Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月08日

プログラミングスクールまとめて比較【2019版】 【初心者&転職希望者におすすめ】

転職を考えている人や、就職活動中で、プログラミングに興味お持ちの方は多いのではないでしょうか。現在プログラマーやエンジニアの需要は高く、高収入も狙える仕事です。ここではプログラミングの学び方やスクールを紹介していきます。

東京にはプログラミングスクールがたくさんあって、どうやって選べばよいか分からない!

プログラミングスクールが増えている一方で、教える講師が学生であたり、少し教材とずれた質問をすると、答えられなかったりする問題も起き始めています。

プログラミングスクールの受講料は高額なので、スクール選びはかなり慎重になりますよね。

このページでは、失敗しないプログラミングスクールの選び方を、学生か社会人かを考慮して解説していきます。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。


この記事の要約


  • プログラミングスクールは「受講期間」「学ぶ言語」「受講スタイル」で選ぶ
  • 一番プログラミングを習得できるのが、3ヶ月オンライン・オフライン型でRubyやPythonを学ぶコース
  • 需要の高いRuby・Python・ブロックチェーンが学べるTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

プログラミングを習得する方法

プログラミングの学び方は人それぞれですが、トータルで考えた際にはプログラミングスクール(学校)が最適です。一方、最近はプログラミングをオンラインで学ぶ人も増えてきています。

また、オンラインアプリや動画での学習も可能であり、学習方法は多様化してきているので、自分にあったものが必ずあります。

また、その人の環境に合わせた、より最適な方法で学ぶことが良いプログラマーへの近道です。この学習方法は、目的によっても適した学び方は異なります。

オンラインのみのプログラミングスクール

オンラインのみのプログラミングスクール1:CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCampはコードキャンプ株式会社によるオンラインのプログラミングスクールで、エンジニアやWebデザイナーとのチャットを通してプログラミング学習ができます。

内容とレッスン回数が決まっているマスターコース、好きな言語を学べるがレッスン回数が決まっているプレミア住むコース、好きな言語を好きなだけ学べるプレミアムプラスコースがあります。

マスターコースにはWebマスター、アプリマスター、デザインマスター、Javaマスターの4つのコースがあります。それぞれ1ヶ月と6ヶ月のプランがあります。

プレミアムプラスコースはマスターコースの約2倍の料金になっていて、夏休みのようなまとまった時間を取れる時期に向いたプランです。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、、Bootstrap、Swift、Androidアプリ、PHP、MySQL、Ruby、Ruby on Rails、Java、Photoshop、Illustrator
メンター:現役エンジニア
料金例:15万円(2か月、マスターコース)、70万円(6か月、プレミアムプラスコース)

オンラインのみのプログラミングスクール2:ウェブカツ

ウェブカツはオンラインのプログラミングスクールでレオパレス21の入居者へも内容を配信している、少し変わったスクールです。カリキュラムは「部」という名前になっています。

Progate終了後の学習者や、通学タイプのプログラミングスクールを受講しながらという利用者もいます。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、PHP、MySQL、ネットワーク・サーバー、WordPress、営業、Webマーケティング、保険
料金例:約11万円(4か月、WEBサービス開発まで)

オンラインのみのプログラミングスクール3:Tech Academy(テックアカデミー)

Tech Academyはキラメックス株式会社が運営するオンラインプログラミングスクールです。比較的低価格で、オンラインのみのカリキュラムです。プログラミングを少しずつ始めたい人におすすめのスクールです。

毎日メンターにオンラインで何度でも質問でき、週2回のマンツーマン指導では質問及びペアプログラミングが可能です。

このペアプログラミングを通し、メンターの人のスキルをいち早く学び自分のものにできるので、とても勉強になることは間違いないです。


料金はコースと期間によって変わります。また、受講料がビットコインで払えるという変わったシステムがあります。

対応言語・コース:PHP、Java、HTML、CSS、JavaScript、Bootstrap、WordPress、Swift、Unity、ブロックチェーン、Python、AI、Scala、Node.js、Google Apps Script、デザイン、動画編集、Webマーケティング、Excel
メンター:現役エンジニア
料金例:13万円(PHPコース4週間、メンタリング7回まで)、28万円(PHPコース16週間、メンタリング31回まで)

オンラインのみのプログラミングスクール4:デジハリONLINE

設立者がMITメディアラボの在籍経験があることでしられるデジタルハリウッドの運営するオンラインスクールです。プログラミング以外にもたくさんのクリエイター向け講座があります。

