Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

プログラミングでアプリケーションを作ろう

今はiPhoneやAndroidなど、日常生活していく上で欠かせない存在になってきていますよね。実際に、アプリケーションの開発をしたいって思っている人たちは非常に多いのではないでしょうか。アプリケーション開発をしていく上で重要なことを実際に見ていきます。

現代のほとんどはアプリを使っているのではないでしょうか。プログラミングを学ぶことでアプリを作りたいと思う人も増えてきています。

プログラミングとアプリは切っても話せない関係にあるので、アプリを作りたいと思っている人は必須の技術になってきます。

プログラミングスクールの通いたいと思っても、受講料は高額なのでスクール選びはかなり慎重になりますよね。

このページでは、アプリについて、説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。


この記事の要約


  • プログラミングとアプリについて
  • 開発環境について
  • 需要の高いRuby・Python・ブロックチェーンが学べるTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

プログラミングとアプリ

今やエンジニアの数が増えている一方、
プログラミング学習をしたい人口も増えています。

そこで、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンが普及し
アプリやソフトを開発したい人も急増しています。

そんな人のために、実際にアプリ開発をする際の
プログラミング言語などを説明していきます。

アプリ開発がしたい

さて、皆さん10年前くらいから
iPhoneやAndroidが発表され、今はガラケからスマートフォンは必須と言っても
過言ではないくらいの普及率です。

生活する上では欠かせないくらいの必需品になっています。

その中でもプログラミングを通して
iPhoneのアプリ開発や、その他のアプリ開発をしてみたい人も多いですよね。
しかし、ハードルが高いイメージあったり、中々先入観が拭えずに一歩を踏み出せない人が
多いのではないでしょうか。

それでは、実際どのようにして
アプリケーションを実際に作って世に発表していけば良いのでしょうか!?

その部分も含め、今回はじっくりと解決していきます。

アプリ開発をしていく際の大原則

難易度が高く感じられるアプリ開発の中で、
プログラミングの大事なことを実際に説明していきますので、実際に見ていきましょう。

アプリを何としても作るモチベーション

はい。プログラミングでアプリ開発をしていく際は、モチベーション管理は
1番重要だと言っても過言ではないくらい、大事な要素になってきます。

勿論、最初は誰もが初心者であり、分からない壁にぶつかってはトライアンドエラーで
解決しながら一歩一歩着実にステップを踏んでいきます。

プログラミングをしていく際に、
些細なモチベーションでも良いので、
日々進化していき、先人たちの気づいきた土台に、新しいものを吹き込み
恩惠を受ける事が出来ます。

英語への不安なんてない

最初誰しも、プログラミング学習をしていく際に
プログラミングは英語や数字が羅列している関係上、最初の一歩を敬遠しがちです。

しかし、プログラミングをしていく際に
英語への抵抗をなくすのは非常に重要であり
iOSアプリ開発においては、最低限身につけておきたい英語力は
読んである程度理解する事が出来る程度で、
プログラミングが効率よく出来ます。

iPhoneアプリとAndroidアプリ開発環境について

さあ、普段皆さんが手にしているiPhoneアプリやAndroidアプリがありますが
WindowsやLunixなどMac以外のコンピューターでiPhoneアプリの開発は出来ません。

まず早速iPhoneアプリの開発について見ていきましょう。

iPhoneアプリ開発環境

iPhoneアプリの開発に必要なのはまず、Macでの環境が大前提となります。
WindowsやLinuxなどMac以外のコンピューターではiPhoneアプリの開発はできません。

iPhoneアプリの開発をするならXcodeというツールを使わなければならないのですが、
このツールはMacでしかダウンロードすることはできず、
Macを購入したら、次に先ほど説明したXcodeというツールを導入する必要があります。
XcodeとはAppleが配布しているMacOS/iOSアプリを開発するためのツールであり、
XcodeはAppStoreで無料でダウンロードすることが出来ます。

Androidアプリ開発環境

Androidアプリの開発にはOSの種類は関係ないので、WindowsでもMacでも構いません。
必要なのはAndroidStudioというツールです。
AndroidStudioとは先ほど説明したXcodeのAndroid版で、
Androidアプリを開発するために必要となってきます。

AndroidStudioは公式ウェブサイトで無料でダウンロードすることが出来、
ただAndroidStudioを動かすにはそれなりに性能の良いコンピューターでないと
動作しない可能性があります。

AndroidStudioの推奨環境はRAMが最低3GBで8GB推奨、
さらにAndroidエミュレーター用に1GB、ディスクスペースは最低2GB以上で4GBを推奨、
1280×800以上の画面解像度と決まっているので、
ご自身で使用されているコンピューターの性能として
開発していくに際し、確認が必要です。

