Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月17日

プログラミングの資格は取っておくべき?おすすめの資格8選

プログラミング学習をしていく際に、将来役立つ資格などが気になっている人も多いのではないでしょうか。実際に資格やスキルが役立つ機会は思っている以上に多いです。資格なしでも活躍出来ますが、資格取得することにより、自分の幅も広がってきます。早速紹介していきます。

プログラミングの資格は必要なの?

採用側の判断材料になる

エンジニア就職には、実績や実務経験が大きな採用基準になります。プラスアルファとしてプログラミングの資格を取得していることでより信頼性が上がります。

資格を持っていることで、エンジニアとしての一定のスキルや知識があることを示すことができます。また、20代であれば将来を見込んで採用されることもあるので、エンジニアとしての教養があることを示すために資格を取得するのこともメリットです。

資格に合わせて経験も必要

エンジニア就職では、資格より実績のが採用の判断材料として優位になります。実際に現場でエンジニア経験がある方が即戦力になるからです。

現場経験のない方は、エンジニアとしてレベルアップできる就職先を選ぶことをおすすめします。将来的なことを考え、自分のキャリアアップできる職場で経験を積み、より良い条件で転職を再びすることを視野に入れている人は多いです。

実務経験がない場合は制作物を活かそう

実務経験のない方は実際にアプリやweb サイトなどをポートフォリオとして作りましょう。面接の際は、実力を示すためにポートフォリオを見せる人が多いです。資格より実力を示せる判断材料の一つです。

ポートフォリオを作る際には、実際に面接経験のある人やエンジニアなどに相談してから決めることをおすすめします。よくわからない方はプログラミングスクールに通って作るのも一つの手段です。卒業後のフォローがしっかりしているところでは、そこのスクールを卒業しただけである程度の信頼を得られます。

取っておくべきプログラミングの資格8選

その1 Ruby技術者認定試験制度

難易度

Ruby技術者認定試験制度は、プログラミング初心者には難易度が高い試験です。この資格には難易度が2つあり、シルバーとゴールドがあります。

シルバーは、Rubyの基礎的な問題が多く、Rubyを学習していてコードを書ける方であれば合格できる資格です。ゴールドは、シルバーより難易度が高く、Rubyの基礎以外にもアプリの設計に必要な知識も出題されます。なので、ゴールドを独学で取得するのはとても難しく、スクールに通う人もたくさんいます。

資格のメリット

Ruby技術者認定試験制度のメリットは、Rubyでアプリ開発するための基礎知識がある証明ができることです。これにより、就職活動でRubyの能力が一定以上あることを強みにできます。

また、Rubyは新しいプログラミング言語で、IT業界で需要も高いので転職にも有利です。開発コストが安く、ベンチャー企業で人気が高いプログラミング言語でもあります。副業として働いている方やフリーランスの方も多く使っている言語でもあります。

その2 Java SE8 認定資格

難易度

Java SE8 認定資格は、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのレベルがある資格です。ブロンズは、プログラミング初心者向けの資格です。Javaの基礎コードや基礎知識が試される試験で、Javaを独学している方でも比較的合格率の高い資格です。

シルバーは、アプリ開発の知識が試される試験です。Javaでアプリ開発の経験がある方なら合格しやすい資格です。しかし、開発経験のない方は勉強に時間をかける必要があります。ゴールドは、難易度の高い資格です。Javaでアプリ開発ができるかを試す試験で、自力でJavaを使いアプリ開発の経験がある方向けの資格です。スクールに通い学習する人もたくさんいます。

資格のメリット

Java SE8 認定資格のメリットは、Javaでアプリ開発する能力が一定以上ある証明ができ、就職活動で自分の強みにすることができることです。シルバー以上の資格を取ることで就職活動に十分役立てることができます。

また、Javaはさまざまな開発現場で使われていてニーズのあるプログラミング言語の一つです。大企業のシステムやAndroidアプリの開発にも使われている求人の多い言語としても知られています。