PHP講座、JavaScript入門講座、HTML5マスター講座、Webアプリ講座、iPhoneアプリ講座などがあり、自分の学びたい分野を伸ばすことができます。

プログラミングはフロントエンドとWEBアプリ、PHPのみですが、3DCGやデザインのようなカリキュラムは非常に充実しています。ゲームを作りたい人は検討しても損はないでしょう。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Dreamweaver、PHP
料金例:約7万円(JavaScriptコース、3か月)

オンラインのみのプログラミングスクール5:SKILLHUB(スキルハブ)

フリーランスや起業したい人のためのプログラミングスクール(学校)です。オンラインの学習コンテンツを提供していて、中でもフリーランスなどの自由な働き方を目指す人を応援しているサービスです。

プログラミング以外にもGoogle AdwardsなどのブログやSEOに関するコンテンツがあります。デザインやプログラミングだけでなく、企画やマーケティングなども学べます。

HTMLなどの入門講座は無料ですが、バージョンが少し古いです。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Photoshop、Illustrator、Bootstrap、デザイン
料金例:20万円(3か月、フリーランス支援プラン)

オンラインのみのプログラミングスクール6:PC-BRAIN通信講座

PC-BRAINは福岡にある有限会社ぴーしぃーブレインの通信講座です。1998年設立の歴史の長い会社ですが、内容が少し古い印象があります。

PythonやRubyなどの言語がなく、スマホアプリに関してもJavaによるAndroidアプリ開発のみで、KotlinもSwiftもありません。かなり安いのがメリットです。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Java、C言語、PHP、Perl、Androidアプリ、ロボットプログラミング、Excel、Access
料金例:5万円(1年間、プログラミング基礎・C言語・Javaコース受講可)

オンラインのみのプログラミングスクール7:Cryptech Academia(クリプテックアカデミア)

Cryptech Academiaは、ブロックチェーンのマイニング事業などを手掛ける株式会社Cryptechが運営するオンラインプログラミングスクールです。1か月から12か月まで、さまざまなコースがあります。

大学生限定のプログラミングスクールでもあり、有給インターンの紹介も行っています。オンラインのスクールではありますが、カリキュラムの最後にはハッカソンという開発イベントを行います。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Swift、Java、Kotlin、Unity、AI、ブロックチェーン、データサイエンス
料金例:11万円(1か月)、9万円(3か月)

通学ありのプログラミングスクール(オンライン可含む)

通学ありのプログラミングスクール1:TECH BOOST(テックブースト)

TECH BOOSTはエンジニアに特化したキャリア支援企業のBranding Engineerが提供するプログラミングスクールです。渋谷の教室への通学と、オンラインのみの2つの受講方法があります。ブロックチェーンやAIなどの先端技術の講座を積極的に提供しています。

3ヶ月間で『プログラミングの基礎』・『実際に業務で必要となるスキル』・『今のトレンドとなっている知識』まで学べるプログラミングスクールです。

オーダーメイドのカリキュラムを組んでくれるのも特徴の一つです。プロのカウンセラーが一人一人の目標、目的に応じた最適なプランを提案します。

メンターの先生が一つ一つ丁寧に指導をしてくれ、自分にあった勉強スタイルで学ぶことができるのが特徴です。

対応言語・コース:フロントエンド、JavaScript、Ruby、PHP、Python、ブロックチェーン、Vue.js、Node.js、IoT、AI
メンター:現役エンジニア
料金例:月額10万円、月額7万円(学生)

通学ありのプログラミングスクール2:DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

2018年にDMMグループに入った株式会社インフラトップの運営するプログラマースクールです。WebアプリやWebデザインを教えているプログラミングスクールで、短期集中型で学ぶWebCampは1ヶ月でプログラミングを学ぶカリキュラムです。

オンラインコースは現在改修中で受付が停止されています。

短期間でRubyまたはフレームワークのRuby on Railsを学習したい人におすすめです。さらに、Webスクという半年間で学ぶカリキュラムのプログラミングスクールも運営しています。

また、デザイン心理や色彩についても学ぶことができます。

プログラミング以外にも専門的な知識を学べるので、プログラマーとして仕事に就く上でもデザイナーの人とのやりとりが円滑に進むため、仕事がやりやすくなると評判がいいです。

対応言語・コース:HTML、CSS、Ruby、デザイン
料金例:50万円(3か月)

