Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

【求職者必見】プログラミングを学んで就職するメリット5選

2020年に小学校でのプログラミング教育必修化がされることから「プログラミング」という技術にも注目が集まってきました。また、プログラミングスキルは就職の際にも役に立てることができます。今回は、就職活動をしている方向けに、プログラミングを学ぶメリットを解説します

プログラミングで得られるものって何?

現在学生で卒業を控えている方の中には、「卒業後どうするか決まっていない」「安定した仕事に就きたいけど何をしていいかわからない」など就職について迷っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に今回は、ITエンジニアへの就職をオススメいたします。今後さらに加速していくだろう社会のIT化に向けてエンジニアの仕事は重要なものになることが予想され、2020年には小学校でのプログラミング教育必修化がされます。

では、プログラミングを身につけることで私たちにどんなメリットがあるのでしょうか。

その1 論理的思考力

プログラミングとは、コンピュータにして欲しい動作や処理を命令する作業です。正確に動作させるためには、必要な要素を適切な順番で記述していかなければならないため論理的思考が必要不可欠になってきます。

この論理的思考は、プログラミングにおいてだけではなく就職や社会人としても役に立てることができます。

その2 問題解決力

プログラミングにはバグやエラーがつきものです。プログラマーやエンジニアはその度に迅速かつ適切な対応が求められます。

問題を明確に把握し、分析、解決ができる力は、職業を問わず仕事やプライベートで活かすことができます。また、会社で出世する人に共通する人柄には「問題解決能力が高い」と言う調査結果が出ていることから、就職で自分の問題解決能力をアピールすることができれば企業側にもいい印象を与えることができることでしょう。

プログラミングを学んで就職するメリット5選

「プログラミングで得ることができる能力はわかったけど、具体的に就職でどう役に立つのだろうか」と考えている方に向けて、次では就職においてプログラミングを学ぶメリットについてまとめてみました。将来の具体的なプランが建てられていない方や、IT業界に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

メリット1 アピールしやすい

これからの時代、IT業界に限らずどんな職業においてもIT分野に関する知識や技術が求められてきます。学生のうちからプログラミングスキルを身につけておけば、就職の際に大きなアピールポイントとして活用することができます。

また、プログラミングを学習しておくことで、上記で取り上げた「論理的思考力」や「問題解決能力」を自然に身につけることができるので、ぜひ学生の方はプログラミングを始めることをオススメいたします。

メリット2 需要が多い

現在、IT市場の急激な拡大に対してプログラミングスキルを持つ人材が不足している事態に陥っています。

そのためエンジニアの需要が高騰し、今エンジニアになることができれば、この先仕事が無くなる心配はなくなるでしょう。

また、IT市場はこれからも拡大していくと予想されるため、社会に出てから長く活躍をしていきたい方はぜひエンジニアになることをオススメいたします。

メリット3 未経験でも研修を受けられる

先ほども言った通り、現在エンジニアを求める企業に対してスキルを持つ人材が少ないため、近年ではプログラミング未経験でもプログラミングを学ぶことができる研修制度も設けているところが増えてきました。

IT企業に就職をするのであれば、あらかじめプログラミングスキルを身につけておいた方がいいですが、事情がありどうしても学習できない場合は未経験でも採用を行なっている企業に挑戦してみましょう。

メリット4 就職の幅が広がる

プログラミングスキルを身につけることができれば、企業への就職だけではなく、フリーランスへの独立や起業など、さまざまな働き方をすることができます。

現在では、「自由に働きたい」と考え企業勤めからフリーランスへの転身を行う方も多く、学生のうちからスキルを身につけることで「就職」という枠を超え、今後さまざまな可能性を広げることができます。

メリット5 経験者なら教育コストがかからない

プログラミング未経験でも就職することができる企業が増えてきたため「全く学習をしなくてもエンジニアとして就職をすることができる」と考えてしまう学生の方も多いですが、あらかじめプログラミングスキルがあればその分教育コストがかからないので年収や採用率に大きく差がついてしまいます。

