Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

【初心者必見】プログラミングに必要な知識とは?

プログラミング初心者の中には「プログラミング学習が続かない」「そもそも始め方がわからない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、プログラミングを学ぶにあたって、学習を始める前に身につけておく知識をご紹介いたします。

プログラミングとは

IT技術の普及により、生活の中でもITの技術の進化を感じられるようになりましたが、そんな中、「プログラミング」という言葉をよく耳にするようになりました。「自分はプログラミングとは無関係」と思っていても、仕事でエンジニアと関わる機会も増えてくる可能性もありますし、また、これからエンジニアを目指す方においてもプログラミングについて深く理解しておく必要があります。今回はまず「プログラミングとは」から解説していきます。

機械の言葉で命令を与えること

そもそも「プログラミング」とは、コンピュータにして欲しい処理を指示する作業のことを言います。例えば、人間に指示をする場合は当然人間の言葉を使いますが、コンピュータに指示を与える時にはコンピュータの言葉を使う必要があります。そのコンピュータの言葉を「プログラミング言語」と言います。

プログラミングに必要な知識

これからエンジニアを目指そうとしている方で、プログラミングの知識が全くない人は「何から始めればいいのか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

プログラミング学習を始めるには事前に準備しておくことや知っておくべき知識があります。そこで今回は、プログラミングに必要な知識についてご紹介していきます。

プログラミングで作れるものを知る

プログラミングを行う際に使われる「プログラミング言語」には、約200以上もの種類が存在し、それぞれの言語で作れるものと作れないものが存在します。適当に言語を勉強して後から「作りたいものが作れない」となってしまってはもったいないです。

なのでプログラミング学習を始める際には、まず作りたいものを明確にしてから、それに沿ったプログラミング言語を選んで学びましょう。

おすすめのプログラミング言語

「作りたいものはあるけど言語の習得が難しい」「そもそも作りたいものが分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、プログラミング初心者にもオススメのプログラミング言語をご紹介いたしますので、ぜひ参考に各プログラミング言語の知識を身につけておきましょう。

1 Ruby

Rubyは、webアプリケーションの開発によく使われる人気のプログラミング言語です。その特徴はシンプルなコードを書ける点で、プログラミング初心者にも学習しやすいです。その使いやすさから企業でのサービス開発にも多く使われており、需要のある言語として多くの初心者が学んでいます。最初にRubyから始めて、プログラミングの基礎知識を身につけておくのも良いでしょう。

2 Java

Javaは、Google三大言語のひとつで、さまざまな分野の開発に用いられているプログラミング言語です。プログラミング初心者には少し難易度が高いですが、Javaの知識をつけておくことで応用を効かせることができます。

また、androidアプリはJavaを使われていることが多いので、アプリケーションの開発をしたい人はJavaを習得しておきましょう。

3 PHP

PHPはRuby同様、webアプリケーションの開発によく使われるプログラミング言語です。「facebook」や「ぐるなび」などの有名なサイトもPHPを使って制作している実績もあるため、PHPの知識を身につけることができればエンジニアとして十分に活躍することができます。

プログラミングに必要なツール

プログラミングを行う際に大切なことは「どれだけ効率的にプログラミングができるか」重要になってきます。プログラミングを効率化するツールはさまざまで、自分にあったツールを選ぶ必要があります。

また、エンジニアの中には自分でツールを開発してしまう方もいるほど、プログラミングツールはエンジニアにとって必要不可欠なものと言えます。

1 エディタや統合開発環境

「テキストエディタ」とは、プログラミングのコードを書くためのメモ帳のようなものです。windowsやMacにもデフォルトでテキストエディタはインストールされていますが、プログラミング用のものには、開発を行う上で便利な自動変換や検索機能などが豊富に搭載されています。プログラミングを始める際には、必ずプログラミング用のテキストエディタを用意しておきましょう。

2 データベース

データベースは、システム開発のデータを保管したり簡単に引き出せたりする倉庫のことを言います。データベース内のデータは複数人で共有することができるので、個人ではもちろん、チームでの開発を行う際には必要不可欠なツールです。ですので、企業でのエンジニアを目指す際は、データベースの知識をマストで身につけておきましょう。

3 Webサーバー

Webサーバーとは、普段私たちがインターネットやサイト利用する際に、求める情報とサービスを提供してくれる物を言います。web開発をするエンジニアは最低限webサーバーなどのインターネット知識を覚えておきましょう。

プログラミング知識を身につけるためのポイント

プログラミングは文系の未経験の方でも、十分に身につけられるスキルです。また効率よく習得するためには、プログラミングの学習の準備や手順をしっかりと踏まえていく必要があります。

次にプログラミング学習のポイントについて解説していくので、プログラミング知識と合わせてぜひ学習ポイントを押さえておきましょう。

1 目的を明確にする

先ほども言いましたが、プログラミング言語は200種類以上の数があり、効率的にプログラミングの学習をしたいのであれば先に自分が作りたいものを決めておく必要があります。

また、自分が作りたいものだけではなく、「プログラミングを学んで何がしたいのか」という目標を明確にしておくことで、学習を続けるにあたってのモチベーションを保つことができます。