通学ありのプログラミングスクール3:ポテパンキャンプ

パンダのマークでおなじみの株式会社ポテパンが運営するプログラミングスクールです。転職支援があり、成功すると10万円のキャッシュバックがあります。言語はRubyのみです。

選抜制のスクールなので、入れない可能性もあります。スパルタで卒業生のレベルが高いと評判です。また、パソコンはMacが必須です。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Rubyなど、Railsエンジニアに必要なもの
料金例:10万円(選抜キャリアコース、3か月)

通学ありのプログラミングスクール4:KENスクール

KENスクールは東京のパソコン教室です。プログラミング以外にもOffice製品などのより基本的なことも教えています。

教室が多く、東京は新宿・池袋・北千住の3校あり、それ以外にも横浜・名古屋・梅田・札幌と、プログラミングスクールの多くが関東にしか教室がない中で、広い地域に展開しています。CADのカリキュラムがあるのも珍しいです。

Javaの資格のOCJ-WCなどの対策講座もあります。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Java、V言語、Visual Basic、PHP、WordPress、VBA、データベース、Unity、スマートフォンアプリ、ネットワーク、CAD
料金例:4万円(3か月、HTML/CSS)

通学ありのプログラミングスクール5:TECH::CAMP(テックキャンプ)

TECH::CAMPは株式会社divが運営するプログラミングスクールです。渋谷・新宿・池袋・東京・御茶ノ水・早稲田・名古屋・梅田と、教室が多いです。

超短期集中のイナズマコースなどもあり、大企業の社長が受講したことで話題になりました。

比較的安い価格&短期間でプログラミングを学習できるプログラミングスクールです。

3タイプの学習コースがあり、1週間の(1日12時間) コース、1ヵ月の(平日3時間、土日6時間)コース、2ヶ月の(平日1時間、土日3.5時間)コースがあります。

未経験からサービスをつくれるようになりたい人や、短期間でプログラミングを学びたい人におすすめです。地方の方もオンラインコースで学習ができるので、今注目のプログアミングスクールと言えます。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Ruby、SQL、Python、Unity、デザイン、iPhoneアプリ
メンター:大学生なども
料金例:入会金15万円+月額1万5000円

通学ありのプログラミングスクール6:INTERNET ACADEMY(インターネットアカデミー)

W3Cメンバーの信頼のおけるプログラミングスクールです。ライブ・マンツーマン・オンデマンドの3タイプの受講方法が選べます。

Web系の開発がメインで学ぶことができます。「プログラマー入門コース」・「プログラマーコース」・「ITエンジニア入門コース」・「ITエンジニア総合コース」・「Webサービス開発者コース」などがあります。

それぞれのコースをオンラインで学ぶこともできるので、自分にあったペースで自分のなりたい分野に特化して学ぶことが可能です。

プログラミングだけでなく、WEBデザインやECサイト運用という珍しいコースもあります。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Dreamweaver、PHP、WordPress、データベース、Java
料金例:100万円(10~12か月、WEBサービス開発者コース)

通学ありのプログラミングスクール7:G’s ACADEMY TOKYO(ジーズアカデミー)

ジーズアカデミーはデジタルハリウッド株式会社が運営するプログラミングスクールです。教室は表参道と福岡にあります。えふしん氏などの著名エンジニアがメンターを務めています。

週末のみのコースとフルタイムのコースがあり、授業料が後払いなのが大きな特徴です。3か月でビデオ通話アプリを作成した卒業生などもいる、実力派スクールです。

対応言語・コース:HTML、CSS、JJavaScript、PHP、SQL、Node.js、React、Swift、Unityなど
料金例:入学金10万円+授業料60万円(フルタイム総合コース)

通学ありのプログラミングスクール8:Winスクール

Winスクールは総合的なパソコン教室で、CADやパソコン資格講座なども提供しています。教室数が非常に多く、関西や北海道はもちろん、四国にもあります。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、PHP、Photoshopなど
料金例:10万円(PHP、2か月)

通学ありのプログラミングスクール9:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、ヒューマンアカデミー株式会社が運営する総合的なスクールで、キャリアアップや資格などのさまざまな講座を提供しています。未経験から4ヶ月でエンジニアを目指すカリキュラムを持つプログラミングスクール(学校)です。Java、HTML/CSSやJavaScriptなどの講座があります。

