Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

初心者にオススメの人気プログラミング 言語TOP10!

プログラミングを学びたいけど初心者さんはどのプログラミング言語を選べばいいのか分からないことが多いはずです。言語の比較基準を明らかにして、初心者にオススメのプログラミング言語TOP10を紹介します。今後の学習の参考にしてくださると幸いです。

初心者におすすめプログラミング言語の比較基準

学習の難易度

プログラミング言語には理解のしやすさや、開発シーンなどによって学習の難易度が変わります。学習難易度が高いから悪いプログラミング言語というわけではありませんが、初心者は学習難易度の易しいプログラミング言語から入るのがおすすめです。

参考書やインターネット上での情報の充実さなども学習の難易度に関わってきますがプログラミング言語も時代に連れてverアップしていくので学習の際は古い情報に気をつけましょう。

応用のしやすさ

プログラミング言語には言語ごとに適した用途がありますが、もちろん応用性もあります。応用性が高い言語を学習できれば一つの言語で色々な開発に携われるので初心者の方にとっての比較基準になるかと思われます。

また一つの言語で幅広い開発をすることにこだわらず長いスパンで多くのプログラミング言語に触れて利用できるようになることも重要です。

年収・求人数・案件の多さ

上の記事にあるようにプログラミング言語によって年収が変わっています。また求人数・案件の多さもプログラミング言語ごとに変わります。プログラミングを学んで職に繋げたい方は年収、求人数、案件の多さを考慮に入れても良いでしょう

また個人でwebサービス、スマホアプリを開発して収入を得る方もいます。そのような情報はあまり数値になってなく個人の力量にもよりますが個人で収入を目指すのも夢があっていいです。

初心者におすすめ最新プログラミング言語TOP10

第10位:C

学習の難易度

通称C言語と呼ばれるプログラミング言語です。基礎の基礎となるプログラミング言語ではありますが知識がかなり必要になるため学習難易度は高いです。初心者にはあまりおすすめできません。しかし、ハードウェアに関するプログラミングやゲームプログラミングなどでは必須な言語となっているため、そういった分野に興味がある方はC言語のプログラミング学習はさけて通れません。

応用のしやすさ

C言語は機械語に近く処理速度が早いという特徴を持つため大量のデータ処理を必要とするAI開発など最先端の開発にもつかわれており応用が効く言語となっております。モノのインタネット「IoT」などハードウェア関連からスマートフォンのアプリケーション開発などC言語の汎用性は高いです。プログラミングの基礎となる言語である所以でしょう。ただメモリの割当などハードごとに覚えることがあっての応用性の高さです。

年収・求人数・案件の多さ

C言語は歴史のあるプログラミング言語なので一定の需要が在ります。ただ企業のシステムの開発や大規模プロジェクトの裏方作業などが多く、年収の中央値は最近のプログラミング言語に比べて低いというのが現状です。スキルが高ければAIの研究やIoT開発など最先端の現場で高年収となることもできます。

また大規模なゲームの開発にもC言語は使われているためゲームプログラマーとしての採用を目指すには必要です。

第9位:Java

学習の難易度

Javaも基礎にあたるプログラミング言語です。Java Scriptとは別物ということに注意しましょう。覚えることが多いため学習の難易度は高いと言えます。Javaから他のプログラミング言語への移行は容易と言われているので色んなプログラミング言語に手を伸ばしていきたいやる気ある初心者さんが最初に選ぶ言語としてはおすすめです。

C言語もそうですが古いプログラミング言語は参考書が充実しているという点では学習の難易度が低いです。

応用のしやすさ

汎用性が高いため色々な開発に応用が効きます。webアプリケーションからAndroidアプリ、ゲームの開発など幅広い分野でJavaは利用されています。また一番多いJavaの利用は大規模なシステム開発でしょう。企業の業務システムといった安定性の求められる開発においてJavaは重宝されているプログラミン言語です。