その3 PHP技術者認定試験

難易度

PHP技術者認定試験には初級者向けの比較的合格率の高い資格から上級者向けの合格が非常に困難な資格があります。PHP5技術者認定初級試験は、独学でPHPを学習している方でも合格率が高い資格です。

PHP5技術者認定上級試験とPHP5技術者認定準上級試験は、試験内容が同じです。PHP5技術者認定準上級試験は50%以上の正答率で合格、PHP5技術者認定上級試験は70%以上正答率で合格です。合格率はかなり低く、難しい試験です。スクールに通い合格を目指している方は多いです。

PHP5技術者認定ウィザードは、毎回上位3名しか合格できない資格です。上級試験合格者だけが受験することができる試験です。論文とそれに関連したコードで試験が行われます。

資格のメリット

PHP技術者認定試験のメリットは、PHPで開発する能力が一定以上ある証明ができることです。これにより、就職活動でPHPの能力が一定以上あることを強みにできます。難易度が3つに分かれていて自分のレベルに合った資格を取れるのもメリットの一つです。高い資格を取得するほど自分の技術力の証明になります。

また、PHPはIT業界で需要も高いので転職にも有利です。副業として働いている方やフリーランスの方も多く使っているプログラミング言語で、副業サイトで案件の多い言語でもあります。

その4 C言語プログラミング能力認定試験

難易度

C言語プログラミング能力認定試験は、3級、2級、1級と3つのレベルがあります。C言語プログラミング能力認定試験*3級は、初級者向けの資格でC言語の基礎知識があり、基礎的なコードが書けることを証明できる資格です。

C言語プログラミング能力認定試験2級では、小規模なプログラムを素早く丁寧にく書くことができるかを試す資格です。C言語プログラミング能力認定試験1級は難易度が高く、C言語を使って応用力があるかを試す試験です。

資格のメリット

C言語プログラミング能力認定試験のメリットは、C言語で開発する能力が一定以上ある証明ができることです。これにより、就職活動でC言語の能力が一定以上あることを強みにできます。難易度が3つに分かれていて自分のレベルに合った資格を取れるのもメリットの一つです。高い資格を取得するほど自分の技術力の証明になります。

また、C言語は昔から使われているプログラミング言語で今でも需要のある言語です。求人も多く、大企業でも利用されています。

その5 Python3エンジニア認定試験

難易度

Python 3 エンジニア認定試験は、Python 3 エンジニア認定基礎試験とPython 3 エンジニア認定データ解析試験の2つの種類があります。これら2つのPython 3 エンジニア認定試験は、初心者向けの試験とされていて難易度は高くないです。平均70%前後の人が合格している試験です。

Python 3 エンジニア認定基礎試験は、Python開発の経験がある方や他の言語の経験がある方は問題なく合格できる資格です。Python 3 エンジニア認定データ解析試験では、データ分析の知識も必要なのでプログラミング経験のある方でも難易度が少し高いです。

資格のメリット

Python3エンジニア認定試験のメリットは、Pythonやデータ分析の知識が一定以上ある証明ができることです。これにより、就職活動でPythonの能力が一定以上あることを強みにできます。Python 3 エンジニア認定基礎試験とPython 3 エンジニア認定データ解析試験は、初心者向けで学習しやすい資格です。

また、PythonはAI、機械学習やディープランニングに使われている今注目されているプログラミング言語です。Webアプリケーション開発にも使われている言語でもあります。自分のスキルアップになるスキルです。

その6 情報処理技術者試験

難易度

基本情報技術者試験は、合格率が平均30%前後で難易度が高い国家資格です。試験の内容はプログラミング言語の知識だけでなく、企業経営や財務、IT管理などの幅広い知識が必要で、初心者にはかなり難しいです。

9つの試験に分かれていて、それぞれの試験ごとに30%以上の点数が取れれば合格です。情報セキュリティスペシャリスト試験、ITストラテジスト試験、プロジェクトマネージャ試験、システム監査技術者試験はかなり難易度が高い試験でスクールに通って学習をする人もたくさんいます。

資格のメリット

情報処理技術者試験のメリットは、就職活動の際にプログラミング技術だけでなく、ビジネスの観点や管理の知識などエンジニアとしての教養知識が身についている証明になることです。

