Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

プログラミング言語Cを学習しよう

プログラミング言語を学習していくに際し、C言語は数ある言語の中でも圧倒的な歴史を誇っておりユーザー数も多いです。UNIXの移植性をするために開発された言語であり、UNIXは基本的にC言語で作られています。実際にC言語で何が出来るのか解説していきます。

プログラミングをするにあたり、言語の選択はとても大切なことになってきます。今回はC言語について説明します。

プログラミングスクールが増えている一方で、どの言語を学習するのか迷ってしまう人も多いでしょう。

プログラミングスクールの通いたいと思っても、受講料は高額なのでスクール選びはかなり慎重になりますよね。

このページでは、プログラミング言語Cについて、説明します。プログラミングスクールを選ぶ前に、ぜひ参考にして、周りの人の斜め上を行くキャリアを進んでいきましょう。


この記事の要約


  • C言語についてについて
  • C言語が使われているもの
  • 需要の高いRuby・Python・ブロックチェーンが学べるTechBoostがおすすめ。

まずは無料カウンセリングできる「TechBoost(テックブースト)」で、キャリアの相談やプログラミングのことを聞きにいきましょう。

C言語とはなにか

C言語とは、ソフトウエアを作る時に使用するプログラミング言語の一種です。
1972年に1972年にアメリカAT&T社ベル研究所のデニス・M・リッチー(Dennis M. Ritchie)氏とブライアン・W・カーニハン(Brian. W. Kernighan)氏により開発されました。

最初に申し上げた通り、C言語が作られた最大の目的は、UNIXの移植性をする為であり、基本的にUNIXはC言語によって作られています。プラットフォームに依存した部分を切り離した言語仕様になっており、移植性高いプログラミングが出来るメリットがあります。

C言語で出来ること

C言語で出来ることは大きく2つあります。1つ目はロボット機械に組み込む形のものになり、工場等で使用される産業用ロボットや工業用ロボットの多くはC言語が使用されています。また、他にも家電製品とも大きく関係しており、電子レンジ、炊飯器、カーナビ等の電子機器に組み込まれている物は今でもC言語で作られている物も多くあります。

もう1つは、ソフトウエアやOSになりますが、例えばWindows上で動くソフトウエアをC言語で作ることができ、WindowsやMacのOS自体を作ることが可能になります。これらに関しては、現在もC言語が多く使われおり主流になっているため、これからも需要があります。

【プログラミング】C言語が使われているもの

C言語が使われているものは大きく分類すると、ゲームやWeb、パッケージソフトウエア系、ハードの制御や組み込み系等様々なジャンルで使用されています。

例を挙げると、Web、パッケージ系だと、Windowsのメモ帳、Chromeのブラウザ
ハード系炊飯器、カーナビ、またプログラミング言語に例えるとRubyやPHPなどになっており、普段我々使用している必需品やPCのシステムは殆どがC言語によって作られています。

【プログラミング】C言語を使用するメリット

C言語の特徴として、先ほど言った通り移植性が高く、実行速度の速い事がC言語のメリットです。またOSも作成出来るので、他の言語よりもメモリ操作等が簡単に行う事が出来ます。
開発を行う際には、たくさんのプログラムソースを書く必要があります。

しかし、サンプルコードが数多くあるので、学習したり、開発を行う上では技術的に困る事は少ないことが特徴です。

様々な家電製品やソフトウエアなどでもC言語が使用されているので、新技術を選考して知りたい人はC言語を使用するメリットがあります。

C言語以外にもたくさんのプログラミング言語も存在するので、開発したいものなどの用途によって学習しておくと良いですし、他の言語に移植する際に基本が出来ているので、習得しやすくなっています。

【プログラミング】C言語の学習難易度に関して

C言語を学習する際に、不安な部分は難易度のところだと思います。プログラミング自体、最初の段階で学習をする時は不安は付き物ですよね。しかし、OSの作成が出来ることから、他の言語よりもメモリ操作等が簡単に行う事が出来ます。

また開発を行う際の難易度は、正直なところ、他のプログラミング言語に比べると非常に難しい内容です。最初の内は挫折しそうになる事もあると思いますが、何か開発したい欲があれば出来ます。一歩一歩着実にやっていきましょう。

