Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月09日

実際に仕事で活用できるプログラミング練習法

せっかくプログラミングの練習をするのであれば、仕事や趣味、副業に生かしたい方は多いのではないでしょうか。この記事ではプログラミングの習得に興味がある方のために、その練習方法や、違いやメリット、おすすめの方法をご紹介していきます。

最近、プログラミング技術を仕事で使いたいと考え、プログラミングを学び始める人が増え始めました。

プログラミングスクールも増えて来ていますが、色々なスクールがありどのスクールがいいのか選びきれないという声も見受けられます。

実際プログラミングスクールの通いたいと思っても、受講料は高額なのでスクール選びはかなり慎重になりますよね。

このページでは、プログラミングを習得してからの活かし方について、説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。

プログラミングを早く習得する方法

プログラミングを練習する上で、どうすれば早く上達できるか気になる人は多いのではないでしょうか。

まずは独学で気軽にはじめてみることをお勧めします。初心者向けの教材を使ってプログラミングの知識や基礎、常識を養いましょう。

プログラミングの教材本以外にもオンラインアプリやサービスを使い、無料で学習することもできます。オンラインで隙間時間にゲーム感覚でできるのでおすすめです。

オンラインプログラミング学習サイト・アプリケーションに興味のある方はこちらをチェックしてみましょう。

オンラインプログラミング学習に興味のある方はこちらのリンクもチェックしてみてください。

教材を活用する

まずは挑戦してみることが大事です。新しい知識をどんどん増やし、できることややり方を学びましょう。

初心者向けのプログラミング言語教材を使うことをおすすめします。参考書やオンライン教材、オンラインアプリケーションなどを活用すると良いでしょう。オンラインでは無料教材もあります。また、本の教材では、実践練習のできるものもあります。実践練習はプログラミング学習にはとても大切です。ぜひ活用してみましょう。

繰り返し練習をする

やり方がわかってもスムーズにプログラミングできなければ実際に仕事で活用できません。反復練習し、プログラミングに慣れましょう。また、反復練習をすることでプログラミングのコツがわかるということもあります。

映像や写真を見ながら行う

映像や写真を見ての練習も効率が良いためオススメです。文字だけで理解して練習するのが難しい、という方はYoutube やSNS に載っている作業写真や動画を活用しましょう。また、オンラインプログラミング学習アプリでは、わかりやすくスライドや動画で解説しているものは多いです。

誰かに教えてもらう

対面で教えてもらう場合は、疑問点をピンポイントで即質問することが可能です。このため、プログラミングスクールはとても効率よく練習ができる場だと考えられます。

スクールを選ぶ際には授業料だけではなく、実際に使用する教材やどのような人に教えてもらえるかも調べましょう。

プログラミングの練習方法

プログラミングの練習方法はプログラミングスクールで教えてもらいながらの練習や自分で練習する独学という選択肢があります。また、プログラミングスクールにはさまざまな種類のカリキュラムやサービスがあります。独学にも無料・有料のオンライン学習アプリや本教材などがあります。

プログラミングの練習方法はライフスタイルや目標・目的に沿った最適なものを選びましょう。また、さまざまな練習方法を使ってみても良いでしょう。

アプリでプログラミング練習

メリット

1. 説明や解説を同じ画面で見ながら練習できる
2.大事なところがわかりやすい
3.ゲーム感覚でできる

デメリット

1.実践で使えるようになるかは不透明
2.疑問やわからない時、解決に時間がかかる。

本でプログラミング練習

メリット

1.専門的な解説が載っている
2.初期投資額が少ない
3.初心者向けから上級者向けまでさまざまな教材がある

デメリット

1.読んで理解してから実際に練習を始めるので時間がかかる
2.プログラミングの学習環境を整えるのを一人で初めからやるのは大変

スクールでプログラミング練習

メリット

1.指導に特化しているので練習しやすいカリキュラムがある
2.指導者側に相談や質問ができる
3.学習モチベーションを高め合える仲間ができる
4.初心者向けのサポートが整っている
5.初心者が一人で準備するのは大変なプログラミング学習の環境を教えてもらえる

デメリット

1.お金がかかる
2.プレッシャーがかかる

おすすめはプログラミングスクール

初心者から短期間でプログラミングを習得したいと考えている方にはプログラミングスクールがおすすめです。仕事で活用できるレベルまで独学で学習するのは非常に困難です。

興味のある方はこちらのリンクからプログラミングスクール無料面談へお越しください。

プログラミング練習の目的

プログラミングを練習する目的は人それぞれです。どのような目的でプログラミングを学んでいるのでしょうか。ここでは、一般的なプログラミングを学ぶ目的を紹介します。

転職をしたい

エンジニアやプログラマーの需要は日々高まっています。労働条件、給与条件を改善したい方が、自分の志望する会社へ転職を目指し、プログラミングを始められることは非常に多いです。
また、フリーランスを目指されている方も多くいらっしゃいます。

エンジニアになりたい

エンジニアにもいろいろな種類があります。なりたい種類のエンジニアに合わせて目標を決めることが大切です。どのようなエンジニアを目指すかによって学ぶべきプログラミング言語も異なります。

仕事で営業をしたくない

営業に興味を持てず、専門的な知識を持って仕事ができるエンジニアに興味を持つ方もいます。まずはエンジニアについて調べ、それから習得するプログラミング言語を決めることをオススメします。コツコツと何かを作り上げることが好きな人には向いている職業です。

スタートアップの企業で活躍したい

スタートアップの企業で、専門的な能力を活かし、主力となって働きたいと考えている人もたくさんいらっしゃいます。スタートアップ企業にとって、プログラミング能力はとりわけ需要が高いです。

将来起業したい

将来企業をしたいという目的でプログラミングを練習している人は多いです。プログラミングスクールでWebサービスやアプリケーション開発を作り、学んだことを起業に結びつけるのも良いのではないでしょうか。

転職の幅を広げたい

エンジニアとして就職活動をすることもできるというのは強みではないでしょうか。実際に仕事で活躍できるレベルまで能力をあげましょう。

時間に縛られずリモートで働きたい

好きな時間や場所で自由に仕事をしたいと考えたことはないでしょうか。これから先、リモートワークという働き方はますます増えていくと見込まれています。プログラミング能力があると、そういった働き方への選択も大きく広がることでしょう。

副業をしたい

最近は、手軽な副業が広がっています。サイトやアプリの開発、アフィリエイトで稼いでる人もいらっしゃいます。

【PR】tech boostについて

「tech boost」は、エンジニアに特化したキャリアサービスを展開する「Branding Engineer」が運営する、これまでに無いプログラミング教育事業です。「shock the world」をコンセプトに、テクノロジーで世界を震撼させるような人財の輩出を目指しています。”業界初”のブロックチェーンコースをはじめ、AI、IoTなどといった先端技術、ならびにWeb開発の技術取得をサポートする学習コンテンツを提供しています。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related