また、この国家資格はITの知識や技能が一定水準以上あることを示すことができる唯一の資格です。この資格を取得することで転職の際にやる気や積極性を示すことができます。フリーランスや副業として働く方は、信頼できる取引先であることを証明できるので仕事をもらいやすくなります。

その7 CIW

難易度

CIWは、webやインターネットの技術を証明する国際資格です。職種資格と総合資格があり、合計21個の資格があります。おすすめの資格は、総合資格の CIW JavaScript Specialistの資格で、JavaScriptの知識や技術を試す試験です。

難易度は高く、アプリ開発の知識や技術が問われる試験です。JavaScriptは、比較的学習しやすい言語ですが、プログラミング初心者が独学でこの試験を合格するのは難しいです。

資格のメリット

CIW JavaScript Specialistのメリットは、国際資格であることです。JavaScriptでアプリ開発する能力が国際基準で一定以上ある証明ができることです。就職活動で自分の強みにすることができます。

JavaScript は、webサイトやwebアプリなどのwebサービスによく使われるプログラミング言語でとても需要があります。フリーランスとしてやエンジニアとして企業で働く方の仕事の幅を広げることことにつながります。

その8 LPIC(エルピック)

難易度

LPICは、Linuxの能力や知識があるかを確かめる資格で、難易度が3つあります。一番難易度の低いLPIC1は、3か月前後の勉強で合格できるとされています。Linuxを使いweb開発経験がある方は問題なく合格できます。

中級レベルのLPIC2は、6か月前後の勉強で合格できるとされています。エンジニアとしてLinuxを使った経験のある方は合格できるレベルです。上級者向けのLPIC3は、1年前後の勉強で合格できるとされています。大規模なシステム開発の知識などが必要な試験です。

資格のメリット

LPICのメリットは、Linuxでアプリ開発する能力が一定以上ある証明ができることです。就職活動でLinuxの知識やプログラミング経験があることを自分の強みにすることができます。

Linuxは、サーバサイドエンジニアを目指している方にはおすすめです。LPICの問題は、実務的な内容が多いのが特徴で、LPICの資格を取得できれば自分のスキルアップにつながります。

プログラミング資格を取るための勉強方法3つ

方法1 書籍学習

書籍は、本屋やアマゾンだけでなくメルカリやラクマなどのフリマアプリで安く購入することができ、誰でも手軽に学習を始めることができるのではないでしょうか。

資格学習用の書籍は、その資格の試験内容や試験の流れを知ることができます。また、合格のコツや試験に必要な知識がわかりやすくまとめてあるので資格取得に特化した学習ができます。とりあえず試験に合格し資格を取得したい方にはおすすめです。エンジニア経験のある方は書籍である程度学習すれば取得できる資格はたくさんあります。

方法2 学習サイト

最近ではプログラミングを無料で独学できるサイトがあります。また、スマホやアンドロイドフォンからプログラミングを独学することもできます。無料プログラミング学習サイトでは、いつ、どこでも自分の好きな時間にプログラミングを独学できるというメリットがあります。資格の学習を書籍でしながら学習サイトを使いプログラミング学習をするのも良いのではないでしょうか。

また、資格の模擬テストがweb上でできる場合があるので試験を受ける前に試してみてはいかがでしょうか。

方法3 プログラミングスクールに通う

初心者から短期間でプログラミングを習得したい、短期間で資格を取得したい方にはプログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。初心者からプログラミングの資格学習ができるカリキュラムがあり、独学とは違いサポートしてくれるメンターと一緒に学ぶことができるので、挫折しにくいというメリットもあります。

過去の受講生のデータに基づいたカリキュラムが組まれているため、初心者でも早く習得ができます。また、独学よりモチベーションが保ちやすいというメリットもあります。資格を勉強する上で一番の難点の1つがモチベーションの維持です。わからないことをすぐ聞ける環境が整っているというのも独学にはないおすすめのポイントです。

【PR】エンジニアを目指すならtech boost

プログラミングの資格は取っておくべき?おすすめの資格8選

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related