Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月09日

【初心者向け】初めてのプログラミング!初心者が勉強を始める前にすべきこと

プログラミング学習を始めたい方に、プログラミングを始める前にすべきことや勉強方法をご紹介します。「プログラミングとはなにか」から「プログラミングを就職や転職に活かすためには」までこれで丸わかり!将来転職を考えている方もぜひご参考にしてください。

プログラミングを初めて勉強する人にとって、まず何から手をつけていいかわからないという問題がでてきます。

プログラミングを学び始める前、始めた局後にまずは何をするべきなのか頭に入れておくことで知らない人よりも効率よくプログラミングを学ぶことができます。

プログラミングを学ぶ前に計画を立てておきましょう。

このページでは、プログラミングを始める前に知っておきたいことについて、説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。

プログラミング初心者が初めにやるべきこととは

IoTの普及などにより、今後ますますIT技術のニーズは高まっていくことでしょう。そのため、プログラミングの勉強をしてみたいと考える方も増えてきています。

しかし、初心者の方にとってプログラミングの学習はハードルが高く、何から始めたらいいかわかりません。今回は初心者の方向けの勉強法をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングとは

プログラミングとはソフトウェアの動作の順番を記述していくことです。要するに「コンピュータへ指示を書くこと」がプログラミングです。人間に指示を出す時は自分たちの使っている言葉を使用しますが、コンピューターに指示を与える時は、コンピューターが理解できる言葉(プログラミング言語)を使用する必要があります。

プログラミングをなぜ学ぶのか

初めてプログラミングを学ぼうとする人が最初にするべきポイントは「なぜプログラミングを学ぶのか」を明確にすることです。プログラミング初心者にとっては、モチベーションが全てといっても過言ではありません。目的を明確にすることで、プログラミングの習得率は格段にあがることでしょう。

プログラミングを学ぶことで得るメリット

インターネットの登場により、私達の生活には急速にITが普及しました。今や必ず1人1台はスマートフォンを持つ時代がやってきました。その社会を支えるのがITエンジニア・プログラマーであり、日々需要が高くなってきています。2020年には小学校でもプログラミング教育が導入されます。

教育にプログラミングが導入されるということは、大きなメリットがあるからに違いありません。そこで改めてプログラミングを学ぶメリットをご紹介していきましょう。

「問題解決能力」が身につく

プログラミング学習を通し、問題解決能力および論理的思考力が身につきます。また、マーケティングやデザインスキルの学習スピードも格段と上がり将来の幅が大きく広がります。

転職に役立つ

上記でも述べたとおり、現在プログラマーやITエンジニアの需要は日々高まっています。今後もスマホ・IoT社会の発展により、高い将来性を見込むことができます。

また、ビジネスサイドと開発サイドとのコミュニケーションをより円滑にできる人材となることから、就職や転職においてプログラミングを習得していることは大きなアピールポイントになりとても有利に働きます。

就活でのアピールポイントになる

就活生の場合、新卒採用のITエンジニア職は入社後研修がある企業も多く、さほど経験は問われ流ことはありません。

しかし、プログラミングスキルを入社前に身につけていれば、就職活動において大きな武器になるのみならず、即戦力として仕事に参加することも可能になってくるため身につけておいてそんはないでしょう。

インターン・アルバイトで経験が身につく

学生であればインターンやアルバイトで実務経験を身に着けることができます。普通のアルバイトより時給も高く、自分のスキルアップにも繋がるため一石二鳥です。

プログラミングは難しいのか

プログラミングに初めて触れる方には「プログラミングは情報系の専門学生や理系の大学生でなければ理解するのは難しい」と考える人も多いでしょう。

しかし、IT技術者の文系比率は、20代で約40%です。つまり、プログラミングは理系文系問わず誰でも習得可能な能力なのです。

プログラミング言語を知ろう

現在、最もニーズが高いプログラミング言語はJavaですが、世界にはなんと200種類以上のプログラミング言語があると言われています。プログラミング言語選びは、エンジニア人生を決める」と言われているくらい大切です。

しかし、いきなり選べと言われても何をどう選んだらよいかわかりませんよね。なので初心者の方がプログラミング言語を選ぶ際には「作りたいものから考える」とよいでしょう。

Webサイトを制作したい

WebサイトやHPを作りたい方は、HTML、CSS、JavaScriptを学習するのがおすすめです。HTML、CSSはWebサイトの見た目を作るためのプログラミング言語です。

プログラマー・ITエンジニアのほとんどが使用する技術ですので、マストで学習しましょう。JavaScriptはHTMLとCSSだけでは表現できない動的ページを作成できるため、インパクトのあるページ作りには欠かせません。

Webアプリを学びたい

SNSのようにログイン機能があるサービスや、お問い合わせフォームがあるサイトを作りたい方は、WebアプリケーションができるRuby on Rails、PHP、Pythonなどの言語がおすすめです。

PHPは、動的コンテンツの作成に使用される言語です。HTMLと構造がよく似ており、組み合わせて使用されることもあります。文法が分かりやすく、プログラミングの基礎を学ぶためにはぴったりの言語です。

