Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

【在宅可能】未経験からプログラミングで副業をする方法5選

働き方の多様化に注目が集まってきている今、プログラマーとして副業を行なっている人が増えてきています。中には「未経験だけどプログラミングの副業で稼いでみたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回はプログラミングで副業をする方法について解説します。

副業でプログラミングってできるの?

現在、働き方の多様化が進んでいることもあり、副業に興味がある方や、もう既に会社に勤めながら副業で稼いでいる方も多いのではないでしょうか。

また、最近では場所や時間を選ばず好きな時に仕事がしやすいことから「プログラマー」という職業にも注目が集まってきています。

そこで今回は、プログラミングを用いた副業について解説していきますので、「副業で稼ぎたい」「自由に仕事がしたい」という方はぜひ参考にしてみてください。

プログラミングは在宅ワークの中で一番稼げる

副業を行うにもライターやイラストレーターなどさまざまな職業がありますが、その中でも一番オススメするのがプログラミングを用いた副業です。

その理由としては、現在IT市場の拡大に伴ってエンジニアの需要が高まっていること、また案件数も豊富でスキルによっては高収入を得られることが挙げられます。

案件数が豊富な職業は他にもありますが、副業で安定して稼ぐことができるのは「プログラマー」が一番でしょう。

仕事内容は?

では、実際にプログラミングの副業とはどんなことを行うのでしょうか。今回は、数あるクラウドソーシングサイトの中から主な仕事内容をご紹介いたします。

プログラミングの副業は主に「ホームページの作成」「webサイト・サービス制作」「既存コードの修正依頼」などを行うことがあります。また、中には初心者にプログラミングを教える講師の仕事もあります。

それぞれの案件数によって報酬や条件も異なってくるので、受託をする際は必ず求人内容を確認してから受託をしましょう。

プログラミングで副業する方法5選

プログラミングの副業で稼げることはわかったけど、実際どうやって副業を始めればいいかわからない方が多いことでしょう。

ではここで、プログラミング副業の始め方について解説をいたします。プログラミング未経験者の方もぜひ参考にしてみてください。

その1 プログラミングを学習する

これは前提の話ではありますが、プログラマーとして副業を行うためにはプログラミングができなければなりません。

特に、プログラミングで高額な収入を得たいのであれば、それなりのスキルが必要になってきます。また、質の良い仕事をこなすことができれば発注者からの信頼を得られ、次の仕事にもつなげることができます。

しかし、プログラミング初心者の方に注意していただきたいのが、せっかくプログラミングを身につけて副業を始めても、学んだ言語の需要がなく稼ぐことができないという点です。

これから副業のためにプログラミングを学ぶという方は、ぜひ需要のある言語を意識して学習に取り組みましょう。

おすすめ言語1 Ruby

副業を始めたいプログラミング初心者にオススメするのは「Ruby」というプログラミング言語です。「Ruby」はwebアプリケーション開発に特化しており、シンプルで読みやすいコードが書けることからプログラミング初心者にも人気があります。

また、有名サイトの開発にも使われていることからRubyエンジニアを求める企業も多く、クラウドソーシングサイトでも豊富な数の案件があります。

日本国内で開発されていることもあり、日本語での情報も豊富にあるので、これからプログラミングを始めたい方には最適な言語であると言えます。

おすすめ言語2 PHP

Rubyに次いでオススメするのが「PHP」というプログラミング言語です。PHPもweb開発分野に長けており、シンプルな構成でコーディングができることからプログラミング初心者にも人気があります。

また、PHPは海外でも人気が高く、「facebook」などもPHPで作られた実績があります。副業としての案件数も豊富などで、プログラマーとして活躍したい方はPHPを学習すると良いでしょう。

その2 ホームページ制作をする

プログラミング初心者が副業を始める際には、まず「ホームページ制作」の案件から始めるようにしましょう。

ホームページの作成であれば初歩的なスキルからでも行うことができますし、短期の案件が豊富なので比較的手が出しやすいです。

最近ではプログラミングをしなくても簡単にホームページが作れることから案件が少なくなってきていますが、プログラミングで作ればそれだけ高いクオリティのものができるので、高い単価を期待することができます。

おすすめ言語1 HTML/CSS

ホームページ制作など、プログラミング学習において最初に学習する言語として「HTML/CSS」があります。HTML/CSSの言語でできることを簡単にいうと、ホームページなどのタイトルやバナーなどの位置や見た目を決めることができます。習得難易度としては初心者の方でも簡単に学ぶことができるので、未経験者の方はまずはこの言語から始めてみましょう。

おすすめ言語2 Javascript

Javascriptはホームページに動きをつけることができるプログラミング言語です。HTML/CSSだけでもホームページを作成することはできますが、よりクオリティの高いものを目指すのであれば、必ず学習をしておきましょう。

また、システム開発などにもよく使われる「ライブラリ」も豊富にあるので、「ライブラリ」を使いこなせるようになるための練習としてJavascriptを学習するのも良いでしょう。

