Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

大学生はプログラミングを学ぶべき??

近年、プログラミングを習得しようとしている若者が増えています。特に大学生でプログラミングを始めようと考える人は多いのではないでしょうか。ここでは大学生がプログラミングを「どこで」「どのように」学習すべきかご紹介していきます。

現在、プログラミングを学びたい人は多くいます。

プログラミング修学社が増えている一方で、学習方法も増えて来ており、どの学習方法が自分に合っているのか迷ってしまう人も多くいます。

特にプログラミングスクールの受講料は高額なので、かなり慎重になりますよね。

このページでは、失敗しないプログラミングの学び方を徹底解説します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。


この記事の要約


  • プログラマーになるには
  • プログラミングが学べる大学や就職先
  • 需要の高いRuby・Python・ブロックチェーンが学べるTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

プログラマーになるには

プログラマーは実力主義の仕事であり、学歴はあまり関係ありません。なので、優れたプログラマーになりたい方は、ハイレベルな学習環境に身をおく必要があります。

プログラマーとして就職する場合、ほとんどの人のキャリアは大きく3つのタイプに分かれます。ここからは、「大卒」「高卒」「専門学校卒」の3つそれぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

プログラミングを大学生として学ぶ

メリット

深い知識や理論を学べる
大学ではプログラミングスクールやオンライン学習アプリでは学べない知識が得られます。広くプログラミングの知識を得るのに向いています。

新卒採用
大卒者は新卒採用というチャンスがあります。新卒採用は、転職やそれ以外の場合よりも比較的志望企業に入りやすい傾向があります。

また、新卒採用は経験値よりも将来性に重きを置いて採用してることが多く、研修でしっかりプログラミングを学べるというメリットがあります。

大卒以上の選考を受けられる
大学卒業してない人は受けることができない企業の選考を受けられるのがメリットの一つです。企業の幅も広いです。

選択肢が多い
万が一プログラミング習得に挫折しても、選択肢の多い大学時代ならば他業種への就職を目指せます。

自由な時間が多い
大学生は社会人に比べ自由な時間が多く、独学でプログラミング学習を進めることも可能です。インターンなどで実践的な経験を積めるのも大学生ならではです。最近ではオンラインでプログラミングを手軽に学べます。

スキルを高めたいという方はプログラミングスクールでの学習をおすすめします。自分の目的にあったプログラミング言語を最短で学べるというメリットがあります。

デメリット

大学の講義では実践練習をしない
大学の講義だけでプログラミングを実践レベルまで習得するのは難しいです。大学のような集団講義という学習環境がプログラミング学習に向いていないためです。マンツーマンで指導を受けられる環境でプログラミングの経験を積むことをおすすめします。

学費が高い
プログラミングを学ぶことだけが目的ならば、大学よりプログラミングスクールの方が圧倒的に費用が抑えられます。しかし、大卒資格が取得できることは多くのメリットがありますので、ご自身のキャリアプランを踏まえて大学進学を検討してください。

就職が高卒の人より遅い
プログラマーは実力主義の仕事です。4年間もプログラマーとしての経験の差ができます。

しかし、大学生でもインターンなどで経験を積むことは可能です。

プログラミングを高卒で学ぶ

メリット

プログラミングを早くから経験できる
大学生や専門学校生より早くから仕事の現場でプログラミングの経験ができるのがメリットです。人によっては高収入も期待でき、ヘッドハンティングなどで転職できる可能性もあります。

仕事をしながら学べる
働いてお金をもらいながらプログラミングを学習できます。スクールなどで高額の学習費用の掛かるスキルを習得できると考えるとお得です。

デメリット

採用基準
高卒を採用対象外としている企業もあります。
しかし実力主義のプログラマー界ではあまり関係ないのも事実です。

好きな言語を学べない?
就職先によっては自分が学びたい言語とは別の言語を使う可能性も高いです。自由に学ぶ時間も少ないので自分の学びたいプログラミング言語や作りたいものが決まっている人には向いていません。

プログラミングを専門学生として学ぶ

メリット

実践的能力を得られる
専門学校では大学とは違いプログラミングの実践的な技術を学べます。プログラマーとして活躍したいという決意がある人におすすめです。

就職支援がある
大学や高卒とは違いプログラマーに特化した就活支援があります。その専門学校特有の進路指導ノウハウを使うことができるのもメリットの一つです。

資格習得できる
プログラミングに特化した学校は、就職活動に役立つ資格を取得することができます。

プログラマーになるために必要な資格は特にありませんが、就職活動の際に自らの保持する技術や技能の証明できるのは強みです。

デメリット

他の職業への転職
その他の職業への転職が難しくなります。大学への編入が可能な専門学校ならば、就職活動の幅は多少広がるでしょう。

実践能力
専門学校では大学より実践技術を身につけられるようなカリキュラムが組まれていますが、就職してから即戦力になれるとは限りません。実際に仕事で使ってみるのと学ぶのでは大きく違います。

プログラマーの仕事内容

プログラマーとしての主な仕事は設計書に基づいてプログラムを作成することです。さらに、バグの点検することも仕事の一つです。基本はシステムエンジニアがシステムの設計書をつくり管理します。

コツコツと集中して仕事をするのが好きな人に向いている仕事です。最新技術を学び続けたいという人にもおすすめです。

プログラミング学べる大学選ぶ基準

基本的には理工学部や情報学部の大学でプログラミングを学ぶことができます。学部の中でも様々な学科に分かれてます。大学によって学科名は違いますが、「情報科学科」など情報○○という学科名が多いです。

大学生はプログラマーの資格をとるべき?

プログラマーになるためには特に必要な資格はありません。基本的には企業での研修を受け後にプログラマーとして働き始めるのが普通です。

文系の大学生でもプログラマーとして就職する人は多いです。社内研修が充実している企業がたくさんあります。

プログラマー関連の資格では、経済産業省認定の情報処理技術者試験などがあります。プログラミングができるという証明になる『C言語プログラミング能力検定試験』や『PHP技術者認定試験』などもあります。

プログラマーの就職先

就職先の多くはメーカーや情報処理サービス、ソフトウェア開発会社です。ですが、一般企業でエンジニアとして働いている人もいます。フレックスタイム制を採用している職場も多いです。

プログラマーの将来性 大学生必見

プログラマーの将来性が気になる方は多いのではないでしょうか。
現状ではプログラマーの需要は日々高まっていると言えます。

詳しくはこちらの記事をチェック

【PR】tech boostについて

「tech boost」は、エンジニアに特化したキャリアサービスを展開する「Branding Engineer」が運営する、これまでに無いプログラミング教育事業です。「shock the world」をコンセプトに、テクノロジーで世界を震撼させるような人財の輩出を目指しています。”業界初”のブロックチェーンコースをはじめ、AI、IoTなどといった先端技術、ならびにWeb開発の技術取得をサポートする学習コンテンツを提供しています。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related