またRuby on Railsは「Ruby」という言語のフレームワーク(一般的な機能を持つ共通コード)で、誰でも本格的なプログラミングを短時間でできるため、Webサービスを運営する企業で使用されるケースが増えています。

ゲームを開発したい方

ゲームを開発したい方は、C#とUnityを学習することをおすすめします。C#はゲーム開発で主流のプログラミング言語です。

しかし、初学者にはハードルが高く、学習には根気が必要です。Unityはプログラミング言語ではなくゲーム開発環境のことです。2Dゲーム、3Dゲーム、VRアプリケーションもUnityで開発することができます。

iOS・Androidアプリを学びたい人

iOS(iphoneなど)向けのアプリケーションを開発したい方はSwiftがおすすめです。2014年にできたばかりの言語であり、誰でも開発しやすいのが特徴です。一方、Android(GALAXYなど)向けのアプリケーションを開発したい方にはJavaがおすすめです。

JavaはアプリのみならずBtoBの大規模開発で使われることも多いプログラミング言語で、一度習得すれば仕事に困ることはありません。ただ、初心者には習得が難しいとされているため、アプリ開発以外での目的であれば、似たようなシステム開発ができるRubyをおすすめします。

開発環境を整えよう

学びたい言語が決まったら、プログラム言語を扱う開発環境を整えていきましょう。コードを書くのはWindowsのメモ帳でも可能ですが、通常はプログラミングに適したテキストエディターを使用します。

WindowsOSにおすすめのテキストエディタ

初心者におすすめするのが、WindowsOSならば「Notepad++」です。WindowsOSに標準装備されているエディタ「Notepad」に機能を追加し、使いやすくしたエディタです。無料でダウンロードすることができます。JavaScriptやCSS、PHPなど多くのプログラム言語の編集にも対応しており、動作が軽いというのが特徴です。

Macでおすすめのテキストエディタ

Macを使用している方なら「CotEditor」がおすすめです。動作が軽く、機能がシンプルなので初めての方にも使いやすいエディタです。HTMLのほかにJavaScriptやCSSなどの言語の編集ができますが、シンタックス定義というものを追加することで対応していない言語でも編集が可能になります。

そのほかにも「SublimeText」は多数の言語に対応しており、画面が見やすく機能も豊富です。Windows・Macともに使用できるエディタのためこちらもおすすめです。

プログラミングの勉強方法

プログラミングの学習環境が整ったら、いよいよ本格的にプログラミング学習を始めましょう。ここでは、初心者の方におすすめするプログラミング学習法をそれぞれのメリット・デメリットを踏まえて紹介していきます。

学習サイトを利用する

初心者の方が独学でプログラミング学習を始めたい場合は、プログラミングの学習サイトがおすすめです。学習サイトには無料教材が多くあり、手軽に学習を開始できます。映像やキーボードを使ったコンテンツで、基礎をしっかりと学べます。

・ドットインストール
・Progate
などのサイトが有名です。

しかし、あくまで基礎学習向けの教材のため、この学習で自分でサービスを作るスキルを手に入れるのは至難の技です。

書籍を利用する

プログラミングやコーディングに関する書籍は、言語ごとに多数出版されています。書籍を利用することで体系的に、またスキマ時間で学習を進められます。初級者向け・中級者向け・上級者向けと習得レベルが大まかに分かれているので、自分のレベルに合わせた書籍を買いましょう。

しかし、初級者向けでは実践的なスキルが身につかず、中上級者向けでは内容が難しく理解できないことが多いため、やはり独学はお勧め出来ません。

プログラミングスクールに通う

「プログラミングを仕事にしたい」という方に一番おすすめの方法は、プログラミングスクールへ通うことです。メンター(講師)の直接指導により、疑問点もすぐに質問でき、効率的に勉強することができます。

おすすめのプログラミングスクールは、
・tech boost
・TECH::CAMP
・KENスクール
などが挙げられます。
無料プログラミングスクールもあるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

プログラミングスキルをキャリアに活かすには

プログラミングスキルは誰でも身につけることができます。文系の方でも「ものづくりをしていくことが楽しい」「最新技術を身に着けていくのが楽しい」「複雑な問題を分解し、ひとつひとつ解決したい」「とにかくコードを書いているのが楽しい」と感じる人は職業としてお勧めです。

プログラマーやITエンジニアとしての仕事を得るためには「自分の作品でスキルをアピールすること」が重要です。企業側からプログラマー・ITエンジニアとしてのレベルを判断してもらう材料として「ポートフォリオ」があります。「GitHub」と呼ばれるITエンジニアサービスに公開した自らのコードが企業の採用担当者の目に止まり、採用につながることもあります。

プログラミングは継続が大事

いかがでしたでしょうか。今回はプログラミンングに初めて触れる方のために、プログラミングの説明、またその勉強法を紹介しました。最初はわかりにくとも、経験を積めば誰でも習得できる技術です。この記事がプログラミングを始めようとしている方の参考になれば幸いです。

【PR】tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related