Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

【初めての方必見】プログラミングを始める前に知っておくべきこととは?

近年、IT社会の急激な成長によってIT知識の重要性が高まりつつあります。プログラミングの習得を目指す方も多いことでしょう。今回はそのような方向けにプログラミング学習の前に知っておくべきことをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

プログラミングを始めたいと思った時に、まず知っておいたほうがいいことがあることはご存知ですか?

プログラミングを学ぶ人が増えてきていて、このスタートの時点でどれだけ方向性が決められるのかがとても大切なことになってきます。

プログラミングスクールの通いたいと思っても、受講料は高額なのである程度の知識とゴールが明確になっていることが大切です。

このページでは、プログラミングを始める前に知っておきたいことについて、説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。

プログラミングを学ぶ前に

プログラミング初心者の中には、学習を始めるにあたって「まず何から始めればいいかわからない」と思う方が多いことでしょう。そこで今回は、プログラミング学習を始める前に知っておくべきことをご紹介いたします。

プログラミングについて知る

プログラミングとは、コンピュータがするべき仕事の手順や内容が書いてある文章(プログラム)を指示書にして書き出す作業のことを言います。人間に指示を与えるときは人間の言葉を使用するように、コンピューターに指示を与える時は、コンピューターが理解できる言葉「プログラミング言語」を使用する必要があるためです。

プログラミングの役割は、作業の高速処理や自動処理です。コンピュータは人間の思考速度や範囲を遥かに超える性能を持っているので、人間では到底不可能な仕事をしてもらうことができます。

例えば、FacebookやTwitterでは膨大な数のユーザーの登録管理・投稿の管理・投稿にいいねをつけるというような作業をすべて人間の手で行うことは不可能です。コンピュータにそれらの処理を行わせるために指示を出すのがプログラミングの役割と言えます。

プログラミングを学習する理由を明確にする

プログラミングにおいて一番重要なのがモチベーションの維持です。プログラミング学習はそのほとんどがエラーとの戦いであり、何度も試行錯誤を繰り返す根気強さが必要です。事実プログラミングに挫折してしまう方はこのエラーとの戦いで心が折れてしまいます。

そこで必要になってくるのが、目標をしっかりと明確にすることです。「プログラミングを通して自分が何をしたいのか」を確認することで、プログラミング学習のモチベーションの維持につながり、学習効率も格段に上がります。プログラミングを始める前に必ず目標を決めておきましょう。

プログラミングを学ぶメリットを知っておく

プログラミングを学ぶことで得られるものを知っておくことも、モチベーションの向上につながります。では、プログラミングを学ぶことで得られるメリットとは何なのでしょうか。

就職・転職に活用できる

IT社会の急速な成長によりプログラマーやITエンジニアの需要が増えてきています。またスマホの普及・IoT社会の発展によりプログラマーやITエンジニアは将来性の高い職業と言えます。プログラミングスキルを身につけておくことで就職や転職に強くなるでしょう。

さらに企業によってはプログラミングを理解している人材は、ビジネスサイドと開発サイドとのコミュニケーションを円滑にできるため、大きなアピールポイントとなります。

「問題解決能力」が身につく

これはIT企業に限らずどんな仕事でも共通して必要になってくることですが、プログラミングを学習することによって、問題の原因などを考えて論理的に問題の解決をする能力が身につきます。またマーケティングやデザインスキルの基礎を構築でき、将来、どこに行っても通用するスキルを修得することができます。

学ぶ言語を決めよう

作りたいものが決まったら、次は学ぶ言語を決めましょう。世の中には200種類以上のプログラミング言語がありますが、作るものによって使われる言語も異なってきます。目標に合った言語を知ることで、効率的に勉強を進めることができます。

Webサイトを制作したい

WebサイトやHPを作りたい方は、HTML、CSS、JavaScriptを学習するのがおすすめです。HTML、CSSはWebサイトの見た目を作るためのプログラミング言語です。プログラマー・ITエンジニアのほとんどが使用する技術ですので、Webサイトを制作したい方はマストで学習しましょう。

JavaScriptはHTMLとCSSだけでは表現できない動的ページを作成できるため、インパクトのあるページ作りには欠かせない言語です。

アプリケーションを制作したい

SNSのようにログイン機能があるサービスや、お問い合わせフォームがあるサイトを作りたい方はWebアプリケーションができるRuby on Rails、PHP、Pythonなどの言語がおすすめです。PHPは、動的コンテンツの作成に使用される言語です。

HTMLとは構造がよく似ており、組み合わせて使用されることもあります。文法が分かりやすく、プログラミングの基礎を学ぶための言語にはぴったりです。

またRuby on Railsは「Ruby」という言語のフレームワーク(一般的な機能を持つ共通コード)で、これを使いこなせれば誰でも本格的なプログラミングを短い時間で行いやすくなるため、Webサービスを運営する企業で使用されるケースが増えています。

