Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

プログラミング言語「c#」とは!?概要や勉強方法を徹底解説!

プログラミング言語「c#」とは一体どのような言語なのでしょうか。今回は「c#」の特徴や勉強方法などについて書いていきます。数多くあるプログラミング言語の中から何を選べば良いのか迷っている人や、プログラミング未経験の方などは特に必見です。

プログラミング言語c# とは

c# とはプログラミング言語の一つであり、マイクロソフト社が開発しました。15年以上の歴史があり、長年幅広い分野で使われてきた言語の一つです。

c# の特徴の一つに、コンパイラ言語というものがあります。基本的に人間が書いたコードは、実行する際コンピュータが理解できるように機械語に変換されて動作します。実行がスムーズに行くように、なるべく機械語に近い書き方をする言語をコンパイラ言語と言います。c# もそのコンパイラ言語の一つです。

さらに「.NET Framework」というc# を扱う時に必要なフレームワークがあります。このフレームワークを使うことで、自分で書いたコードがソフトウェア上で簡単に動作します。

c# のメリット

c# のメリットはいくつかありますが、一つはVisual Studioという開発環境があることです。Visual Studioは、コードを入力候補から選んで入力することができるので、プログラミングにありがちな細かい入力ミスを簡単に防ぐことができます。

またマイクロソフト社が作ったこともあり、Windows上で動くことを想定して作られています。以前はMac上では動かなかったc# ですが、今はVisual Studioをダウンロードすることができるようになったので、Macユーザーでも安心です。

c# は業務系やゲーム、webアプリケーションなど幅広い分野で使われています。c# を勉強すればわざわざ他の言語を勉強する必要がないこともメリットと言えるでしょう。

c言語、c++との違い

c# と似た言語「c言語」と「c++」があります。もともとc言語があり、そこからc++,c# の順番で開発されています。
c# と2つの言語は基本的に違う言語ですが、似ている部分もあります。イメージとして「c++をより書きやすくしてjavaという言語の良いところも含めた言語」という風に考えれば良いでしょう。c言語やc++ よりシンプルにコードを書くことが可能なので、初心者でもわかりやすい言語です。
ただc# はc言語やc++との互換性はないので、一緒に使えないということに注意が必要です。

c# の勉強方法

次に、c# の勉強方法を見ていきましょう。プログラミングの勉強には色々なやり方があり、主に書籍、サイト学習、プログラミングスクールなどが挙げられます。どの学習方法にもメリット・デメリットはあります。
書籍やサイト学習は金銭面的に有利な一方で、ほぼ独学状態になりがちなので大変です。プログラミングスクールはお金はかかるものの、受講者のサポートがあったりするので躓きにくくなっています。
次からはc# についてそれぞれのおすすめをご紹介していきます。

書籍

最初の勉強方法は書籍です。世の中にはたくさんの技術書があり、プログラミング初心者の方はどの本を選べば良いのかわからなくなることでしょう。そのため今回は初心者がc# を勉強する時にオススメの3種類の書籍を紹介します。

Unityではじめるc# 基礎編

1冊目は「Unityではじめるc# 基礎編」です。この本は、Unityというゲームの開発ツールを使いながら勉強する本です。c# を使いながらゲームを作っていくので非常に面白い内容になっています。1冊読み終った時には、ゲームアプリが2つ完成します。

c# の基本的なことはもちろん、Unityのインストールの仕方や図を用いたわかりやすい解説なども書かれているので、初心者でも十分学びやすいです。プログラミングを学ぶ目的は人それぞれですが、ゲームに少しでも興味がある人はチェックしてみてください。

独習 c# (新版)

続いての本は「独習c# (新版)」です。独習シリーズは他のプログラミング言語もあり、c# では新版が現在での最新の本になります。

この本は、解説 -> 例題 -> 理解度チェックという3段階の方法で勉強していきます。この方法でc# の概念や機能、文法などを網羅できるようになっています。
さらに600ページ以上ある内容となっているので、今後わからないことが出てきてもこの本を読めば解決することも十分ありえます。それくらい内容の多い本なので、1冊あると非常に心強いです。

c# の絵本(第2版)

最後に紹介するのは「c# の絵本(第2版)」という本です。この本は、絵を使って初心者によりわかりやすく書かれています。プログラミングを全くやったことない人向けでもあり、他の2冊より親切な内容となっています。
絵を使うことでプログラミングの難しいイメージを無くしてくれるのがこの本の特徴です。ひたすら文字だけが並んでいる本より、最初にこの本から読んでc# について勉強するのも一つの手でしょう。

サイト学習

次はサイト学習についてです。インターネットが普及した今の時代では、webサイトを使った学習が増えてきています。c# をwebサイトで勉強する際におすすめのサイトをいくつかご紹介します。

ドットインストール

まず一つ目は「ドットインストール」です。このサイトは動画コンテンツで、動画を見ながら勉強できるようになっています。1本の動画の時間は約3分です。なので空いている時間でも、簡単に勉強することができます。動画なので、実際に動作している映像が見られるのもメリットの一つです。