また、未経験から会社に入社すればプログラミングの学習をしながら他の業務を次々に覚えていかなければならないので大きな負担になってしまいます。

即戦力としていち早く活躍をしていきたいのであれば、ぜひ就職前にプログラミングを学んでおきましょう。

プログラミングの学習方法

就職を控えたプログラミング未経験者の中には「そもそもプログラミングの学習の仕方がわからない」「文系だからエンジニアを目指すのは難しい」と学習を諦めてしまう方も少なくありません。

しかし、プログラミングは文系理系問わず誰にでも習得できるスキルであり、学習の仕方次第では短期間で即戦力としてのスキルを身につけることができます。

そこで次に、就職を控えているエンジニア希望者にオススメのプログラミング学習方法をご紹介いたします。

学習方法1 書籍学習

プログラミングを独学で学びたい人にオススメするのが「プログラミング書籍での学習」です。プログラミングに関する書籍は豊富に刊行されており、プログラミングをイチから学習したい方は、イラストや表がたくさん使われているものを選ぶと良いでしょう。

書籍学習のメリットは、本さえあれば通勤などの隙間時間を利用して学習ができる点です。仕事や学業で忙しい方も始めやすい学習方法ですので、ぜひ始めてみてください。

学習方法2 サイトでの学習

近年ではwebを利用してプログラミングを学習できるサービスが増えてきました。動画やクイズなど、webサービスならではのコンテンツが豊富で、楽しみながらプログラミング学習をしたい人にオススメすることができます。

中にはスマートフォンでも利用できるものも増えてきたので、書籍学習同様に隙間時間を利用して効率的に学習を進めることができます。

学習方法3 インターンに通っての学習

現在学生の方であれば、インターンに参加してプログラミングを学ぶのも良いでしょう。インターンに参加するメリットは、実務を経験しながら給与をもらえる点、またインターンに参加したことを就職の際にアピールできる点が挙げられます。

学習方法4 スクールに通っての学習

未経験からプログラミングを学ぶ方法として一番オススメするのが「プログラミングスクール」に通うことです。

現役エンジニアがメンターとして学習のサポートをしてくれるほか、現場での仕事のノウハウを聞くこともできるので非常に質の高い学習をすることができます。

プログラミングスクールで学習しよう

インターンでも実務を交えたプログラミング学習をすることができますが、オリジナルサービスの開発など、より高いスキルを身に付けたい方はぜひプログラミングスクールに通いましょう。

次ではプログラミングスクールに通うことで得られる具体的なメリットについて解説をしていきます。

その1 挫折しづらい

上記でご紹介した学習方法もそうですが、独学での学習は、自分のペースで学習ができるメリットがある反面、未経験者だと挫折がしやすいというデメリットがあります。

特に就職を希望している方であれば、入社までに確実にスキルを身に付けたい方が多いことでしょう。プログラミングスクールであれば、専門知識を持ったメンターが学習をサポートしてくれるので学習に躓くことなく最後まで続けることができます。

その2 実践的なことが学べる

多くのプログラミングスクールでは現役のエンジニアがメンターを勤めており、現場での仕事や最新の技術動向などを聞くことができるので、より質の高いエンジニアスキルを身につけることができます。

また、就職活動においても即戦力のアピールをすることができるので、メンターや他の生徒とのコミュニケーションは積極的に取っていきましょう。

その3 就職支援もある

プログラミングスクールでは、スクール卒業後の就職・転職支援を行なっているので、自分が希望するキャリアを安心して目指すことができます。

また、中にはスクール卒業後に、スクールを運営する母体会社にそのまま入社することができるところもあるので、確実にエンジニアに就職したい方は、ぜひプログラミングスクールを検討してください。

【PR】tech boostで就職を有利にしよう

【求職者必見】プログラミングを学んで就職するメリット5選

プログラミングスクールは、数多くありますがその中でも未経験からエンジニアを目指すのであれば「tech boost」に通うことをオススメいたします。

「tech boost」は、オリジナルのオーダーメイドカリキュラムで未経験から最短3ヶ月で実務レベルのスキルを身につけることができるほか、今世の中で注目されている「人工知能(AI)」や「ブロックチェーン」の分野も学ぶことができるので、エンジニアとしてスキルアップを目指す人でも充実した学習を行うことができます。

tech boostについて

【求職者必見】プログラミングを学んで就職するメリット5選

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related