ゲームを制作したい

ゲームを開発したい方は、C#とUnityを学習することをおすすめします。C#はゲーム開発で主流のプログラミング言語です。しかし、プログラミング初心者にはハードルが高い難しい言語なので、学習には根気が必要です。

Unityはプログラミング言語ではなくゲーム開発環境のことです。2Dゲーム、3Dゲーム、VRアプリケーションもUnityで開発することができます。

言語選びに迷ったときは

プログラミング初心者の方で「作りたいものがわからない」と悩んでいる方も少なくないでしょう。

そんな方には、「汎用性が高い言語」「習得が比較的に簡単な言語」「スマホではなくwebアプリが開発できる言語」をポイントに選んでみましょう。「Ruby」「PHP」「Python」などがおすすめです。

プログラミングの開発環境を整えよう

学びたい言語が決まったら、次にプログラム言語を扱う開発環境を整えていきましょう。Windowsのメモ帳でもプログラミング用のコードを書くことはできますが、通常はプログラミングに適した「テキストエディタ」というソフトを使用してコードを書いていきます。

またテキストエディタの中にも文章を書くためのものやプログラムを作成するためのもの、MacOSでしか動かないもの、逆にWindowsOSでしか動かないものなど数多く存在します。それぞれの目的に合ったエディタを使用するとよいでしょう。

プログラミングの学習方法

作りたいものが決まって、開発環境まで構築することができたら実際に学習していきましょう。しかし、プログラミングの勉強って何をどうすればいいのでしょうか。ここでは、おすすめのプログラミング学習法をご紹介いたします。

プログラミング学習サイトを利用する

プログラミング初心者におすすめしたい最初の学習法は、プログラミングの基礎が無料で学べるプログラミングの学習サイトを利用することです。

学習サイトには無料の教材が豊富にあり、映像やイラストなど視覚的に学習ができるものが多いので効率よくプログラミングが学べます。また実際に手を動かして作業することができるので上達の速さにも期待することができます。

書籍を利用する

プログラミングやコーディングに関する書籍は多数出版されており、書籍を利用することで体系的に学習することができます。書籍の場合、初級者向け・中級者向け・上級者向けと習得レベルが大まかに分かれていることがおおいので、自分のレベルに合わせた書籍を買って進めることができます。

また隙間時間を活用して勉強することができるので、忙しい社会人の方にもおすすめです。しかし、わからないところをすぐに人に聞くことが難しいため、問題解決に時間がかかってしまう可能性があります。

プログラミングスクールに通う

将来的にプログラミングを仕事にしたいと考えている方に最もおすすめするのが、プログラミングを学べるスクールへの通うことです。メンター(講師)から直接教わることで効率的に学習でき、疑問点もすぐに質問できます。

プログラミングスキルだけではなく、IT企業への転職や就職までを支援しているスクールもあるので興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

効率よく学習するうえでの注意点

プログラミング学習は途中で挫折してしまう人が多くいます。間違った勉強法で学習効率を下げてしまい、モチベーションの低下にもつながってしまうケースが大半です。ではプログラミング学習をする上で気を付けなければならないこととは何なのでしょうか。

丸暗記をしない

よく、学校の延長線上でコードを「丸暗記」しようとする方がいます。しかし、コーディングに重要なのは、コードの意味を理解すること。丸暗記やコピー&ペーストの多様などをすることなく、一つ一つ丁寧にコードを理解していくことを心がけましょう。

また、最初のうちからコードを全部を覚えようとする必要はありません。経験者でも使わない、知らないコードは多数存在しますので、必要なもの・よく使うものに重点をおいてはじめは勉強しましょう。

エラーが出たらすぐに調べる

エラー発生時は原因をすぐに確認しましょう。この際、Qiitaなどのプログラマーのための情報共有サービスに解決策が載っている場合も多いので、大変便利です。

プログラミングは専門知識を必要とし、複雑な工程を経て制作物が完成します。問題が生じることは日常茶飯事です。だからこそ分からないことはすぐに調べ、問題解決能力を徐々に高めていきましょう。

自分のレベルに合った学習をする

 プログラミングはいきなり難しい言語を覚えようとしても身につきません。なので、まずはプログラミングの基礎を学べる教材で、慣れてきたら徐々にレベルを上げて学習を進めましょう。

プログラミング学習は自分に合ったものを選ぼう

いかがでしたでしょうか。プログラミング初心者がプログラミングを学習する前に学習する前に知っておきたいことをまとめてみました。プログラミング学習に大切なのは「自分に合ったものを選ぶ」ことです。自分の作りたいものを明確にしたうえで、自分のレベルに合った学習方法を選びましょう。

【PR】tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』の学習が可能。プロのキャリアアドバイザーから就業支援も受けられます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related