Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

未経験からエンジニアになるためにするステップ教えます

昨今、「人工知能(AI)」などのブームによって「エンジニア」という職業にも注目が集まってきました。そこで今回は、「エンジニア」の需要や将来性、未経験からエンジニアになるための学習方法・必要なスキル、エンジニア職の魅力について解説していきます。

未経験から知って起きたい「エンジニアの環境」とは

現在、「人工知能(AI)」や「IoT」といったIT技術が急激な成長を遂げていることから、「プログラミング」や「エンジニア職」にも注目が集まってきています。

そんな中、近年では大学生や社会人の間で、エンジニアとして転職・就職を希望する方が増えてきました。しかし、中には「未経験だから」「文系だから」という理由でエンジニアになることを諦めてしまっている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、エンジニア職に興味がある未経験に向けて「エンジニア職の需要」から「未経験からエンジニアになる方法について」までを解説いたします。

エンジニアの需要

現在、労働市場全体で働き手が不足している現状が見受けられますが、その中でもIT業界の人手不足はより深刻な状況に陥っています。

その主な原因としては、少子高齢化やIT市場の急激な拡大とされており、2020年には約36万人、2030年には79万人もの人手が不足するとしています。

そのため、今あらゆる企業でエンジニアを求めており、中にはプログラミング未経験者でも採用を行なっている企業も増えてきています。

将来性

先ほども触れたとおり、現在ではエンジニアとしてのスキルを持った人材が少なく、貴重であるとされています。そのため、そういった人材は転職時に年収が倍にするという企業も出てきています。

エンジニアとしてのスキルが高ければ若いうちからでも年収1000万円を超えることも可能です。また、最近流行りの技術、例えば人工知能などのスキルを持ち合わせていれば、さらにより高い収入を得ることができるでしょう。

転職へのバックアップ

エンジニアの人手不足が続く現在、より多くの人にプログラミングスキルを身につけてもらおうと、全国的にプログラミングスクールなどの学習施設が増えてきました。

またスクールのほとんどが、転職や就職を希望する受講者にエンジニア職へのキャリアサポートを行なっており、中にはプログラミングスクールを運営している会社に、そのスクール卒業後そのまま正社員として雇用する制度を設けている企業もあります。

未経験からエンジニアになるために

この記事を読んでいる方の中には、「需要と将来性があるエンジニアには興味があるけど、IT分野に関しては全くの未経験だからエンジニアにはなれない」とエンジニアの道を諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

結論から言ってしまうと、エンジニアは文系の未経験からでも問題なく目指すことができる職業です。現に、最前線でエンジニアとして活躍している方の中には文系出身者も多くいます。しかし、だからと言って理系の経験者と差し支えなく扱われることはもちろんありません。

では、全くの未経験からエンジニアを目指すにはどのようなことを把握しておかなければならないのでしょうか。次は未経験者がエンジニアを目指すにあたって注意すべき点についてご紹介いたします。

プログラミングスキルアップの方法

IT企業に就職するあたっては、未経験でも採用を行なっている企業もありますが、プログラミングスキルがあらかじめ身についているに越したことはありません。

また、プログラミング学習をする際はプログラミングを覚えるだけではなく、エンジニアとして活躍するためのスキルも同時に磨かなければなりません。

そこで次に、未経験者がエンジニアを目指す時に身につけておきたいスキルについてご紹介していきます。

問題を解決する力

プログラミングを行う際、エラーやバグは日常的に起こります。プログラミング学習を行なっている未経験者は不具合を出さないことよりも、不具合が出た後でどれだけ迅速に問題を解決できるかが大切になってきます。

不具合の原因は何か、どのようにすれば解決するか、さまざまな角度から問題点を見つめて柔軟に対応できる能力がエンジニアにとっては重要になってきます。

コミュニケーション

「プログラミング」と聞くと、一人で黙々と作業をするイメージがあるのですが、企業でシステムの開発を行う際は、ほとんどの場合がチームで行います。

またシステムエンジニアの仕事は、クライアントとのヒアリング、プログラマーとの意思疎通、業務の進行管理などの「コミュニケーション能力」が必要になってくる業務が多いです。