年収・求人数・案件の多さ

大規模なシステム開発で使われやすいためか求人や案件は多いです。ただ平均年収は他のプログラミング言語より低くなる傾向があります。大規模なシステム開発ではプログラマーが蔑ろに扱われるようなことも多いので事前に環境について調べましょう。Javaの需要がなくなることはなく、年収が高い企業が多いのも事実なのでスキルアップをしてより高収入の企業へと転職を目指しましょう。

第8位:C#

学習の難易度

マイクロソフトがC言語を基礎としてJavaの良いとこ取りをして開発したプログラミング言語のため学習難易度は低いです。手軽で利用しやすいゲーム開発ツールのUnityでC#が利用できるのでゲーム開発をしてみたい初心者の方にもおすすめなプログラミング言語です。

応用のしやすさ

webアプリケーションからスマートフォンアプリ、Unityでのゲーム開発と応用性は高いです。特にwindowsとの相性がよいのでwindowsでデスクトップアプリケーションの開発を考えている方にはおすすめです。自分の作ったアプリをmicrosoft storeに登録すれば全世界の人が利用できるようになるのも魅力的です。

年収・求人数・案件の多さ

C言語やJavaといったメジャーで大規模な開発に使用されるC言語やJavaといったプログラミング言語と比べると求人数や案件の多さは劣りますがwindowsのデスクトップアプリケーション開発需要は安定してあります。またC#を扱えるプログラマーが少ないため市場においての希少性は高いです。

第7位:Kotlin

学習の難易度

KotlinはJavaを簡潔にしたプログラミング言語で短いコードによる記述が可能です。Javaよりは学習難易度は低いですが、新しい開発言語であるためJavaのように参考書に恵まれてはいません。googleがandroidアプリ開発の公式言語に選んでもいるため、androidのアプリ開発に興味がある初心者の方にはおすすめです。

応用のしやすさ

Kotlinの特徴にJavaとの連携がスムーズであるという点があります。広く普及しているJavaが使われている現場でKotlinが使われるようになることは容易に想像できます。そういった点での応用性の高さがあります。またサーバーサイドで使われる事例も出てきているためこれからの応用性は未知数です。

年収・求人数・案件の多さ

上で紹介した記事での年収中央値ランキングでは4位と重宝されるプログラミング言語です。googleがandroidアプリ開発の公式言語にKotlinを選んだのは最近のため需要増から求人数・案件ともにこれから増えると思われます。またkotlinが扱えるならJavaを利用している企業を狙うのも一つの手でしょう。

第6位:Swift

学習の難易度

Objective-CというmacOS標準開発言語に代わるApple製品向けの開発言語です。シンプルなコードとエラーの見つけやすさから学習難易度の低いプログラミング言語と言えます。ios向けのアプリ開発がしたいなどApple製品向けの開発をしたい初心者の方はSwiftを選びましょう。避けては通れません。

応用のしやすさ

Apple製品向けの開発言語ということでwebアプリなどの開発もできますが応用性は低いです。ただマルチプラットフォーム対応が進められたりフレームワークでwebアプリが開発できるようになったりとswiftでできることは増えそうです。またApple製品向けの開発言語と言うだけでも応用性は充分という人がいてもおかしくないです。

年収・求人数・案件の多さ

iosのアプリ開発は大きな市場であるため求人数は多いですが年収に関してはピンからキリまでと大きな年収の開きが求人ごとに見受けられます。ちゃんとした開発環境かどうかはよく調べる必要がありそうです。また個人でアプリ開発の経験があると就職に有利に働くことがおおいため初心者の方はswiftでチャレンジしてもいいでしょう。

第5位:Go

学習の難易度

Googleが作った新しい言語がGoです。機能や構文の表現方法を絞っているためシンプルな言語となっており初心者の方にはおすすめです。他の人が作ったプログラミングもシンプルでブレが少ないため理解しやすいことは学習にも役立ちます。

