Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

【初心者必見】プログラミングに英語力が必要な理由4つ

プログラミングの必修化やIT化によりITの知識は働く上で必要になってきています。また、高収入なエンジニアや自由に働くフリーランスが増え、エンジニアに転職を目指す社会人も増えてきてます。ここでは初心者が気になるプログラミングになぜ英語が必要なのかを解説します。

そもそもプログラミングって?

プログラムは直訳すると、「計画」「予定」という意味です。つまり、IT業界においてプログラムというのはコンピュータへの指示です。プログラミングはその指示を作ることに当たります。もう少し砕けた言い方に換えると、コンピューターにやってもらいたい仕事を順番に書き出していくことです。

ただ、コンピューターは人間の言葉を理解できないため、コンピューターの理解できる言葉である「プログラミング言語」を使用して指示を書き出す必要があります。世界共通語の英語と同じで、プログラミングも同じような役割を果たします。

プログラミングのどこで英語が必要なの?

プログラミングで書く「コード」には英単語が使用されています。つまり、プログラミングのコードを書くとき、読むときに英語が必要です。そのためプログラミングの初心者はこのコードを覚える際に英単語の意味を理解する必要があります。また、コードを書く際にはスペルを間違えずに書く必要があります。

プログラミング学習には英語力があればあるほど有利です。英語のスペルや意味をもともと知っている人の方が使い方を早く覚えることができ、スペル間違いも少ないのでエラーも出しにくいです。

プログラミングに英語力が必要な理由4つ

理由1 プログラミング学習が有利になる

プログラミングは基本的に英単語のコードを書きコンピューターに指示をします。スペルを少し間違えるだけでエラーが出るので、英語力がある人の方が学習しやすいです。英語のスペルや意味をもともと知っている人の方が使い方を早く覚えることができ、スペル間違いも少ないのでエラーも出しにくいです。英語の読解力がある人は、英語の参考書からプログラミング学習ができるのでより質の高い学習ができます。

また、プログラミング学習では、ネットで調べエラーなどの解決をすることも多いため英語力がある人の方がより多くの情報を得られるので問題解決しやすく学習スピードも上がりやすいです。特に独学の方は、英語力が必要になります。プログラミングスクールなど誰かに教えてもらえる環境にある方は心配する必要はないので、英語力に自信のない方は教えてもらえる環境に行くのも一つの手段です。

理由2 コミュニケーションの1つとして必要になる

英語力は英単語の読解力だけでなくコミュニケーションとしての英語力も必要です。一見、「プログラミング」というタスクを見た時英会話の必要性というものが見えにくいです。英語で書かれた情報を参考にしたりするといった英語の読み書きは必要とされてきていますがそれだけではありません。

海外では当たり前のようにプロジェクトのチームやクライアントが自国の人ではないということが少なくないと言われています。日本国内でもオンラインでコミュニケーションを取る機会は増えていますし、エンジニアやプログラマーが英会話をするということが必要になる未来はそう遠くありません。

理由3 最新情報を手に入れやすい

プログラミングやITに関する最新の情報はまず英語で発表されることがほとんどです。公式の情報などは最初に英語で発表されてから他言語に翻訳されていきます。そのため、その情報がいつ日本語に翻訳されるかも予想はできませんし、その情報が日本語に訳されない可能性だってあります。つまり、このような状況になるとプログラマーやエンジニアは英語で公開さらた情報を読まざるを得なくなります。

新しいプログラミング言語を学習し続けるという方は、高校レベルの英語を再び学習し、簡単な英文を理解できるように学習することをおすすめします。簡単な英文を理解できるのであれば英単語を調べながら英語の参考書から学習できるようになるはずです。

理由4 選択肢が広がる

フリーランスのエンジニアになって世界各地を転々としながら生活することも英語のスキルを持っているからこその特徴です。また、日本語で情報の発信をすれば当然日本にしか広がりません。そうなると、自分の技術を見てくれる人は日本人だけになるのでビジネスを自分で行おうとしても、英語力の差で市場の大きさも変わり自分が必要とされる人材になれます。これも英語が必要とされる理由の1つです。

