Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

インフラエンジニアは激務?インフラエンジニアの生活とは

近年、IT社会の急激な成長に伴って、「エンジニア」という職業にも注目が集まってきました。そんなエンジニアの職種の一つである「インフラエンジニア」。今回、世間では激務と言われている「インフラエンジニア」について詳しく解説していきます。

激務と言われるインフラエンジニアとは?

皆さんは、「インフラエンジニア」という職業についてご存知でしょうか。現在、IT社会の拡大によって「エンジニア」職業に注目が集まってきましたが、「エンジニア」の中にも様々な種類があり、その中の一つとして「インフラエンジニア」があります。

今回は、ITインフラを支える「縁の下の力持ち」であり激務であるというイメージが強い「インフラエンジニア」について、詳しく解説していきます。

激務と言われるインフラエンジニアの主なお仕事は?

そもそも「インフラ」とは、「インフラストラクチャー」の略で基盤となる設備や要素のことを指します。インフラエンジニアは、ソフトウェアやネットワークを円滑にするためのITインフラの構築や保守、運用を担う職業になります。サーバーエンジニアのようなITインフラを扱う職業はインフラエンジニアによって円滑に仕事を行うことができます。

決して表に出るような職業とは言えませんが、インフラエンジニアのサポートがなければ他のエンジニアが快適に業務を行うことはできません。

インフラエンジニアが激務と言われる理由

インフラエンジニアのほとんどがSIer配下の大規模プロジェクトに配属されるため、「イングラエンジニアは仕事がきつく激務」というイメージを持つ人が多いことでしょう。しかし実際は、インフラエンジニアでも企業によってその仕事量は変わってくるため一概に激務であるとは言えません。

では、なぜインフラエンジニアは激務と言われるのでしょうか。今回は、インフラエンジニアという職業に少しでも興味がある人に向けて年収や仕事量など詳しく解説していきます。

需要があるのか?

現在、IT業界の急激な成長により業界全体でIT人材の需要が高まってきています。特に、多くの業務での機械化を考えれば、当然インフラエンジニアの重要性も高まってきます。もともと激務であるというイメージから極端に人手が足りていなかったインフラエンジニアの採用ニーズは今後ますます高騰していくことでしょう。

年収が高いの?

激務と言われているインフラエンジニアですが、その魅力の一つとして収入の安定が挙げられます。IT業界は他の業種よりも比較的に高い収入を得ることができますが、先ほども言ったように、インフラエンジニアにおいても人手不足による需要の高騰によって年収が値崩れしにくい職業であると言えます。webエンジニアなどは、プログラミング言語の流行り廃りがあるため、扱うプログラミング言語によってその収入も大きく異なってきます。

インフラエンジニアは激務なの?

インフラエンジニアだけに限らず、ITエンジニアと聞くと「残業が多く、他の職業よりも激務である」と言われやすいです。しかし、それはもちろん企業にもよりますし、時期によっては稼働が多くなってしまうこともあります。

インフラエンジニアの平均的な稼働時間は月でだいたい160時間~190時間程度。残業時間も0〜2時間程度です。他の営業職などの比べると比較的少ないことから「インフラエンジニア=激務」ではないことがわかります。

どんなことが求められている?

以前まで、インフラエンジニアにはハードウェアの知識が必要不可欠であるとされていました。しかし、現在ではクラウドサービスの普及によりハードウェアの知識よりもソフトウェアを扱える技量が求められるようになりました。仮想ネットワークやデータ処理に関しての知識を身につけておくとインフラエンジニアとして活躍できるでしょう。

また、時期によっても激務になってしまうインフラエンジニアですが、その時期に直面した際に乗り越えられる忍耐力などもエンジニアとして必要なスキルです。

どんな能力が必要なの?

インフラエンジニアは、サーバーエンジニアやネットワークエンジニア、データベースエンジニアの業務に触れることが多く、これらの業務を総合的に行える能力が求められます。ですので、インフラエンジニアとしてのキャリアパスを築くためには、まずサーバーエンジニアやネットワークエンジニアなどの経験を積んでからインフラエンジニアにステップアップすると激務の時期でも乗り越えられる力が身につくでしょう。

男女比は?