ネットではプログラミング玄人の方が他の言語でできることがGOではできないと批判する記事もありますが初心者の方はあまり気にしないでよいでしょう。

応用のしやすさ

処理の速さと構文表現の揺れの少なさから大規模開発に適しており、主にサーバアプリケーションに使用されています。他にはデスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションの開発にも使用できます。徐々に支持を獲得しており、Goの開発が活発なため応用性に関してはこれから改善されていくと考えられます。

年収・求人数・案件の多さ

上で紹介した記事では年収中央値が1位となっており、Goを学ぶ動機に繋がりそうです。求人数に関しては新しい言語であるため多くはありませんがGoの応用性が増すとともに増えるのではないでしょうか。大きなシステムの一部のをGO置き換えてデータの処理の高速化を図る事例もあるため、そういった置き換えの際に求人が増える可能性があります。またGoogleの動向にも注目する必要があります。

第4位:PHP

学習の難易度

PHPは易しい言語仕様とソースコードを実行しながら書けるインタプリタ型であるゆえにすぐ動くため学習難易度は低く、実際に多くの初心者の方がPHPを最初に学ぶプログラミング言語に選んでいます。PHPはその学習の易しさから「PHPプログラマーは他の言語を扱えない」などと揶揄されたりしますが、そうと決まっているわけではないので安心してください。PHPから他の言語を学んだ人も大勢居ます。

応用のしやすさ

PHPはwebアプリケーション開発に特化したサーバーサイドで動くプログラミング言語のため応用性は低いですが、webアプリケーション開発に特化しているだけで充分と言えます。大手のwebサービスにも多く使われ、Word pressにも利用されているので活躍の場は多いです。

PHPが導入されているサイトを調べて何ができるのか調べると今後の自分がやりたいことが明確になります。初心者の方は色んなサイトを参考にしてみましょう。

年収・求人数・案件の多さ

年収は高くないですが求人は他の追随を許さないほどの数を誇ります。また個人でPHP案件の受注をするという事例も多くあり、フリーランスを目指す初心者の方にオススメできます。HTML、CSSと合わせて学習してwebプログラマーとしてのスキルを高めるのがおすすめです。

初心者におすすめ言語第3位:JavaScript

学習の難易度

ブラウザとエディタがあればプログラミングを始められるのがJava Scriptの特徴です。開発環境の敷居が低いのは初心者の方には嬉しいことです。webで使われている言語であるため身近であり、使い方の想像もしやすいです。Java Scriptは学習の難易度が低い言語と言えるでしょう。

応用のしやすさ

Java Scriptはブラウザ上で働き、webに動きをつけることができる言語です。アニメーションだったり、エフェクトでwebの印象をガラッと変えることができます。webアプリやwebの技術を用いてのスマートフォンアプリの開発などができるため、webでやりたいことがあり、その他の開発にもいずれ挑戦したい初心者の方にとってありがたい応用性も備えています

年収・求人数・案件の多さ

web業界で多用されるプログラミング言語であるためJava Scriptの需要は高いです。求人、案件も多く、スキルアップとともに高年収も狙えるプログラミング言語です。webプログラマーとしての求人ではHTMLとCSSの経験がセットで問われることも多いです。

初心者におすすめ言語第2位:Ruby

学習の難易度

Rubyは日本人が作ったプログラミング言語です。簡潔で分かりやすい文法と表記を持つプログラミング言語であるため初心者の方におすすめです。Rubyはプログラミングが楽しくできることを掲げてつくられた言語であるため自然言語に近く学習の難易度が低いです。

応用のしやすさ

Rubyはwebアプリケーションの開発に使われている言語でクックパッドなど有名なwebサイトによく使われています。webアプリケーション以外のこともできますがwebアプリケーションでできること自体がそもそも多いので応用性は高いです。