ドットインストールには他にもJavaScript、PHP、Rubyなど色々なプログラミング言語の動画もあるので、幅広く学習することも可能です。

マイクロソフトバーチャルアカデミー

「マイクロソフトバーチャルアカデミー」は、マイクロソフトが運営する公式eラーニングサービスです。公式サイトなだけあり、初心者向けから経験者向けまで幅広い講義を受けることができます。英語のコンテンツが多いですが、日本語で視聴できるものもたくさんあるので安心ですし、無料なのでいくらでも勉強することが可能です。

他のプログラミングサイトと迷っているのであれば、まずはこの公式サイトから見てみるのが良いでしょう。

一週間で身につくc# 言語の基本

「一週間で身につくc# 言語の基本」はc# を一週間で体系的に勉強できるサイトです。基本編と発展編がそれぞれ0日目から7日目まであり、日程に対応した練習問題も用意されているので、勉強した内容をさらに理解を深めることができます。
プログラミングの勉強でつまずきやすい開発環境のことも書いてあるので、特に初心者に優しいサイトです。一週間というコンセプトですが、一つの項目自体がそこまで多くないので、早い人は一週間もかからず一周することもできます。

プログラミングスクール

最後はプログラミングスクールです。スクールは書籍やサイトと違って、エキスパートの講師に直接プログラミングを教えてもらえます。一人で勉強するのが不安な人やどうしてもエラーが解決できないという人などはチェックしておくべきでしょう。

プログラミングスクールといっても色んな種類のスクールがあり、それぞれの特徴も違ってきます。その中でもc# を勉強するのに最適なプログラミングスクールをご紹介します。

日本プログラミングスクール(NPS)

NPSというプログラミングスクールは、自分の生活に適した環境で勉強することができます。3つのコース「通学・通信学習・宿泊」があり、遠方の方でも利用することが可能です。扱っている言語はc# 以外に、c言語、Java、PHPなどがあり、それぞれオリジナルのテキストで勉強できます。

またソフトウェア業界の就職や転職に強く、未経験からエンジニアになる人も数多く排出しています。1998年にスタートという歴史もあり、安心して通うことができるでしょう。

TECH ACADEMY

「TECH ACADEMY」はオンラインでカリキュラムを受講するタイプのプログラミングスクールです。このスクールの特徴は、週に二回、マンツーマンでメンターと面談できる「パーソナルメンター制度」があることです。独学でやっている人には解決できない悩みや不安を、プロの講師に相談することができます。難しい箇所もスムーズに解決でき、勉強の効率も格段に上がります。
また自分の勉強目的に合わせたコースを選ぶことができることも特徴の一つです。たくさんの言語を扱っており、基本的なアプリ開発からAIやブロックチェーンなどの最新技術のコースも用意されています。
プログラミングスクールを検討されている方は、まず一度チェックしておくべきスクールでしょう。

c# の基本的な書き方

次は、文字の出力や簡単な計算をc# で書いていきましょう。プログラミングで文字を書いたり計算をすることは基本中の基本で、どの言語でもほぼ最初に勉強していきます。c# をこれから勉強しようと考えている人はぜひチェックして見てください。

文字の出力

まず文字の出力です。どの言語でもまず最初に勉強する項目の一つです。文字が書けなければプログラミングはできません。なのでしっかり学習する必要があります。
c# で文字を出力するには、

 Console.Write("文字"); 

で出力できます。文字の部分が出力されるので、「こんにちは」と書きたいのであれば、
 Console.Write("こんにちは"); 

と入力します。非常に簡単ですが、文字を囲む際の「””」を忘れたり、文末の「;」を忘れるとエラーが出るので注意してください。
また数字を出力するときは、
 Console.Write(12345); 

と書き、「""」で囲まないというルールもあります。こういった細かいルールを一つずつ勉強していくことがプログラミングでは非常に大事です。

数字の計算

数字の計算もConsole.Writeでできますが少し書き方が異なります。
「6+8=14」をc# で出力したい時は、

Console.Write("{0} + {1} = {2}", 6, 8, 6 + 8);

と書きます。これは、{0}に6が、{1}に8が、{2}に6+8の計算結果(つまり14)がそれぞれ代入され、最終的に”{0} + {1} = {2}”という計算式が出力されるという仕組みです。一見難しそうに見えますが、慣れてしまえば簡単です。仕組みさえ理解してしまえば、長い計算もできるようになるのでぜひチャレンジして見てください。

【PR】プログラミングをやるなら‘tech boost‘

プログラミング言語「c#」とは!?概要や勉強方法を徹底解説!

「tech boost」は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。オーダーメイド型の学習コンテンツを提供しており、最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学ぶことができます。
現在c# に関するカリキュラムはありませんが、無料個別相談をいつでもやっています。何かプログラミングに関する悩みがある人は、気軽に相談してみましょう。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related