Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月14日

プログラミングを始めよう【入門編】

今、スマートフォンなど普及してきて、生活していく中でプログラミングと人間は切っても切れない関係です。プログラミングで世の中を豊かにする事が出来るのは最高ですよね。今回はプログラミング学習していく中で、最初に何を学んだら良いのかを含め説明していきます。

プログラミングが必修科目として定めたれてから、大きく取り上げられるようになりましたが何から始めたらいいのかわからないですよね。スクールに通おうと思ってもすぐに決められるようなものでもありません。

プログラミングスクールが増えている一方で、教える講師が学生であたり、少し教材とずれた質問をすると、答えられなかったりする問題も起き始めています。

プログラミングスクールの通いたいと思っても、受講料は高額なのでスクール選びはかなり慎重になりますよね。

このページでは、プログラミングはそもそもなんなのか、から初心者でもわかりやすく説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。


この記事の要約


  • プログラミングとはなんなのか
  • プログラミング言語でできること
  • 需要の高いRuby・Python・ブロックチェーンが学べるTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

プログラミングとは!?

プログラミング初心者は、まず何からやれば良いのか分からないどころか
まず「プログラミングとは何だろう?」ってところからスタートしている方が
殆どなのではないでしょうか。

普段触れない数字が並んでいたり、難しい英語や数学など
専門知識が必須となってくることもあります。

ただ、ご安心ください。
プログラミングにもルールがあり、仕組みが分かってくれば
後は、徐々に理解出来るようになってきます。

それでは早速見ていきましょう。

プログラミングを学ぶ理由【入門編】

さて、皆さんはどうしてプログラミングを学ぼうとしているのでしょうか!?
プログラミング入門として、
勿論、システム開発がしたいやアプリケーションを作りたいなど
目的が明確になっている人は良いのですが、
流行っているから、かっこいいから、独立したいからなど
直感でプログラミングを学ぶ人もいます。

正直理由は、どれも正解です。
ではなぜ初めに、この質問を投げかけるかと言いますと
シンプルに『モチベーション管理』が非常に重要な要素になってくるからです。

やはり、最初の段階では
モチベーションが肝となってきます。
壁にぶつかる事や挫折する人も多くいます。

それでも何か生み出してやろう!と言う強い心と
楽しんでやっている人は問題なく持続して道が開けます。

ここまで言って「本当に習得出来るかな?」など不安に思った人もいると思いますが
プログラミングを学ぼうと思った時点で、あなたは道が開けています。

プログラミングを学ぶだけで、物凄く多くのメリットもあります。

重要なのは「目的・目標」を小さなことからでも良いので
決めて学習することです。

では、プログラミング学習をする際の『入門編』として  
どのようなメリットが発生するのか実際に解説していきます。

目的に合わせてプログラミング言語を厳選しよう

では、まずプログラミング言語を習得しようとした時に
必須となってくるのが、プログラミング言語です。

数多くある、プログラミング言語なので
闇雲に学習してくのではなく、目的に合わせたプログラミング言語を
厳選していく事が大切です。

プログラミング言語も様々な種類がありますが
ここでは、一般的によく使われ、初心者の方でも学習しやすい
言語を紹介していきます。

初心者や目的が決まっていない人でも、学習しやすいプログラミング言語【入門編】

さて「実際に何が作りたいですか?」と聞いても、瞬時に答えらない人もいると思いますので、早速今すぐ学習出来て、将来的にも需要があるプログラミング言語を見ていきましょう。

プログラミング入門として、
まずオススメするのは「Webプログラミング」からやると良いです。

その中でも、オススメなプログラミング言語は「Ruby「PHP」「Python」の3つが
比較的初心者でも分りやすいプログラミング言語となっています。

ユーザー数も多いので、是非参考にしてみてください。

各言語で出来ること

プログラミング言語は200種類以上あると言われており、
自分にあったプログラミング言語を選んでいくのは最も重要なポイントの1つに
あげられます。

プログラミング入門としましては、
何を学んでいくかにより、自分の目的がより一層明確になってくるかもしれません。
Webサービス、ゲーム、アプリ開発などが代表的に使われいますが
それぞれに適したプログラミング言語があるので、紹介していきましょう。

プログラミング言語【入門編】

JavaScript

JavaScriptは、プログラミングに詳しくない人でも、
一度は耳にしたことがあるのではないでしょう。

様々な用途に対応しているプログラミング言語になっていて、
Webサイトの制作、アプリ開発、Excelのオリジナル機能、
またはクリエイターツールであるAdobe Photoshopやイラストレーターの追加機能まで
我々が普段、制作していく中で使っているソフトにも
このJavaScriptがプログラミング言語として使われています。