年収・求人数・案件の多さ

上で紹介しているサイトでは年収ランキングが7位で求人数は一番多いです。案件も高単価な事が多いです。Ruby on Rails関係の案件が多いためRubyを学習する際はRuby on Railsというエンジニアから絶大な人気の誇るフレームワークについても学習しましょう。学びやすくもあり、年収求人案件が安定してるRubyは初心者の方におすすめです。

初心者におすすめ言語第1位:Python

学習の難易度

Pythonは簡潔なコードと人によるコードの差異が少ないことが特徴です。他の言語と同じ処理をPythonを使えば2分の1ほどの短さで記述できたりと開発時間の短さで初心者の方は恩恵を受けることが多いでしょう。人によるコードの差異が少ないことも学習の際に人のコードを参考にできることに繋がるため、Pythonは学習難易度が低い言語と言えます。

ただ、比較的歴史の長い言語ではありますが日本では最近になってメジャーになってきた言語であるため日本語の参考書や学習環境のこれから充実していくと思われます。

応用のしやすさ

Pythonはwebアプリケーション、ディープラーニングといった人工知能関係、データの解析と幅広い用途での開発に使われています応用がとてもしやすいプログラミング言語と言えます。特にPythonが注目されるようになった理由でもある人工知能関係分野での利用は初心者の方も頭に入れておくといいでしょう。

年収・求人数・案件の多さ

上で紹介した記事では年収ランキング3位にPythonが入っています。求人の数も多く、これは人工知能開発のエンジニア需要が高まっていることに起因しているでしょう。ただwebアプリケーション開発においての求人数は少ないです。年収や求人数を鑑みてもPythonを学習する初心者の方は人工知能分野での利用を考えるべきでしょう。

学ぶプログラミング言語の学習方法を決めよう

独学で学ぶ

現在、プログラミング学習は世間的にも注目されているため初心者の方向けの参考書が充実しているので参考書を利用して独学でプログラミングを学ぶことは可能です。また参考書は情報の専門性と充実さが強みです。自身で問題の解決ができる方や、挫折しない自信のある方にはおすすめです。動画などでも独学することは可能ですが一番のおすすめは参考書です。

ただ新しいプログラミング言語やマイナーな言語は参考書が少ないため、独学の場合はメジャーな言語を選びましょう。

無料学習サイトで学ぶ

現在、プログラミング学習が無料でできるサイトが増えています。学びたい言語を検索すれば学習サイトがたくさん出てきます。これらを利用する上でのメリットに通勤時間などの隙間時間で学習できるという点があります。

上のリンクは2018年8月現在時点で無料公開されている有料プログラミング学習サイト「CODE PREP」です。教材が分かりやすいので特におすすめです

【おすすめ】スクールで学ぶ

理由1:現役エンジニアからアドバイスがもらえる

プログラミングスクールでは、実際にエンジニアから教えてもらえるため、参考書、動画やアプリなどだけで学習するよりわかりやすいです。現場経験のあるエンジニアにアドバイスがもらえるので、自分の目標や目的にあったアドバイスがもらえます。

理由2:エラーが出た時に質問ができる

疑問点を直接教えてもらえるのもメリットの1つです。独学では問題が起きたときに自分一人で対処しなければならないので一つ一つのエラー対処にかなりの時間がかかります。わからないことを質問できるのでプログラミングの上達が独学より早いです。

また、エラーなどが続くことは初心者にとっては学習モチベーションの低下や挫折につながります。

理由3:キャリア支援がうけられる学習

プログラミングスクールではその人の目的や目標に合う学習ができます。プロのエンジニアからアドバイスがもらえるので独学より質の高いキャリアを歩むための支援を受けられます。

また、初心者が上達しやすいカリキュラムや工夫があるので初心者でも学びやすい環境になっています。卒業後に就職支援をしているプログラミングスクールもあります。

【PR】プログラミングをするならtech boost

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。

最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related