C言語はユーザーも多い言語になっていますが、実際のところ難しいってところのデメリットもありますよね。そこで、C言語をどのように学習していけば良いのか具体的に見ていきましょう。今すぐ学習したいって人も多くいると思いますので、挫折せず学習する方法も含め紹介していきます。

初心者でもわかりやすい学習サイトや書籍が豊富に揃っているので、独学でも習得出来ますご安心ください!それでは、独学で挫折しないようにする勉強法はどのようなものがあるか実際に見ていきたいと思います。

【プログラミング】C言語が学習出来るサイト

それではC言語を学習出来るサイトを紹介していきます。

CodeIQ

CodeIQはC言語プログラマーを目指している初心者の方から、現役のC言語を扱うプログラマーまで使うことができるサイトです。特にC言語を勉強中の方は、学習したとことろを復習するのに使用する事が可能です。

C言語の基礎知識を覚えた方は、自分の実力がどれくらいなのかを計る為に、学習も可能な内容となっています。

内容は、プログラミング演習問題がゲーム形式で出題されます。このサイトは対応言語は多く、C言語も多くの問題があります。

さらに問題を解くことで様々な企業からのスカウトを受けられる仕組みになっており、有名な企業からの出題も含まれているため、自分の知識を計るだけでなく就職、転職に繋げるためにとても有効学習方法と言えます。

paizaラーニング

paizaはC言語の基礎を学習する上でもおすすめのサイトで、無料の学習動画を視聴しながら、実際にソースコードを書いて動かす事のできるサイトです。
動画の時間も1つ平均5分前後となっている為、通勤途中等の少し空いた時間にも視聴しやすいです。

練習問題もpaizaのプログラミングスキルチェックを使用する事で、自分の理解度やスキルチェックに使用出来ます。評価もアルファベット形式で判定してくれるため、自分のスキルアップがどの程度が見極められるようになっています。

北ソフト工房

北ソフト工房はサイトはシンプルですが、ソフトウェア開発の基本となる「設計→コーディング・デバッグ→テスト・修正」の流れを練習問題を解きながら学習す
他の練習問題サイトよりもかなり実践的に学習することができます。
アカウント登録なども必要なく、簡易に始める事ができるのも特徴です。

北ソフト工房は、既にC言語の入門レベルの学習が終了しており、いくつか練習問題サイトを体験している人におすすめです。また、C言語を勉強して実際にどのようにいソフトウェアを作るのか?学んだ内容をどの様に活用すれば良いかわからない方には非常になっており、例題のすごろく等を作っていくことで、プログラマーとして重要な流れを習得することが出来ます。

TECH Pjin

TECH Pjinは様々な言語の問題が用意されているサイトです。特に注目したいのが問題の数の多さです。

C言語だけでも問題数が非常に多いのですが、解答の仕方が選択の為、初心者でも答えやすく通勤電車などでも問題を解くことが出来ます。また、解答に関連するリンク等もある為、より深くC言語を学習したいときや時間があるときなどに使うことができます。

TECH Pjinは解答が選択方式の為、まとまった時間が取りにくい方におすすめであり、問題数が多いので、多くの問題を解きたい方にもおすすめできます。解答後の参考リンクも良いのが多いので、より詳しく理解したい方にもおすすめです。

C言語学習がオススメな人

入門サイトや入門書を学習中の初心者の人に非常におすすめできるサイトになります。このサイトは学習しながら問題を解くことにより着実に基本を固めることができるサイトです。

また入門書、入門サイトを一通り学習し終わったばかりの人も復習に使うことも可能なサイトなので、一通り終わった人にも確認テストなどの位置付けで取り組むのをお勧めします。

また準備できる人は開発環境を準備してから挑むことで実践に近い学習が行えます。
入門サイトとしての作りにはなっていない為、他で入門書や入門サイトで学習していない未経験の方にはわからないことが多いため、並行して行うのが良いでしょう。

C言語を学習するとメリットがたくさんある

いかがでしかたか?入門書と違って学習に必要なサイトは殆ど無料で使用事が出来ます。時間に余裕がある方は是非今回ご紹介した8つのサイトの問題にチャレンジして頂ければと思います。

プログラマーとして経験は大事な物の1つです。少しでも多くの練習問題を解くことで、経験を積むことが出来ます。プログラミング難易度は高いですが、その分スキルを身につけると将来大いに武器になるので、しっかりと学習をして、エンジニアとして活躍してください。

【PR】tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related