学習するプログラミング言語【Swift】

iOS開発は、Objective-Cというプログラミング言語が使われてきました。

2014年にAppleがSwiftを発表してから、移行をはじめたので、
これからはSwiftをプログラミング学習をしていく上で積極的に取り入れていきましょう。

アプリ開発していく際の言語に関して

先述した通り、Swiftとは、iOS、Mac、Apple TV、Apple Watchを
開発するためにAppleが2014年にリリースしたプログラミング言語です。

iPhoneアプリを開発するならこのSwiftという言語を使用する必要があります。
iPhoneアプリの開発は以前まではObject-Cという言語が使用されていましたが、
SwiftはObject-Cと比べてシンプルに記述でき、
コーディングの量を少なくできるという特徴があります。

一方で、Javaはアメリカのサン・マイクロシステムズという
IT企業によって開発されたプログラミング言語です。
サン・マイクロシステムズはその後Oracle社に買収され、
JavaもまたOracle社によって管理されています。

Javaの大きな特徴として、アプリのみならずテレビや家電、銀行、宇宙開発など世界中の
多種多様な製品に使用されていることです。
この点はSwiftがApple製品のみの開発にしか使用されない事が多いのが
対照的です。

アプリケーション開発でプログラミング学習を進める3つのステップ

アプリケーションを開発したいOSを決めるのが、プログラミング学習をしていく上で
もっとも重要な肝となってきます。

iPhoneに対応しているアプリケーションを作りたいのか、
Androidアプリケーションを作りたいのかで大きく違ってくるので、
どのように学習を進めたほうが良いのか実際に見ていきましょう。

開発したいアプリのOSを決める

まず、開発するアプリのOSになってきますが、
基本的には自分が持っているデバイスと同じものを選んでもいいですし、
両方持っている人は好きな方を選べば良いです。

アプリを使ってお金を儲けたい、できるだけたくさんの人に
ダウンロードしてもらいたいといった願望があるのであれば、
シェア率を考慮に入れる必要があります。

日本ではiPhoneが7割、Androidが3割となっています。
つまり、iPhoneの方が圧倒的に多いのですが、
実は日本は世界で最もiPhoneが普及している国なのです。

国別にシェア率を見てみると、スペインがAndroid9割越えで
iPhoneが1割未満、中国、ドイツ、イタリアがAndroid8割でiPhoneが1割強、
フランスがAndroid7割でiPhioneが2割、Appleの本場であるアメリカでさえi
Phoneが4割強となっています。

このような事から、日本でたくさんダウンロードされたいと思うのなら
iPhoneアプリ一択でしょう。
しかし世界全体でダウンロードされることを狙うならAndroidアプリにした方がいいかもしれません。

自分が将来作りたいアプリの方向性をしっかりと決めて、
実行していけば必ず道が見えてくるでしょう。

アプリ開発に向けて、プログラミング学習をしっかりとする

プログラミング初心者がアプリ開発をするためには、
まずはその方法について学習しなければいけません。

今は書籍やネットが発達しているので、ネット上の情報だけでもある程度は
学習することができるでしょう。

何らかのプログラミング経験があるならネット上の情報だけで独学することは
可能かもしれませんが、そうでないなら書籍や学習サイト、
スクールなどを利用した方が、モチベーション高く保ちながら学習が出来ます。

さあ、早速それぞれの言語についてオススメの学習サイトや書籍を紹介していきます。

プログラミング学習をしていく際に、実際に開発をしよう!

アプリの開発をしていく上で重要なのは、技術習得もそうですが
企画力が大きなポイントとなります。

実際に企画をして、どのような層をターゲットに作のかと言うところが、
もっとも重要な要素になってきます。

アプリをリリースすることを最優先して簡単なアプリから作るのか、
時間がかかってもいいから難しいアプリを作るのか、
しっかりと方針を決めないといけません。

企画が決まったら、iPhoneアプリかAndroidアプリかを決めて、開発環境を構築します。
開発環境が構築できたら、書籍などを見ながら実際にコーディングを始め、
開発が終わったらアプリを公開してみましょう。

iPhoneアプリならAppleStore、AndroidならGooglePlayになります。
開発の途中でわからないところや、どうしても解決できないエラーが出てきたら
ネットで調べたり、ネット上のコミュニティで質問したりしてみましょう。
プログラミングスクールに通ってみるのも手です。

アプリ開発のコースがあるプログラミングスクールなら、
CodeCamp、Winスクール、KENスクール、リカレントスマホアプリスクール、
クラウドナインアップス、ナガセキャリアセンターなどがあります。
都内のみのスクールもあれば全国対応のスクールもあるので、
実際に足を運んだり、オンライン講座も受講しながら学習出来るので
自分にあった環境選びが重要なポイントとなってきます。

アプリケーション開発は可能性が広がる

このように、プログラミングを通してアプリケーションについて見てきましたが
いかがでしたか?

アプリケーション開発を身につけると、自分の可能性を広げるだけでなく
世界中の人々と繋がる事が出来ます。

今は誰でもコンピューターを前にして学習出来る時代です。
実際にアプリケーションを開発して、自分の可能性に挑戦してみてください。

一歩一歩着実に、可能性が広がってきますよ。

あなたが作ったアプリケーションが世の中全体に
シェアする日が来る事を楽しみにしています。

【PR】tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related