Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月13日

初心者必見!javascriptの学び方

数あるプログラミング言語の中でも、webサイトに動きをつけることができるプログラミング言語javascriptの学び方について、javascriptエンジニアの需要や年収を交えてご紹介していきます。プログラミング初心者の方は是非参考にしてみてください。

javascriptとは?

javascriptとは、webサイトやwebアプリケーションの開発によく使われるプログラミング言語で、web開発を行うエンジニアだったら誰もが学ぶほどの人気があります。

また、プログラミング言語で「Java」というものがありますが、語呂が似ているもののjavascriptとは全くの別物で、使われる用途や書き方まで異なるので、特にプログラミング初心者は同一に捉えてしまわないように注意が必要です。

javascriptでできること

javascriptは主に、WebサイトやWebアプリ・サービスなどを開発する際によく利用されています。webサイトやサービスは「InternetExproler」や「GoogleChrome」といったクライアント側と、表には出ない情報を処理するサーバー側に分かれており、javascriptではどちら側でも利用することができます。

ちなみに、クライアントサイドではHTML/CSS、サーバーサイドではPHPやJava、Ruby、Pythonなどのプログラミング言語がよく使われています。

javascriptを使うメリット

では、他にも人気のあるプログラミング言語がある中で、javascriptを使うメリットとはなんなのでしょうか。

javascriptが人気の理由の一つは、その活用の幅の広さです。web開発はもちろん、今流行りの人工知能(AI)分野やIoTの分野にもjavascriptのライブラリが増えてきています。

また、javascriptはオブジェクト指向のプログラミング言語であるため非常にわかりやすいプログラミングをすることができます。

このように、活用の幅が広く将来性も高い言語であることから非常に多くの人に扱われています。

javascriptを学ぼう

先ほども言いましたが、javascriptはwebエンジニアであればほとんどの人が通るプログラミング言語です。しかし、プログラミング初心者の場合「プログラミングの学習の仕方がわからない」という悩みを持つ人が多いです。そこで次は、実際にjavascriptを学ぶ際に押さえておきたいポイントについて解説していきます。

プログラミングの学習難易度は?

プログラミング言語は世の中に200以上もの種類があり、それぞれでその特性がことな入ります。web開発に向いているもの、AI分野に向いているもの、金融システムなどに向いているものなどがあり、言語によってその学習難易度も異なります。

プログラミング初心者にも学びやすい言語としてはRubyやPHP、またpythonなどのweb開発分野が挙げられますが、では、javascriptの学習難易度はどうなのでしょうか。

初心者にはオススメのプログラミング言語である

javascriptは、プログラミング初心者でも学びやすく難易度が低い言語だと言えます。ただし、基本的なものであれば初心者でも簡単に身につけることができますが、中級編からになると難易度が急激に上がるので、まずは実務で基本を扱えるようになってからスキルアップを目指すと良いでしょう。

また、javascriptはブラウザとテキストエディタ(メモ帳でも可)さえあれば動作させることができ、さまざまなエンジニアが使用していることから学習方法についての情報も豊富にアップされているので、プログラミング初心者でも学びやすい言語であると言えます。

プログラミング言語の仕様を学ぼう

ではここで、javascriptの簡単な記述方法についてご紹介いたします。javascriptは、HTML内からJavaScriptファイルを読み込むことで記述することができます。

javascriptを記述する方法は主に2つ。ひとつ目は、HTML内にjavascriptのコードを直接記入する方法です。例えば、

<body>
<script>
//この中にJavaScriptプログラムを記述する
</script>>
</body >

このように、直接コードを記入することで簡単にjavascriptのプログラミングを行うことができます。

ふたつ目は、外部からファイルを読み込んで記述する方法です。例として、
<body>
<script src="ファイルのパス/file.js"></script>
</body>

「file.js」というファイル名のJavaScriptプログラムがあれば、上記のように読み込ませることで記述できるようになります。

フレームワークを覚える

フレームワークとは、よく使われるライブラリ(他人が書いたソースコード)の集まりのことを言います。このフレームワークを使うことで、ひとつひとつ自分の手でソースコードを書かなくてもソースコードを省力して効率よくプログラミングを行うことができます。

また、フレームワークは各言語に適したものがありRubyなら「Ruby on Rails」、PHPなら「CakePHP」が使われています。javascriptでは「Node.js」や「AngularJS」など使われており、それに関連する情報も豊富にあるのでプログラミング初心者にも学びやすいことでしょう。

サイトを作ってみよう

プログラミング初心者が学習において意識しておく点は「モチベーションの維持」です。このモチベーションを維持するためにはテキストや動画をただ見るだけではなく実際に手を動かすようにしましょう。

また、学習の途中で一回なシステムやwebサイトを作って見るのも良いでしょう。自分の成長や足りていない部分を見直すことができますし、「プログラミングで開発をする」という感覚を身につけることができます。

学習サイトを使って勉強する

独学でのプログラミング学習には「プログラミング学習サイト」を利用することをオススメいたします。動画やクイズ形式などのさまざまなコンテンツが用意されており、未経験者でもプログラミングを理解できるような工夫がされています。

近年では、小さな子供でも学びやすいように、ゲーム感覚でプログラミング学習ができるサイトも増えてきており、楽しみながらスキルを身につけることができます。

本をつかって勉強するなら

独学のもう一つの方法は、プログラミング書籍を利用することです。本さえ持ち込めれば場所や時間を気にせずに学習することができ、プログラミングに関する書籍は膨大に刊行されているので必ず自分にあった書籍を見つけることができます。

プログラミング初心者の場合、イラストや表などが多く使われている書籍を選ぶと、よりプログラミングへの理解がしやすくなるでしょう。

プログラミングスクールに通う

未経験からプログラミングを学ぶならプログラミングスクールに通うことをオススメいたします。スクールには専門知識を持ったメンターが学習のサポートをしてくれるので、学習に躓いたとしても挫折をすることなく最後まで続けることができます。

また、ほとんどのプログラミングスクールでは転職や就職の支援を行なってくれる制度も充実しているので、「エンジニアとして働きたい」と考えている方も安心してこ希望のキャリアを築くことができます。

javascriptプログラマーの需要

プログラミングを学習しようと考えている方の中にはエンジニアやプログラマーへの転職・就職を考えている人が多いことでしょう。現在、IT業界全体で人材不足が深刻化していることからエンジニアの需要が急激に高まり未経験者でもエンジニアになれるチャンスが多くあります。

エンジニアの需要に関しては、扱える言語によっても異なりますが、web開発の分野や最近流行りのAI分野の言語の需要はかなり高いとされています。

求人は多い?

javascriptエンジニアの需要は高く、一部のサイトだと20000件もの案件があります。JavaScriptは、HTML/CSSだけでは難しい「webサイトに動きをつける処理」ができるので、動的なwebサイトが当たり前となった昨今ではそれだけjavascriptエンジニアを求める企業が増えてきています。

年収はどれくらい?

javascriptの年収は300〜700万円とピンキリで、javascriptを扱うエンジニアが多いぶん、スキルが高いエンジニアにはそれなりの報酬が支払われるようになっています。

エンジニア全体で見ても、他の業種よりも比較的年収が高く収入アップ目的の転職にも向いている業種であることが言えます。また、これからさらに普及していくIT技術に対してエンジニアの将来性も高いと言えます。

【PR】tech boostでプログラミングを学ぼう

初心者必見!javascriptの学び方

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related