Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月09日

簡単にコーディングが身につく勉強方法

コーディングの勉強方法をご紹介します。実際にコーディングを勉強する際に注意すべき点や、勉強を始めるときのポイントまで、この記事を読めば丸わかり!また、初心者でもコーディングを基礎から学べるおすすめのサイトもご紹介しております。

プログラミングを始めたけれど、コーディングを効率よく身に付けることはできないのか?と思っている人は多いのではないでしょうか。

コーディング技術はプログラマーになろうと思う人が一度は悩むポイントではないでしょうか。

人によって方法は違いますし、効率よく学ぶには人それぞれのやり方があり自分のやり方を見つけていくのがいいのですが、困った時には人の真似をしてみましょう。

このページでは、コーディングの簡単な身につけ方について、説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。

コーディングとは

コーディングとは、プログラミング言語を用いてプログラムのソースコードを記述することをさします。このデザインをもとに、HTMLやCSSといったマークアップ言語(コーディングをするための記述方法)で見出しやリンクを作り、制作したデザインをブラウザで見える形に作り上げていきます。

デザイナーはイラストレーターやフォトショップなどを使ってウェブサイトのデザインを作成するため、基本的にコーディングをすることはありません。ただ、需要の高まりにつれ、コーディングを行うデザイナーも増加傾向にあります。

何から始めればいいのか

コーディングの経験がない人は、まず何から始めるとよいのでしょうか?このコーディングの勉強には実際に手を動かす事が一番の勉強方法です。

・ドットインストール
・progate

この上記の2サイトとも、無料でコーディングの基礎を勉強することが可能です。上記以外にもコーディングを学べるインターネット上の無料サービスはありますので、自分に合ったものを探し選ぶとよいでしょう。どのサービスもそれなりの時間はかかりますが、基礎をしっかりと固められると今後の学習効率の効率が見込めます。

その他のコーディング勉強方法

コーディングの勉強方法は、無料サイトの他にも書籍やプログラミングスクールなど、数多く存在します。

以下ではコーディングのさらなる上達を目指す方向けに、勉強法と注意点をご紹介いたします。

コードを模写してみよう

上記のサイトなどで基礎知識を得たあとは、コードの模写をしてみましょう。プログラミングでは、実際に手を動かし、練習を積み、経験を重ねることが大切です。

しかし、最初に0からコーディングを行うことは難しいので、まずはすでにできているコードをひたすら模写しましょう。内容は無料サービスや書籍からのもので構わないのでとりあえず書いてみましょう。

また、自分が気に入ったウェブページのソースコードを表示し、レイアウトの模写をするのもとてもいい練習です。しかし、どこか1ページをそのまま模写するのではなく、模写したい一部のレイアウトだけの模写を積み重ねて作ってみましょう。

この場合、簡単なものは数分で終わるので、毎日継続的に練習することが可能です。ブラウザのGoogle Chromeでは開発者用のデベロッパーツールが用意されており、答えのコードも確認することができます。

目コピしてみよう

コードの模写に慣れたら、次はサイトを目コピして作ります。目コピとは、ページのHTMLやCSSを確認せずに、同じものを作る作業です。

今見ているウェブサイトのHTML、CSSの設計がどのようになっているのか自分の頭で考え、実際に組み立てていく作業は非常に良い訓練になります。

スクールに通う、知識がある人に教えてもらう

プログラミングスクールに通うのも一つの手でしょう。実際にメンター(講師)から直接教わることで効率的に勉強することができます。

またわからないことがあったらすぐに質問もできます。いつでも質問ができ回答を得ることができるというのは、コーディングやプログラミングを勉強する上で最も重要なことです。

プログラミングスクールならば、
・tech boost
・TECH::CAMP
・KENスクール
などがおすすめです。

また、コーディングやプログラミングに詳しい身近な人に教えてもらうのもいいでしょう。独学ではどうしても理解できない部分がでてきますし、ネットの検索で得られる情報には限界があります。

自分の学習方法やコーディングが不安な時は、ぜひ経験者の方に頼ってみましょう。

書籍を利用しよう

プログラミングやコーディングに関する書籍は、言語ごと多数出版されており、独学でコーディングの勉強を進められます。書籍の場合、初級者向け・中級者向け・上級者向けと習得レベルが大まかに分かれています。

自分のレベルに合わせてテキストを購入し学習に取り組みましょう。

しかし、初級者向けの書籍だと実践的なスキルが身につかず、中上級者向けは内容が難しく理解できない、ということが起こりやすいため、独学はあまりおすすめできません。

コーディングを勉強する際、注意すべきこと

よく、学校の延長線上でコードを「丸暗記」しようとする方がいます。しかし、コーディングに重要なのは、コードの意味を理解すること。

丸暗記やコピー&ペーストの多様などをすることなく、一つ一つ丁寧にコードを理解していくことを心がけ勉強しましょう。

また、最初のうちからコードを全部を覚えようとする必要はありません。経験者でも使わない、知らないコードは多数存在しますので、必要なもの・よく使うものに重点をおいてはじめは勉強していきましょう。

エラーがでたら自分ですぐに調べる

エラー発生時は原因をすぐに確認しましょう。この際、Qiitaなどのプログラマーのための情報共有サービスに解決策が載っている場合も多いのでとても便利です。

プログラミングは専門知識を必要とし、複雑な工程を経て制作物が完成します。問題が生じることは日常茶飯事なので、分からないことはすぐに調べ、問題解決能力を徐々に高めていきましょう。

細かいところも注意して見る

プログラミングやコーディングでは、一か所のスペルミスからバグが起こることもしばしばあります。そのため、コードの一文字一文字まで細心の注意を払い、ミスを見逃さないことが大切です。ミスの発見が早ければ事態の収拾、改善も早くなり効率化が進みます。

またチーム作業の場合は、自分のミスがチーム全体の作業に遅れを生む可能性があります。同じようなミスを防ぐためにもミスした部分を記録しておきましょう。

テストをしっかりとする

コードを記述した後は、ソースコードが正しく意図したとおりに動作するか確認が必要です。例えば、「Chromeでは想定通りのデザインだが、IEではボタンの位置がずれている」「Windows8ではうまく動作していたがWindows10だとアニメーションが動かない」「PCとスマートフォンでサイトタイトルのロゴが大きさが違う」など、ブラウザやOSが違うとデザインも異なってしまうことがあります。

サイトを利用するユーザーの閲覧環境にできるだけ対応したページを作ることもコーダーの仕事です。

ブラウザの違いによるレイアウトの崩れや、想定していなかった画面の表示などは特に起こりやすい問題です。そのため、端末やOSなど、さまざまな環境での動作テストを欠かさないようにしましょう。

コーディングはとにかく書くことが大事

コーディングは最初はとっつきにくいと思う方も多いですが、慣れてしまえば簡単です。

また、コーディングをいち早く上達するにはとにかく手を動かすことが大切です。大量に書籍を読み、プロの講師の講義を聞くよりも、実際にコーディングを行った方が早く上達することができます。

これからコーディングを勉強しようと考えている方、コーディングの勉強方法に困っている方はこの記事を参考に、まずはご自身でコーディングにふれてみましょう。

【PR】tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related