また、英語を学習することで情報収集の選択肢も大きく広がります。例えば、プログラミングについてGoogleで検索ワード「プログラミング」と「programming」で検索すると、「programming」の方が情報量が約3倍も多いと言われています。つまり英語を身に付けることで情報の選択肢が3倍違うということにもなります。

英語はプログラミングをより理解するために必要

まずはプログラミングの基礎を固めよう

プログラミング学習では、プログラミング言語のルールを理解し把握する必要があります。コードをすべて覚える必要はありません。プロのエンジニアでもすべてのルールやコードを暗記し覚えることは難しいです。自分の目的にあったプログラミン言語を探す必要もあります。自分が作りたいものはどのプログラミング言語が必要なのか調べてみましょう。

効率よく学習をするには実際にコードを書きインプットしたことをアウトプットする必要があります。実際に手を動かしてコードを書くことでスキルを身につけましょう。

プログラミング学習方法

書籍学習

プログラミングの最もメジャーな学習方法は書籍学習です。書籍学習ではわかりやすい書籍、初心者向けから上級者向けの難しい書籍までさまざまなものがあるのでまず書籍で独学を始めてみるというのも方法の一つです。また、基礎知識を独学できるものから実践学習を行うものまであるので、プログラミング上級者にも読む価値のある書籍はたくさんあります。自分のレベルに合ったものを選ぶ必要があります。

勉強という感覚が好きな人に向いている独学方法です。アプリや動画での独学より詳細に学ぶことができます。web上で簡単におすすめなプログラミング学習の書籍を調べることができます。メルカリなどのフリマアプリやアマゾンで安く手に入れることもできるので独学にはおすすめです。また、専門的に書いてあるので、アプリや動画で学習する方法より基礎や応用の実践学習ができます。より専門的に学習したい人には向いています。挫折しない自身のある人、問題解決能力に自身のある人はまず自力で書籍から独学してみましょう。

学習サイト

学習サイトでは、楽しく学習できるサービスが増えてきています。最近ではプログラミングを無料で独学できるサイトがあります。また、スマートフォンからプログラミングを独学することもできます。無料プログラミング学習サイトでは、いつ、どこでも自分の好きな時間にプログラミングを独学できるというメリットがあります。

しかし、無料プログラミング学習サイトでは限界もあります。プログラミングの基礎や知識を学ぶには向いていますが、エンジニアとして働きたいと考えている人にはあまり実践的ではないので向いていません。プログラミングを知識として独学したい人やどのようものか試してみるのにはおすすめです。

プログラミングスクール

【初心者必見】プログラミングに英語力が必要な理由4つ

初心者から短期間でプログラミングを習得したい、自分で作りたいものがある方にはプログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。仕事で活用できるレベルまで独学で学ぶのは難しいです。また、より良い環境で楽しく学習したいという方にはプログラミングスクールがおすすめです。

初心者からエンジニアを目指せるカリキュラムがあるのがポイントです。また、独学とは違いプログラミング学習をサポートしてくれるメンターと一緒に学ぶことができるので、挫折しにくいというメリットもあります。過去の受講生のデータに基づいたカリキュラムが組まれているため、初心者でも早く習得ができます。

また、独学よりモチベーションが保ちやすいというメリットもあります。プログラミングを勉強する上で一番の難点の1つがモチベーションの維持です。プログラミング学習はコツコツと続けることが大切です。プログラミングスクールではプロのプログラマーメンターと一緒に学習することができるので、サポートも充実していて楽しく学習するのにもおすすめです。

わからないことをすぐ聞ける環境が整っているというのも独学にはないおすすめのポイントです。プログラミング学習では自分で考えてプログラムをすることはもちろん大切ですが、プロのエンジニアから直接指導を受けることで効率的に学習を進められます。現役のプログラマーやエンジニアがメンターのスクールを選びましょう。

【PR】テックブーストでプログラミング学習

【初心者必見】プログラミングに英語力が必要な理由4つ

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related