メリット

早速、JavaScriptを学習していく中で
メリットを早速見ていきましょう。

Webサイトを開発していく現場においては、
特別な開発環境があるわけではなく、直ぐにプログラムを書いて
テスト出来る特徴があり、
更に学習していく中で、日本語チュートリアルも充実しているため
独学やスクールなどでも学習しやすく、とても大きな市場を占めていますので
最初の一歩として学習していくと良いでしょう。

PHP

PHPは、お問い合わせ機能やユーザー機能管理
ポイント機能など、様々なことやりたい時に
出来る言語の1つです。

また世界中にユーザーも多く、
ほぼ全てのレンタルサーバーで利用可能になっており、
Webアプリケーション制作や、ネット通販などやりたい方には
PHPがオススメです。

メリット

メリットはなんと言っても、初心者でもとっつきやすい
プログラミング言語になっています。

スクリプト言語のため、コンパイルなどしなくても
ソースコードを直接実行でき、
Webアプリケーションとして実行する場合には
HTMLの中にPHPのコードを埋めることが出来るので、
初心者の方でも直接気にプログラミングが出来ます。

情報源も圧倒的なシェア率を占めているだけに
学習しやすい環境が揃っています。

先ほども説明した通り、レンタルサーバーなどで
簡単に公開出来るのもメリットですし
WindowsでもLinuxでも動作するため互換性がないのも強みで
選択肢が広がります。

これからプログラミングを始める人にとっては
とても良い環境と言えるでしょう。

Java

プログラミング言語の王道と言っても過言ではありません。

Webアプリケーション、iOS、ゲームなdの
とても幅広く開発出来ることから、圧倒的ユーザー数を誇っています。

また、Javaえで開発しておけば
例えOSを入れ替えても、プログラムはそのまま使用することが出来ます。

Android開発などでも、Javaメインで使われており
No. 1プログラミングと呼ばれています。

メリット

Javaは「JVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)」が入っているマシーンであれば
OSに依存することなく、ほぼ同じコードで動作させる事が可能であり、
ライブラリも豊富で、「これがしたい」と思った複雑な処理でも、
既にどこかにライブラリが存在しているのが特徴でもあります。

また、TwitterやEvernoteなどにでも
使用されている言語になっていて、注目されています。

小さなプログラムを作る際にも、
「オブジェクト指向」」という考え方が必要になってきますが、
これはプログラミング学習していく際の基礎の基礎になってきますので
学習していく過程で、身につけることが大切です。

Androidアプリを開発したい方や
高性能な言語を身につけたい人には是非オススメです。

【入門者必見】Javaを学ぶメリットやできることなどを簡単解説!

出典: https://www.sejuku.net/blog/10644 |

Python

さて、今もっとも注目すべきプログラミング言語が
Pythonです。

是非プログラミング学習していく際に、参考にしていただきたいのですが
AI(人口知能)やWeb開発など、大きなプロジェクトなども
このプログラミング言語を習得しておけば、将来的にもとても需要があります。

とても広い分野で使用されていて、
これさえあれば、どのようなシステムを作れる可能性を秘めています。

オールランドな言語Python。
早速見ていきましょう。

メリット

まず初心者でもわかりやすいです。
プログラミング言語の壁を少し下げてくれたイメージで
学習していただいた方が良いと感じるくらい、
コードの読みやすさを、重視しています。

文法のシンプルさと可能性から、
初心者にもわかりやすく、学びやすい言語だと言われおり、
計算・統計処理などに使用出来るライブラリも豊富なので
本当に、これから期待出来る言語だけに
大注目です。

AI(人工知能)プログラミングをしたい方は必須言語なので
要チェックです。

Webアプリの場合はDjango(ジャンゴ)(Pythonで作られるWebフレームワークのこと)
を使用して簡単に作ることが出来ます。
(※リンク参照)

Pythonを覚えてしまえば、これからの自分自身の可能性を広げていけるでしょう。

R

このプログラミング言語Rは、ダウンロードしてすぐに使用することが出来るのが
大きなメリットです。
これからプログラミング学習をしていく人にとっては、すぐに始められるのは
大きな利点です。

オープンソースのフリーソフトの一種であり、
他のプログラミング言語のように凡庸性はなく、統計解析に関しては抜群に
簡単なプログラムで行えます。

Pythonとよく似たプログラミング言語としても有名ですが
さらにデータの操作に対しても、非常に柔軟性があり、ほぼ自由自在にデータを
処理することが可能であり、Rで使える便利なコマンド、
覚えれば覚えるほど、Rをより便利なツールとして使いこなす事がが出来ます。

統計学の予備知識などなくても短的学習の中で
使いこなせるようになっていくのも、魅力の1つです。

R言語入門

出典: https://to-kei.net/r-beginner/#R |

メリット

Pythonと比較すると、Rはコーディングには向いていませんが
比較的計算が簡単な点や、統計学のアルゴリズムの多彩さ、グラフなどの可視化の
しやすさが特徴的であり、初心者でも比較的使用しやすいのがメリットです。