インフラエンジニアに限らず、そもそもIT業界には女性が少ないというイメージがあることでしょう。事実IT業界で働いている女性は1〜2割程とされており、その主な原因はエンジニアの「激務」という風潮からきているとされています。

しかし実際は、「高収入を狙う」ことができたり、「職場の復帰」がしやすいこと、また中には現在の職場での激務から解放されたいという理由で、最近ではエンジニアへの転職を考えている女性の方が増えてきています。

将来の需要は?

インフラエンジニアは今後も需要を増していくとされる職業の一つです。また素早く、安価で簡単にサーバーの構築や運用ができるようになる「クラウドサービス」が急速に広がり、激務と言われるインフラエンジニアの働き方も大きく異なってくると言われています。しかし現在ではまだそれに対応できるようなスキルを持った人材が少ないため、インフラエンジニアとして今後活躍していきたいのであれば、今からでも設計構築の経験を積んでおくことをオススメいたします。

インフラエンジニアは転職には有利なの?

何度も言いますが、インフラエンジニアは今後も需要が増してく職業です。もしすでにエンジニアとしての経験をお持ちであるならば、インフラエンジニアへの転職に有利に働くことでしょう。最近では深刻な人手不足に伴って未経験からでも研修制度を設けて採用を行なっている企業が増えてきましたが、プログラミング学習を行いながら通常の業務を行うとなると相当な激務になってしまいます。もしエンジニアとしての経験がないのであれば、早いうちにITの基礎知識を身につけておくことをオススメいたします。

独学でもプログラミングの学習はできますが、もし確実にエンジニアとしてのキャリアを築きたいのであればプログラミングスクールに通うことをオススメいたします。未経験からでも短期間で実務レベルのスキルを身につけられるほか、キャリア支援を行なっているスクールもあるので入社してからの激務を避けたいのであればぜひプログラミングスクールに頼りましょう。

インフラエンジニアに向いている人

いかがでしたでしょうか。インフラエンジニアは激務であると言われがちですが、企業や時期によってもその仕事量は変わってきます。それはエンジニアに限らずどんな職業にも言えることでしょう。激務だと言われがちのインフラエンジニアは、安定した収入が得られる点とその需要の高さから非常に魅力のある職業だと言えます。

インフラエンジニアに興味のある人の中には、プログラミングなどのIT分野において未経験の方も少なくないでしょう。ITスキルは勉強をすれば誰でも身につけることができますが、エンジニアはプログラミングスキル以外の能力も必要とする職業です。ではIT知識以外でエンジニアとして必要な能力とはなんなのでしょうか。

問題解決能力がある人

エンジニアにとって問題解決能力は必要不可欠とも言える能力です。プログラミングを行う際には、エラーやバグが付き物です。たった一箇所のスペルミスでシステムが正常に動作しないこともあり、激務の時期でもその原因を迅速かつ正確に見つけ出し解決する必要があります。インフラエンジニアにおいても、サーバーの不具合が出た時に迅速に対応できるスキルが必要です。

この問題解決能力は、プログラミングをしていくうちに身についてくるので、未経験の方はまずプログラミング学習でエンジニアとしてのスキルを身につけてからキャリアアップを計りましょう。

好奇心がある人

IT業界に務める人であれば、常日頃進化し続ける技術に対応できなければなりません。また、プログラミング言語を扱うのであれば、言語の流行り廃りを敏感に察知して把握しておく必要があります。インフラエンジニアもハードウェアからソフトウェアの普及が広まり仕事の仕方も大きく変わっていったように、今後また別の発展があればそれに対応できるような能力が必要となり、激務を避けるための鍵とも言えます。

コミュニケージョン能力がある人

皆さんは「エンジニア」と聞くと、寡黙に一人で作業をするイメージを持つかと思いますが、大規模なシステム開発をする際はチームで業務を行うことがほとんどであるため、コミュニケーション能力が必要とされています。インフラエンジニアにおいても、仕事量が多く激務が見込まれる場合は他の専門チームと共同で作業を行うこともあるため、コミュニケーションで連携を取らなければなりません。

また、将来インフラエンジニアからのキャリアアップを希望するのであれば「マネージャー」や「ITコンサルタント」などが代表的なので、コミュニケーション能力は必ず身につけておきましょう。

【PR】エンジニアを目指すなら”tech boost”

インフラエンジニアは激務?インフラエンジニアの生活とは

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related