その3 クラウドソーシングを利用する

基礎的なプログラミングスキルが身についたら、いよいよ副業開始です。先ほど、プログラミングで副業をするなら「ホームページ制作」から始めるのがいいと言いましたが、「実際に仕事を取得するにはどうしたらいいのかわからない」という方も多いことでしょう。

副業を行うのにオススメするのが「クラウドソーシングサイト」を利用することです。「クラウドソーシングサイト」は行って欲しい仕事をサイト上に掲載して、その募集案件から自由に契約を行うことができるフリーランス・副業者向けのサイトです。

初心者の方でも扱いやすいものばかりなので、副業を始めるのであれば、まずはクラウドソーシングサイトで案件をこなすことから始めましょう。

クラウドワークス

「クラウドワークス」は日本最大級のクラウドソーシングとして有名なサイトです。プログラミングに関する案件はもちろん、他のジャンルの案件数も多く初心者のにも扱いやすいところが特徴です。

また、単価の低い悪質な案件に対しても迅速に対応を行ってくれるので安心して利用することができます。

ランサーズ

「ランサーズ」はクラウドワークス同様、フリーランスや副業者に人気のクラウドソーシングサイトです。こちらのサイトも、初心者でも扱いやすいサービスになっており「副業を始めたい」「お小遣いを稼ぎたい」という方にもオススメすることができます。

その4 自分で案件を獲得する

副業で仕事を獲得するもう一つの方法として、「人脈を頼りに自分で案件を獲得する」方法があります。もし知人に会社を経営している人がいれば、その人を頼りに仕事の発注をしてもらえないか掛け合ってみましょう。

もし、その知人と仕事を通じて信頼を得ることができれば、また別の発注者を紹介してくれる可能性もあります。

副業でどのくらい稼げるの?

プログラミングで副業をする人にとって最も気になるのは収入の面なのではないでしょうか。いくらお小遣い稼ぎで始めたこととは言え、あまりに稼げないのであればモチベーションの低下にもつながり途中でやめてしまうこともあるでしょう。

そこで次は、各仕事の例を紹介しながらその収入についてご紹介していきます。

ホームページ制作の場合

プログラミング初心者にオススメする案件として紹介した「ホームページ制作」では、約5万円〜20万円程度の報酬が見込めます。

HTML/CSSのマークアップ言語のみでもホームページを作ることはできますが、合わせてJavascriptも習得しておくとより高い案件を請け負うこともできます。

Web制作の場合

「webサイト・サービス制作」では、およそ30万〜数百万の報酬を見込むことができます。ただ、ホームページの制作とは異なり、長期契約の案件が多く稼働率も高いとされているので、案件を請け負う際は腰を据えての仕事であることを想定しておきましょう。また、中には時給制の案件もあり、時給1300~3000円程度の報酬を見込むことができます。

【PR】tech boostで副業できるレベルになろう

【在宅可能】未経験からプログラミングで副業をする方法5選

いかがでしたでしょうか。今回は、プログラミングが副業に適している理由や、副業を始める方法などについて解説を行ってきました。

この記事をご覧になっている方の中には、「自分もプログラミングで副業を始めたい」と考えている方もいることでしょう。ですが、未経験者の場合、まずはプログラミングスキルを身につけなければ副業を始めることができません。

そこで、未経験から短期間でプログラミングを習得する方法として、プログラミングスクールの「tech boost」に通うことをオススメいたします。

tech boostに通うメリット

プログラミングの学習方法やプログラミングスクールは今や数え切れないほど存在しますが、その中でも「tech boost」に通うメリットはなんなのでしょうか。

メリット1 挫折しにくい

プログラミングスクールに通うメリットの一つとして、プログラミング初心者でも「挫折がしにくい」という点が挙げられます。

プログラミング初心者の中には独学で学習しようと考えている方も多いですが、その半数以上は途中で学習を挫折をしてしまっています。その理由としては、「学習のやり方がわからない」「学習の仕方が間違っていてなかなか成長できない」などがあります。

しかし、スクールではメンターが学習のサポートを徹底的にしてくれるので、初心者でも最後まで学習を続けることができます。

メリット2 キャリア相談もできる

近年、全国的にプログラミングスクールが増えてきた理由として、IT業界におけるエンジニアの人材不足改善が挙げられます。

なので、ほとんどのプログラミングスクールではエンジニアの転職・就職を支援するキャリアサポート制度が設けられています。また、tech boostではフリーランスとしての独立や、起業、副業での仕事の仕方などの相談にも乗ってくれるので、安心して自分が希望するキャリアを目指すことができます。

メリット3 実践的な学習ができる

プログラミングスクールでは、他の学習方法では難しい実践的な学習が行えるのもメリットの一つであると言えます。

また、メンター中には現エンジニアとして活躍している方も多いので、現場でのスキルや、副業での稼ぎ方などエンジニアとして活躍していくためのノウハウを教わることもできます。

プログラミング未経験から副業プログラマーとして活躍したい方は、まずプログラミングスクールに通ってみましょう。

tech boostについてさらに詳しく

【在宅可能】未経験からプログラミングで副業をする方法5選

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related