Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月07日

【Rubyを学びたい人必見!】Rubyを学習する上で知っておきたいこと

プログラミングを勉強しようと考えている人が一度は目にしたことがあるであろう、Rubyという言語について今回は書いていこうと思います。初心者の人は、基本を知っておくだけで実際に取り組んだ時に感覚がとてもつかみやすくなります。

プログラミングが必須技術になってきて、プログラミングを学ぶ人が増えてきましたが、やはり人気の言語といえばRubyではないでしょうか。

プログラミング言語はとても多く、やりたいことによっても学ぶ言語は違うのですが、はじめにRubyを選ぶ人はとても多いのです。

プログラミングスクールの通いたいと思っても、受講料は高額なのでスクール選びはかなり慎重になりますよね。

このページでは、プログラミング言語Rubyについて、説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。


この記事の要約


  • プログラミング言語Rubyとは
  • Rubyを学ぶとできること
  • 需要の高いRuby・Python・ブロックチェーンが学べるTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

Rubyとはプログラミング言語の一つです。このRubyは日本人が開発したプログラミング言語です。

なのでプログラミングを勉強していく上で必要な情報が日本語で出てきやすいという特徴があります。また、初心者でも比較的取り組みやすい言語として有名なのでプログラミングでもどの言語を勉強したらいいのかわからない・・・。という人にオススメできる言語になります。

Rubyをつかったらどんなことができるのかなどを紹介していきます。

Rubyを勉強する前に知っておきたいこと

そもそもRubyってなに?

Rubyとはプログラミング言語の一つです。
Rubyの公式サイトでは、

オープンソースの動的なプログラミング言語で、 シンプルさと高い生産性を備えています。 エレガントな文法を持ち、自然に読み書きができます。

出典: https://www.ruby-lang.org/ja/ |

と紹介されています。
Rubyは絶妙にバランスのとれたプログラミング言語といえます。Rubyの外観はとてもシンプルであり、一般公開以来Rubyは大量の支持を集めています。

また、Rubyはシンプルなものではなく、自然なものへとしようとされています。これは、プログラムを書きながら、どのようにプログラムを書いていけば良いかを自然にわかるのがRubyであるということをさしています。

つまり、勉強することで自然とプログラミングが身につくということです。

Rubyは全てがオブジェクト

オブジェクトとはものを組み立てるようにしてプログラムを作ることを指します。現在はこのオブジェクト指向言語が主流になっています。なので、プログラミングを勉強していく上でこのオブジェクト指向を理解するということがとても重要になってきています。

現在あるプログラミング言語は多くの言語がオブジェクトではないですが、Rubyの世界ではオブシェクトに適用できることは全てのものに対して適用できます。

これからはどんどんとこのオブジェクトは強くなっていくでしょう。なのでこの思考を取り入れておいて損はありません。

Rubyは柔軟性がある

Rubyはとても柔軟性のある言語として知られています。

通常クラスは一度定義すると変えることができませんが、Rubyではあとで定義を変更することができます。

クラスとは、オブシェクトをつくる設計書のことです。プログラミングがどの状態にあるのか、どのように動くのかが書かれています。プログラミング言語によってはクラスはありません。

このクラスを持っているのがRubyです。クラスを持つことによって、従来の言語に縛られることのない柔軟性を持つことができます。つまりRubyは柔軟性の高いプログラミング言語だということが言えます。

Rubyの勉強方法

Rubyを勉強する難易度は?

Rubyはとても読みやすく作りやすく、勉強することは比較的簡単とされている言語になります。

開発者は「Rubyは楽しさを第一の目標にしたプログラミング言語」という話をしています。そのため、プログラミングをこれから勉強していこうと考えている人に人におすすめの言語になります。

と言っても、プログラミング言語ですからそんなに簡単にはいかないでしょう。独学で勉強する際は継続する力が必要になってきます

プログラミングの勉強時間はどれくらい?