IT系ではITパスポートからプログラミングまで幅広く、IT以外ではネイルや簿記など、一般的なコースも充実しています。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Javaなど
料金例:37万円(3か月、JavaScriptコース)、49万円(3か月、Androidアプリコース)

通学ありのプログラミングスクール10:ITブートキャンプ

ITブートキャンプは株式会社Cajonが運営するプログラマースクールです。プログラマーになるうえで必要な知識を教えていますが、エンジニアというよりはフリーランスになるための最低限の能力をつけるのに向いた内容に見えます。

仕事保障という珍しいシステムがあり、学んだことを実際に案件の中で使うことができます。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Bootstrap、Photoshop
料金例:10万円(1か月、ベーシックコース)

通学ありのプログラミングスクール11:DIVE INTO CODE(ダイブイントゥコード)

DIVE INTO CODEは日本では珍しく、Pythonをメインにしたプログラミングスクールです。DEMO DAYという卒業制作発表会のようなイベントがあり、審査員として他社役員などが参加しています。

対応言語・コース:Python、SQL、機械学習、Ruby、JavaScript
料金例:入会金20万円+80万円(3か月、機械学習コース)

通学ありのプログラミングスクール12:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、ITエンジニアやプログラミングに関して調べている人であれば、一度は見たことがあるのではないでしょうか?マンツーマンレッスンが特徴のプログラミングスクールです。フリーランス養成コースもあり、希望次第では転職・就職活動や起業などの相談もできます。

生徒一人一人と向き合ってくれるスクールなので、自分にあったペースで学び、力をつけることができるでしょう。

また、動画教材を使用していて、24時間対応の掲示板で質問ができます。自分にあったスタイルが確立できるため、フリーランス志望の方におすすめです。

ブログの記事数が非常に多いことで有名です。受講人数のわりにSNSなどでの受講生の発信が少ないのは少し気がかりな人もいるかもしれません。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Python、Ruby
料金例:17万円(1か月)、44万円(3か月)

通学ありのプログラミングスクール13:ISAPCスクール

ISAPCスクールはその名のとおり、総合的なパソコンスクールです。Excelなどの一般的なものからプログラミングまで、さまざまな内容があります。

東京、千葉、埼玉、茨城の駅の近くに合計15校あり、通学しやすい環境になっています。

対応言語・コース:Java、JavaScript、PHP、C言語
料金例:20万円(9か月、PHP)

通学ありのプログラミングスクール14:Akros Web & Business Design Academy(WEB塾超環境主義)

WEB塾超現場主義より改名したプログラミングスクールです。WEB製作会社が作ったスクールが母体となっていて、その名のとおり、IT系のビジネスマンやデザイナーの育成をする場所で、先に紹介したITブートキャンプに近いといえます。

就職対策がカリキュラムに含まれているのが少し変わっています。東京と札幌に加え、長野にも教室があります。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、WordPress、Photoshop
料金例:27万円(HTML、CSSとデザイン理論)

通学ありのプログラミングスクール15:Nex Seed(ネクシード)

Nex Seedはフィリピンのセブ島でのプログラミング留学プログラムを行っています。3か月現地に行って、英語とプログラミングの両方を学ぶというものです。

公式サイトに掲載されている卒業生は元からTOEICスコアも高いため、参加するなら多少英語の勉強をする必要があるかもしれません。卒業生のポートフォリオも公開されているので、チェックしてみてください。

対応言語・コース:Swift、HTML、CSS、PHP
料金例:10万円(1週間、スタンダードコース)、24万円(4週間)

通学ありのプログラミングスクール16:DataMix(データミックス)

DataMixは株式会社データミックスが運営するデータサイエンティストを育成するプログラミングスクールです。データサイエンス系であることもあり、プログラミングスクールでは珍しくR言語を扱っています。

準備ステップと育成コースの2段階のカリキュラムがあり、準備ステップはPythonやSQL、統計の基礎を学び、データサイエンティスト育成コースではRによる統計モデリングやディープラーニングに挑戦します。

対応言語・コース:Python、R、SQL、機械学習
料金例:約20万円(9週間、データサイエンティスト準備ステップ)

通学ありのプログラミングスクール17:Kredo(クレド)

KredoはNex Seedと同じく、セブ島でのIT留学プログラムを提供しています。フィリピンのTESDAと言う資格を持った、政府公認のスクールです。

英語メインのカリキュラムもあるので、英語を勉強しつつITの知識も付けたいという人にもおすすめです。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Ruby、PHP、Python、デザイン、英語など
料金例:10万円(1週間、Webデベロップコース)、53万円(2か月、AIコース)