2 エラーが出たらすぐ調べる

プログラミングにはエラーやバグがつきものです。不具合が生じた場合は自分でその原因を調べなければなりません。特に独学者であれば、学習をサポートをしてくれる専門知識を持った講師がいないので不具合の原因を調べることなくそのまま放置してしまうケースも少なくありません。プログラミングは一つのミスで全体に影響を及ぼしてまう可能性があるので、エラーがでた際にすぐに原因を突き止められる「調べる力」が重要になってきます。

3 コミュニティや仲間を作る

上記のように、プログラミング独学者の場合ひとつのエラーでそのまま行き詰ってしまうことが多いです。そんな時に、同じようにプログラミングを学習している仲間や現エンジニア同士のコミュニティを築いておくと、質問や知識の共有ができ、エンジニアにとって必要なスキルである「コミュニケーション能力」も培うことができます。独学でプログラミングをする際はなるべくこういったコミュニティに参加することをオススメします。

独学でのプログラミング知識の付け方

では、エンジニアとして活躍するためのプログラミング学習方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、プログラミング未経験者、または社会人の方でも知識を身につけやすい方法をご紹介いたします。

プログラミング学習サイト

IT社会の拡大によって、プログラミングの知識を身につけることができる学習サイトは世の中に数多く存在します。サイトを利用するメリットとしては、「視覚的に楽しみながらプログラミング学習ができる」「インターネット環境があれば場所や時間を選ばずに学習を行える」といった点があります。一方で、学習サイトだけの学習だと実務レベルの知識が身につきずらいため、プログラミング学習の入り口として最適な学習方法だと言えます。

プログラミング書籍

プログラミング書籍での学習方法は、プログラミング未経験者から現エンジニアの方まで、幅広い層に有効な学習方法です。本さえあれば場所選ばずに学習ができますし、プログラミングの知識だけではなく「教養としてのプログラミング」を学ぶことができます。ただし、プログラミング未経験者だと専門的な用語などの不明な点があった場合にすぐ解決をすることができないため、自分のプログラミングスキルをさらに掘り下げる際にオススメの学習方法と言えます。

確実にプログラミング知識を身につける方法

ここまで、独学でのプログラミングの知識が身につけられる方法をご紹介しましたが、実際独学者の約9割が途中で挫折をしてしまっているという現状があります。それは、学習の仕方と学習のサポートをしてくれる人がいないなど、さまざまな要因が挙げられます。

では未経験者でも確実にエンジニアになれるプログラミング学習法はないのでしょうか。

プログラミングスクールに通う

プログラミング学習でもっともオススメするのは「プログラミングスクールに通うこと」です。現エンジニアなどの専門的な知識を持った講師陣によるサポートで未経験者でも確実にスキルを身につけることができますし、スクールによっては卒業後のキャリア支援を行なってくれるところもあるので、安心して学習に励むことができます。多少費用がかかりますが、今後のキャリアを考えたらそれほど痛い出費ではありません。

本気でエンジニアを目指すのであれば、ぜひプログラミングスクールに通うことをオススメします。

プログラミングに向いている人

プログラミング未経験者の中には「文系出身だからエンジニアにはなれない」「数学が得意でないから学習が難しそう」などの不安を抱いている方が少なからずいるのではないだろうか。

結論から言うと、文系の未経験者でも十分にエンジニアになることができます。というのも、エンジニアにはプログラミングの知識の他、さまざまな能力を求められる職業です。逆に言えば、その能力が備わっていれば誰でもエンジニアになれるチャンスがあるのです。

では、エンジニア求められる能力とはなんなのでしょうか。次にエンジニアとして向いている人の特徴をご紹介いたします。

面倒くさがりの人

プログラミング作業において最も大切なのが「いかに効率的にプログラミングができるか」です。簡単に書けるプログラミング言語があれば、ミスが少なく安定したプログラミングができますし、それだけ制作スピードをあげることもできます。エンジニアの中には作業の効率化を図るために自分で便利なツールを作ってしまう方もいます。エンジニアはそういった作業の手間を省きたい面倒臭がりな人はど向いていると言っていいでしょう。

合理的な考えが好きな人

プログラミングには合理的、論理的思考が求められます。意図した動作をコンピュータにさせるには、どういう指示を与えればいいのかを的確に判断し、どのような作業をすればいいのかを考る必要があります。このように合理的な判断、思考ができる人はエンジニアとしての能力も高いと言えます。

探求心のある人

常日頃拡大し続けるIT社会において、IT技術の最新情報を収集する能力は、エンジニアにとって必要不可欠と言えます。流行の移り変わりが激しい現代で、新しい技術を活用したサービスを作ることができれば、注目が集まりエンジニアとしてスキルも格段に上がることでしょう。

【PR】おすすめの学習方法はスクールに通うこと

ここまで、プログラミングを行うにあたって知っておくべき知識についてご紹介してきましたが、前述した通りプログラミングスキルを確実に身につけるのならプログラミングスクールの通うの良いでしょう。都内であれば多数のスクールが展開しているので迷われている方は一度無料カウンセリングを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめは”tech boost”

【初心者必見】プログラミングに必要な知識とは?

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related