一般的には一つのプログラミング言語の習得までの時間にかかるのは、1000時間ほどと言われています。

1000時間と聞くととても長い時間のように感じられますが、勉強の程度や目安を決めて取り組んでいくことでステップを踏みながら勉強ができます。

ゴールはどの程度にするのか、プログラミングにはゴールがありません。とても深い言語です。なので、自分でどの程度かけるようになればいいのかという目安を決めてから始めることをお勧めします。

基礎では30~40時間ほどかかると言われています。そして、開発力、応用力と身につけいていくことになるでしょう。

Rubyを勉強するメリットは?

Rubyを勉強するメリットは、変数の型付けがないため記述量が少なくて済みます。また、自由度も高く記述もしやすく、プログラミングが書きやすいという点があります。そのため、プログラミングをすぐに活用したい人や、仕事で使う際には即戦力となり得る言語になります。

また、Rubyはプログラミング言語の中で唯一日本人が開発したものになります。日本人が勉強しやすく、資料などもたくさんあるため勉強しやすい環境が整っていると言えます。書籍なども開発者であるまつもとゆきひろ氏が携わっている著書が多く見受けられるため、勉強に取り組みやすいプログラミング言語でしょう。

また、先ほども記述したように、プログラミング言語の中では比較的易しい言語といえます。そのため、初めて勉強する人たちにとってはくじける可能性も低い言語と言えるでしょう。

Rubyを無料で勉強できるサイト

こちらはRubyの基本知識が身につくサイトです。しっかりと土台が作れるので初心者には必須のサイトと言えるでしょう。

プログラミングの習得には多くの時間を費やす必要があります。なのでしっかりと基礎を叩き込んでおく必要があります。

Rubyで開発できるもの

Rubyでつくれるもの

Rubyはプログラミングングのコードをすぐ書くことができるので、サービスを早く開発することができます。

・ブログサイト
・ショッピングサイト
・ポータルサイト
・SNS
・アプリケーションサイト
・チャットボット
・スマホのアプリ開発
・ゲーム作成
などといったたくさんのサービスがRubyという言語を勉強するだけでつくれてしまうんです。

実際に、現代はSNSやマッリングサービスを始め、色々なものがRubyで作られています。身近なものをRubyを勉強することで作れる可能性が広がります。

実際にRubyで作られているサービス

・食べログ
・クックパッド
・クラウドワークス
などが実際にRubyを使って作られたサービスです。

このように世間に浸透しているサービスの多くがRubyを使ってできていることがわかります。

Rubyが人気の理由

プログラミングを書く楽しさがある

Rubyを勉強している人に聞くと、Rubyは楽しくかけるという人が多いです。楽しかったり、書いていて気持ちがいいと感じる人が多いです。

開発者のまつもとゆきひろは、「Rubyの言語仕様策定において最も重視しているのはストレスなくプログラミングを楽しむことである (enjoy programming)」と述べていることからも、Rubyは楽しく書くことができるプログラミング言語に特化したものだと言えるでしょう。

プログラミングがとてもシンプル

Rubyは知識として持つべきことや調べる時の領域が特定されていてとても勉強がしやすいです。つまり、すぐにプログラミングを書くことができるということです。

プログラミングに費やせる時間も増え、シンプルかつ明確に理解してプログラミングの構築ができるということです。シンプルなので余計なことを考えることなくプログラミングだけに時間を使うことができます。

他のプログラミング言語との共通点

Ruby以外にもプログラミング言語はあるのですが、そのプログラミング言語との共通点を紹介します。

・Java
 Javaとの共通点は型付けのオブジェクトであることです。またどちらもメモリをCGで扱います。

・PHP
 動的型付けをしていて、かつクラス分けをしている点で共通だと言えるでしょう。

・Python
「irb」という実行環境があり、PythonもJava同じくに強力な型付けでオブジェクトを扱います。また、文字列リテラルを複数行に記述できる点も共通点です。

このように数ある言語の中では比較的勉強しやすい言語がRubyです。プログラミングをやってみたいけれど、何から取り組んだらいいのかわからなかったり、一度でもプログラミングに取り組み挫折してしまった人などにおすすめです。

Rubyはこれからプログラミングをする上で必須になってくる言語になるでしょう。そのため勉強しておいて決して損はない言語です。

まずはRubyから取り組み、その後の活動に合わせて応用したり、他の言語を学ぶといいのではないでしょうか。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related