企業面接においても、特に未経験者であれば「コミュニケーション能力」を見られることが多いため、プログラミング学習を行なっている方はぜひ同じように学習を行なっている方たちと積極的にコミュニケーションをとっておきましょう。

ロジカルに考える力

プログラミング作業において最も大切なのが「論理的思考」です。自分が意図する処理をコンピュータに行わせるためには、どのような順序で、どのような要素を入れればいいのかを考える必要があります。

この「論理的思考」はエンジニアやプログラミングだけではなく社会人として活躍していくためにも役立つスキルとして、2020年に「第4次産業革命」を生き抜くための論理的思考育成を目的とした小学校でのプログラミング教育必修化が予定されています。

計画を立てる

未経験者の方がプログラミング学習に挫折をしてしまう理由の一つとして、「無計画に学習を進めてしまう」ことがあります。

プログラミング学習をする際は、まず自分がなぜプログラミングを学ぶのかをしっかりと明確にしておきましょう。「高収入が狙えるところに転職がしたい」「フリーランスで自由に働きたい」「オリジナルのアプリケーションを作りたい」など、なんでもいいのでプログラミングを身につけた後で何がしたいのかを常に意識しておくことで学習のモチベーションを保つことができます。

また、未経験者は「いつまでにどのレベルまでのプログラミングスキルを身につけて、この時期ぐらいには目標を達成する」といった具体的なプランを立てることでより学習の効率も上がります。

学習方法を決める

プログラミング未経験者の中には、「そもそもプログラミングってどうやって勉強すればいいのか分からない」という方もいることでしょう。

独学でプログラミング学習を行うのであれば、「プログラミング書籍を利用する」方法や「プログラミング学習サイトで学習を行う」方法などがありますが、これらの学習方法は好きな時間に好きなだけ学習が可能というメリットがある反面、不明な部分が出てきた際にすぐに解決しづらい点があります。

不明な部分をそのまま放置してしまうと、その分学習の効率が下がってしまい目標達成までの時間も大幅にかかってしまいます。

未経験者からエンジニアなるためのプログラミング学習方法として最も有効なのが、「プログラミングスクールに通うこと」です。専門知識を持った講師が丁寧に学習のサポートを行なってくれますし、現在ほとんどのスクールでは受講後の転職や就職の支援を行なっているところがあるので安心して学習を進めることができます。

確実に未経験からエンジニアとして活躍したいのであれば、ぜひプログラミングスクールに通うことをオススメいたします。

未経験者でもなれる「エンジニア職の魅力」とは

「エンジニア」と聞くと、「残業が多い」「激務である」といったマイナスイメージが強いです。しかし、実際のところは、企業や時期によっても異なりますが「激務」と言われる職種はごく一部です。

エンジニアはそれ以上の魅力がある職業であり、今のIT時代とても未経験者にとってもやりがいのある仕事だと言えます。では、具体的なエンジニアの魅力とはなんなのでしょうか。次はエンジニアの魅力について解説していきます。

年収

現在、深刻な人材不足に伴い多くの企業が「エンジニア」を求めています。プログラミング未経験者でもエンジニアとしての素質があれば採用を行なっているところもありますが、高いプログラミングスキルを持っていれば、それだけ貴重な人材として高い収入で雇うところが多いです。実務経験があれば、年収1000万年を超えることも可能です。

形に見える

エンジニアは「モノづくり」をする職業です。自分で「こういうモノを作りたい」「このサービスで人を驚かせたい」というのを形にしていく作業にはとてもやりがいが感じられます。

また今のインターネット時代、直にユーザーの反応を見ることができるので、自分のモチベーションややる気にもつながります。

需要がある

先ほども述べましたが、現在エンジニア職は非常に需要のある職業です。またどんな方でもエンジニアになれるチャンスがあり、他の業界よりも比較的年収が高いとされるIT業界に転職を行えば前職よりも高収入を狙うことができます。

また、スキルが身につけばフリーランスなど、働き方を自由に選ぶことも可能です。エンジニアは未経験者にとっても非常に魅力的な仕事であると言えます。

【PR】未経験からエンジニア目指すなら”テックブースト”

未経験からエンジニアになるためにするステップ教えます

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related