システムに組み込んで大規模な処理を行うよりも
データ抽出や分析を人の手で繰り返し、試行錯誤しながら最適なモデル構築を
目指していく、データ分析に適したツールです。

学習方法【入門編】

プログラミング学習をしていく際に、
ここまで「プログラミングとは何か?」「言語の種類」などをお伝えしてきましたが
では、数多くある学習方法の中で、実際にどのような方法で
プログラミングを身につけると良いのか、皆さん気になっている部分だと思います。

プログラミング入門としての学習方法は、
それぞれにあったやり方がありますので
実際に見ていきたいと思います。

インプットとアウトプット

これはプログラミングだけに限らず、どの仕事に対しても言える事ですが
まずは実践して、どんどんコードを真似ていくことが大切です。

サービスや仕様によっては、基本ベースのように
このプログラムを作る、既存のものを活用する事もあるので
応用力を身につけるためにも真似することも大事な要素になってきます。

人に教えてもらう

言葉通り、人から教えてもらう事がもっとも大切です。
最初は、右もい左も分からないと思うので
自分では気づかない点やアイデアに触れられるので、良い経験となります。

時には新しいことを学ぶには、人に教えてもらった方が習得も早いです。
情報収集よりも、他人と情報交換することで、効率的に知識だけでなく
経験談を得られます。

プログラムを書こう

プログラムを書くには、複雑なコードを書かないといけないと考えてしまい
中々コードを書けない人も多くいると思いますが
入門編としては、何も複雑なコードを書く必要はなくて
プログラミングの仕組みも含め、実際に知っていくことが大事な部分となります。

入門の段階としては、プログラミングの入門としては
まずは親しみやすさ、思考をシンプルにする際にも良いので、その些細なきっかけが
大切になってきます。

実践的にトライアンドエラーを繰り返しながら、上達していくものなので
入門としては、プログラムを書く事に集中していきましょう。

何か開発してみよう

入門編としての最大のアウトプットとしては、自分でアプリを開発してみることが
効果ある場合もあります。

学習しているだけでは、気付けない部分や出来ない部分がたくさん見えてくるので
考えて手を動かすことが、プログラミング入門として最初の一歩です。

見様見真似で、プログラミング自体は身についてくるものなので、
練習するアプリなど模倣してみるのも良いです。

具体的なプログラミング学習

先ほど、ここまでインプットアウトプット、実践の大切さなど
説明してきましたが、プログラミング入門としてはハードルも高いと思いますので
実際に、一歩踏み込み具体的な学習方法を説明していきましょう。

書籍

まずプログラミング入門として良いのは
本屋さんに行って自分が学びたいプログラミング言語についての本を購入する事です。

「プログラミング入門」と書かれた本がたくさん売っていますので
自分に合った1冊を探してください。

同じ内容のことを調べる、確認するにしても
毎回同じものを見たり、異なるもので学習するかは成長スピードも違ってきます。

是非「プログラミング入門」の本をチェックしてみてください。

Webサイト

書籍に続き、プログラミング入門としてオススメなのは
Webサイトの活用です。

今の時代はインターネットが発達しており、
YouTubeのチュートリアルだけでも、実践的に手を動かしながら勉強する事が出来ます。

実際、同じところで
つまづいてしまい、挫折しそうな人たちも多くいる中、
そこのワードだけ調べて、解決出来る時代です。

是非モチベーションを保ちつつ、何度でもトライアンドエラーを繰り返せば
到達していきますので、モチベーションを強く保っていきましょう。

スクール

独学で学ぶにも限界があります。

また個人のレベルによっても曖昧なので
自分がどの部分で理解出来てなくなっているかさえも
見失ってしまう人も多いですよね。

そんな中、スクールだと
同じ志のある仲間、先生が全面的にサポートしてくれますので
上達も早いですし、プログラミング入門の段階としては最適です。

都内だけでも数多くスクールが存在していますし
オンライン講座も受講出来る時代なので、プログラミング入門の段階から
通うのは非常に良いことなので、自分に合うスクールを探してみるのもオススメです。

プログラミングは世界が変わる

さあ、プログラミングとは何かをここまで説明してきました。

プログラミング入門の段階としては、少し思考もシンプルに
内容を理解しやすくなったのではないでしょうか。

プログラミング入門の段階で迷っている人、
そして挫折を繰り返している人非常に多くいると思いますが
先ほどお伝えしたプログラミング言語を理解し、自分の目的が明確になった時点で
あなたの中でスタートしています。

プログラミング1つで社会との関わり方が
より一層感じられ、世の中を変えてしまえるのが魅力的なプログラミング。
是非好奇心旺盛に楽しんで、学習してください。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related