通学ありのプログラミングスクール18:Code Chrysalis(コードクリサリス)

Code Chrysalisはアメリカで始まったプログラミングブートキャンプです。公式サイトの卒業生リストに外国人が多いのが特徴的です。3か月の集中コースと、テーマ別の個別コースがあります。

対応言語・コース:JavaScript、React、Node.js、TypeScript、ブロックチェーン
料金例:100万円(3か月、集中コース)、16万円(1か月、基礎コース)

通学ありのプログラミングスクール19:システムアーキテクチュアナレッジ(SAK)

システムアーキテクチュアナレッジは開講14年のITスクールです。教室は新宿と秋葉原の2か所があります。

授業は少人数制なので、わからないこともしっかり聞くことができます。CCNAなどの資格対策講座もあります。

対応言語・コース:HTML、CSS、LAMP(PHP)、Java、ネットワーク、Swift、Unity、Linux
料金例:約40万円(2か月~4か月、LAMPWEBアプリケーション総合開発コース)、5万円(1週間~3週間、HTML・CSS基礎コース)

通学ありのプログラミングスクール20:リナックスアカデミー

リナックスアカデミーも歴史の古いITスクールで、LPICやCiscoなどの資格対策講座も豊富にあります。こちらも少人数制のクラスにこだわりを持っているプログラミングスクールです。

Yahooの研修を請け負っているなど、実績も多くあります。

対応言語・コース:Java、ネットワーク
料金例:38万円(90時間)

通学ありのプログラミングスクール21:RainbowApps

スマートフォンアプリ開発に特化した珍しいプログラミングスクールです。本拠が大阪にあるという点も珍しいです。

オンライン学習も可能です。AndroidとiPhoneそれぞれに入門・初級・中級と3つのコースがあります。

両コースとも期間は1年間で、短期間で詰め込むよりは自分のペースを守りつつ、知識を定着させていきたい人におすすめのスタイルになります。


対応言語・コース:Swift、Java、Kotlin
料金例:1万円(5時間、Androidアプリ開発入門コース)

通学ありのプログラミングスクール22:RUNTEQ(ランテック)

株式会社スタートアップテクノロジーが運営するRuby on Rails専門のプログラミングスクールです。受講前に面接とテストがあります。

ただし現在は説明会募集を停止しているようです。

対応言語・コース:Ruby、Ruby on Rails
料金例:11万円(1か月)、30万円(3か月一括)

通学ありのプログラミングスクール23:CodeShip(コードシップ)

CodeShipは株式会社ウィモーションが運営する、池袋のプログラミングスクールです。一般的なフロントコーディングから、データ処理やゲームなどより難度の高い内容のコースまでさまざまなカリキュラムがあります。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、PHP、Python,Ruby、C#、Unity、React
料金例:35万円(4か月、フロントエンド開発コース)

通学ありのプログラミングスクール24:CIRCLE AROUND(サークルアラウンド)

SlackやGitHubを使ったオンラインサポートを中心に、週1回程度のオフライントレーニングがあります。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Swift、PHP
料金例:12万円(月額、WEBサービスチーム開発トレーニングコース)

通学ありのプログラミングスクール25:Tech Fun.jp(テックファンドットジェーピー)

IT研修を主に手掛けるJavaプログラミングスクールです。初心者向けのJava研修と、他言語の経験がある人向けのJavaスキルチェンジ研修があります。

対応言語・コース:Java、MySQL
料金例:20万円(1か月、Java研修)、60万円(3か月、Java研修)

通学ありのプログラミングスクール25:PROGROUND(プログラウンド)

大阪のシステム開発会社である株式会社エスピーネットが運営するプログラミングスクールです。コースがステップごとにわかれていて、ステップごとに次に進めるかどうかや、他のコースに変更するかなどを決めることができます。

対応言語・コース:Visual Basic.NET、HTNL、CSS、JavaScript、PHP
料金例:6万円(56時間分、WEBプログラミングコース)

通学ありのプログラミングスクール26:NPS日本プログラミングスクール

1998年に設立された日本プログラミングスクール株式会社(現株式会社イーテクノロジー)が運営するプログラミングスクールです。C系の言語やVisual Basicなど、最近のプログラミングスクールが扱っていない言語が多くあります。

対応言語・コース:C言語、Java、C#、Visual Basic、PHP、C++、Visual C+、ASP.NET、HTML、Python、AI
料金例:25万円(3か月、フリーパスポートD、PHPコース)

