学習すると、他の人よりも早い段階で基礎も出来てくるので、早い段階カリキュラムを組むことはメリットです。

中学生からのプログラミング授業

授業内容が濃くなる

さて、続いては中学校になると、プログラミング授業がどのようになってくるのか説明していきます。小学校の場合は、プログラミングに触れてもらうことから始まり、それから更に、楽しんでもらうってところが重要だと説明してきましたが、中学校に進むと、より具体的にな結果や内容が求められるプログラミング授業が行われます。

ネットワーク環境での無線LANを使用したパソコン同士の接続に加え、USBメモリなどの外部装置の取得など、現在の社会でも問題となることがあるセキュリティ面に関しての教育までの授業を行っています。

プログラミング対象と物理的装置の具現化

プログラミングの対象となる機器やロボットなどになり、機械制御というう専門的な作業も行っています。より一層プログラミングの詳細に入り組んだ授業内容になってくるので、疑問点なども増えてきますし、意欲的に学習をしていかなければいけません。

貪欲に興味や疑問を持ち学習をしよう

中学校は高校受験やクラブ活動など並行してやっている生徒が多く、その中でプログラミング授業を基礎から継続して学習していくのは、挫折する要素になってきますが、それこそ先ほどの小学校プログラミングで記述した通り、モチベーション維持、楽しむことが重要になってきます。

多感な時期に、将来の職業に親密に結びつく専門的なプログラミングを学習することは、生徒の人生に大きな選択肢を与えることになります。また、理解してくれば、楽しみや喜びも見出せてくるので、どんどんプログラミングに貪欲、ハマれば解決です。

高校生からのプログラミング授業

さて、小、中学校の授業のカリキュラム内容や実際何をしたら良いのかも含め、大事なことを説明してきましたが、理解出来ましたか?それでは、次は高校生に入るとどのような授業内容になるのか、実際に説明していきます。

実際、どのような形でプログラミングと関わっていけば良いのか参考になるので、紹介していきます。

C言語を使用する

さて、小中学校と比べ、高校生になるとプログラミング言語の授業が入ります。プログラミング言語はご存知の通り、プログラミングの基盤であり、言語が理解出来ないと何も開発は出来ません。

高校生になると10年くらい前まではプロの技術者がプログラム開発に使用し、いまでも多くの言語の基礎となっている標準的な言語であるC言語を使用してプログラミングをしています。また、プログラミング内容もマインコンボードを制御するなど、温度を測定するなど高度な課題となっています。

しかし、C言語は今後プロのエンジニアになっても使用し続けることになるので、貪欲に学習をしていきましょう。

WEBプログラミングで使用する

WEBプログラミングとしてHTML/CSSによるホームページ作成から、JavaScriptを使用しての動きのあるホームページ作成も行っています。また今では、HTML/CSSとJavaScriptが使えるとスマホアプリも自作できるサービスもありますので、数年前と比べれば、個人で制作する幅も広がってきています。

WEBプログラミングを実践し、スキルを身につけていきましょう。

実践的な授業の実施

高校生の段階では、実践的な授業が必要となってきます。高校生からはプログラミング言語も学習したりネットワーク周り、プログラミングの基盤も理解出来るようになってくるので、この時期から起業やフリーランスを視野に入れて授業を受けたり、別にスクールに通う人も増えてきています。

本人の取り組み次第では、多様な働き方を目指す働き方改革のひとつの方向として有意義になる内容となります。

このように、プログラミングの授業のレベルは高校生になると、本格的になり、常に予習と復習を自主的に取り組まなければいけません。授業に取り入れる以上、興味のない学生にとっては、「プログラミング言語とは何?」って部分も大きく、授業を受ける上で苦痛になる要素にもなります。

今後プログラミング授業を取り入れることにより、どのようにしてプログラミング教育が変わってくるのかを含め、検討しなければいけない部分です。

生徒に対する取り組み

先ほども言った通り、プログラミングスクールだと自主性や目的が明確になっている人たちが、集結するのでモチベーションも保ちやすいです。

しかし、学校で授業の一環となると、プログラミングは荷が重く、どうしても敬遠してしまう生徒も多いでしょう。

それらの様なことが少しでも無くなる様に、情緒的に感覚を持つ生徒の才能を見出す取り組むを同時進行で考えていかなければいけないのが現状です。

論理的思考と情緒的な思考は、本来バランスを取りながら同じ様に訓練していくべきことなので、論理や結論のみに偏った教育はひずみを生んでしまいますので、カリキュラムの見直しや学習環境の見直しも重要な要素になってきます。

授業とプログラミングスクール

このように、小学校から高校生までのプログラミング授業に関して、カリキュラム上の問題点など見えてきましたが、課題も多いです。しかし、高校生からはプログラミング授業も本格化しているので、将来エンジニアになりたいなど既に目標が明確になっている人だと、学校とプログラミングスクールの両立も視野に入れても良いです。

逆に現段階でプログラミングに興味がなく、授業が苦痛だと思っている人でも、実際に学習していくことはデメリットではないですし、これを機にプログラミングに興味を持ち、将来エンジニアになりたいなど、きっかけになる可能性もあるので是非とも視野に入れていけば良いです。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related