通学ありのプログラミングスクール27:オープンソースアカデミー

Skypeで受講可能なプログラミングスクールです。

初心者の方は、PHP働きながらコースでPHPの基本文法を学習し、PHPでWebアプリケーションの基礎を学ぶのがおすすめです。

その後、PHP+DBというコースでスキルアップを目指すのが良いでしょう。

無料で学べるプログラミングスクール

無料で学べるプログラミングスクール1: GEEK JOB(ギークジョブ)

GEEK JOBは大学生向けに無料のプログラムを提供しています。ただし会社側としては採用候補者の紹介で収入を得る形になるので、紹介先への就職が必須かどうかは事前に確認しておくといいでしょう。

通常の有料コースもあります。

対応言語・コース:HTML、JavaScript、PHP、Java、Ruby、SQL
料金例:13万円(2か月)

無料で学べるプログラミングスクール2:プログラマカレッジ(ProEngineer)

プログラマカレッジはProEngineerという転職サービスを提供するインターノウス株式会社の教育プログラムです。企業からの協賛金によって運営されています。

最短1か月からのプログラムで、就職までをサポートしています。オフィスは国会議事堂前にあります。

対応言語・コース:HTML、CSS、Java、PHP、SQL

無料で学べるプログラミングスクール3:0円スクール

0円スクールという直球の名前を掲げる無料プログラミングスクールです。東京以外にも札幌、仙台、名古屋、神戸、福岡に教室があります。

18~35歳という年齢制限があります。また、言語はJavaのみになっています。機械学習がやりたい人やiOSアプリを作りたい人は他の言語になるのでおすすめはしません。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Java、SQL

無料で学べるプログラミングスクール4:intee(インティー)

inteeは株式会社ITプロパートナーズが運営する新卒向けの就職支援付きプログラミング教育サービスです。プログラミング口座はもちろん、自己分析やESなどの就職活動で必須のサポートがあります。

逆求人イベントへの参加が必須になっていて、参加しない場合は違約金があります。

対応言語・コース:HTML、CSS、JavaScript、Ruby

無料で学べるプログラミングスクール5:プログラマースクール

プログラマースクールは無料Javaプログラミングスクールです。三菱電機やNTT、SONYなどの大企業出身のエンジニアが講師をしています。

マナーや履歴書の添削などのサポートもありますが、コース期間は1~3か月と比較的短くなっています。また、卒業生の9割以上は運営会社である株式会社グッドワークスに就職しているそうです。

対応言語・コース:Java

無料で学べるプログラミングスクール6:みんスク

みんスクは株式会社ワークポートが運営する無料エンジニアスクールです。ワークポートは人材会社で、さまざまな業種の転職エージェントサービスを手掛けています。

東京・埼玉・横浜・名古屋・大阪・福岡の6つの教室があります。

完全未経験者向けかつ20代限定となっています。

開発エンジニアコースとインフラエンジニアコースの2種類があり、それぞれ1か月からと2週間からとなります。最長で3か月まで受講可能です。

対応言語・コース:PHP、Java、ネットワーク
料金例:完全無料

おすすめプログラミング言語

プログラミング言語はプログラミングを学ぶのに重要な選択です。企業や業界、また目的によっても必要な言語は異なります。

そのため、初心者にとって、最初に学習するプログラミング言語の選択はとても重要です。言語によって大きく内容は異なるため、初めから難しいプログラミング言語を選んでしまうと挫折してしまう可能性も高くなります。

スクールごとに学べる言語は異なります。しかし、プロの意見を聞きながら自分にあった言語を選ぶことができるという点だけでも、プログラミングスクールに行く価値はあると言えます。自分にあったプログラミングスクールを選びましょう。

おすすめ勉強法

プログラミングを学ぶ上でおすすめな学習方法はプログラミングスクール(学校)に通うことです。

プログラミングスクール(学校)に通うことでより早く、最適な方法で学習することができます。また「モチベーションの維持に適していること」や「わからないことをすぐに聞ける環境」ということから挫折しにくいという利点もあります。

プログラミング初心者はこちらをチェック

勉強法比較!学校or独学

プログラミングの学習法はさまざまです。プログラミングスクールや学校に通わなくても基礎程度ならオンラインや本から学ぶことができます。

プログラミングの勉強方法を知りたい方はこちらをチェック

【PR】tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related