Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月21日

非エンジニアの人が知りたい10の事。プログラマーと接するために

IT技術の発展によりエンジニアと接する機会が増えてきています。仕事をエンジニアと一緒にする際に困った経験がある方やITの基礎知識がなく困っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、非エンジニアが知るべき最低限のことを紹介します

非エンジニアが知っておきたいこと

エンジニアとは

エンジニアとは、システム、サービス、商品などの開発やその設計をする仕事です。システム全体の仕様決めから基本的な設計や設計の細かい詳細決め、メンテナンスなどを行います。また、プログラマーのようにコードを書き、機会に指示を与えてシステムを作る技術者でもあります。エンジニアはIT関係の仕事をしている人を指すことが多く、システムやwebエンジニアなどさまざまな種類があります。

システムエンジニアはよくSEと略されます。システムエンジニアとは、システム開発の設計をする仕事です。取引先との交渉やシステムの設計、複数のプログラムの連携、動作チェックなどを行います。システムエンジニアはプログラミングスキルだけでなく、基本的なIT知識や設計書作成、開発するシステムの知識も必要になります。

Webエンジニアとは、Webサイトやサービス、アプリなどを開発するエンジニアです。Facebook、Twitter、instagramのSNSやWeb上のシステムやサービスの需要が増えていることからWebエンジニアの需要も増えてきています。また、webエンジニアは比較的自由に働ける仕事の一つです。フリーランスや副業的に稼ぐこともできます。非エンジニアの方も正しくエンジニアを評価するためにエンジニアのことを知っておきましょう。

プログラミングでできること

プログラミングを習得することで単純作業の自動化や大量データの高速処理など仕事を効率よく進めることが可能になります。また、アプリ開発、webサイト開発、ゲーム開発やロボット開発など自分が好きなサービスやものを開発することができます。最近では、ブロックチェーンやAI、IOT、AR、VRなどが注目されています。

さらに、就職やお金を稼ぐという面ではプログラミングを学習することで選択肢の幅はかなり広がります。企業に属して働く以外にもフリーランスや副業として働くことや企業するという選択肢も増えてきます。プログラミングは、PCとネット環境があればできるので時間や場所に関係なく働けます。非エンジニアの方も正しくエンジニアを評価するためにエンジニアのことを知っておきましょう。非エンジニアもプログラミングを学ぶことで、評価しすぎて損をすることや頑張りに対しての評価がきちんとできないことによる不信感につながることになります。

非エンジニアが知るべきプログラミング知識10こ

1 HTML/CSS

HTMLとCSSは、Webページを作るのに使われるマークアップ言語で、ほとんどのwebサイトに使われているエンジニアには必ず必要なスキルです。HTMLとCSSは、プログラミング学習を始める方が最初に学習するスキルでもあります。

最近では、マークアップ言語やプログラミング言語の基礎を無料サイトやアプリで簡単に学習できます。非エンジニアの方は試してみてはいかがでしょうか。非エンジニアでもプログラミングを少しでも体験したことある方とそうでない方ではエンジニアへの理解が変わってきます。

2 データベース

データベースとは、情報を保存するために使われます。ログイン機能にもユーザーIDやパスワード、メールアドレス、電話番号などの保存が必要です。非エンジニアの方でもデータベースの知識があればエンジニアとの仕事でのコミュニケーションがとりやすくなるので学習することをおすすめします。

SQLというプログラミング言語がデータベースを操作する言語ではよく使われるので非エンジニアの方も簡単に学習してみてはいかがでしょうか。progateというサービスを使うことで簡単にSQLなどのプログラミング言語を学習することができます。progateはスマホでもプログラミング言語を学習できるのでおすすめです。

3 公開

webエンジニアは、webアプリやサイトの開発後にサービスをweb上で公開します。外部のレンタルサーバーを利用して公開することが多いです。

サーバーとは、パソコンやスマホなどからの要求に基づき、持っている情報を提供するコンピューターのことを言います。web上でホームページを見るとき、自分自身のパソコンやスマホからサーバーにホームページのデータを提供するよう要求します。その要求からサーバーは該当するデータを提供します。これによりホームページを見ることができます。

レンタルサーバーは、サーバーを借りることのできるサービスです。このサービスを利用することで、自分自身でコンピューターを買い、管理する必要がないので便利です。非エンジニアの方も開発を行うエンジニアと仕事をする際に必要となる知識なので知っておきましょう。

4 UNIXのコマンド操作

非エンジニアの方は、UNIXコマンドが何かわからない方は多いのではないでしょうか。コマンドとは、コンピュータに特定の指示をする命令のことです。UNIXに由来するコマンドのことをUNIXコマンドと言います。

非エンジニアもUNIXのコマンド操作を試してみましょう。ターミナルの起動からコマンドを実行まで試してみましょう。実際にやってみることで理解しやすくなります。UNIXコマンドは、ドットインストールという無料学習サービスをご利用して学習することができます。3分以内の動画で簡単に少しづつ学習できるのでひエンジニアの方にもおすすめの学習教材です。

5 Webアプリケーションフレームワーク

webアプリケーションフレームワークとは、webアプリを効率的に開発するのに利用されるソフトウェアの事です。フレームワークの機能を使い開発を行うことでそれぞれの必要とされるパートを開発するだけで済むため開発の効率が良くなります。web開発を理解するためにも非エンジニアの方もそれぞれの人気なフレームワークを学習してみましょう。

それぞれのプログラミング言語には、最初からwebアプリを効率的に開発するのに必要な機能があるフレームワークがあります。フレームワークのルールに沿って開発を行えば開発の手間を削減することができます。プログラミング言語RubyはRuby on Rails、プログラミング言語PHPはLaravelというフレームワークが人気です。非エンジニアの方も、エンジニアの方の正当な評価やコミュニケーションを円滑に進めるためにもプログラミングの学習を始めてみましょう。

6 セキュリティ

セキュリティは、IT業界では非常に大切です。個人情報や取引先、自分の企業の情報の改ざんや漏洩に関係する知識です。非エンジニアの方もこの知識を身につけることでエンジニアからの信頼を得ることができます。

非エンジニアの方は、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどのIT用語は聞いたこともないのではないでしょうか。SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングは、ユーザーが利用しているwebブラウザ上で不正アクセスを実行する方法です。これらを適切に防ぐ知識を理解することも非エンジニアがエンジニアからの信頼を得ることやコミュニケーションを円滑に進めるために必要です。

7 リーダブルコード

リーダブルコードとは、より開発の効率を上げるのに良いコードを書くためのテクニックがまとめられた参考書です。良いコードとは何かについてや良いコードの具体例やテクニックが書いてあります。さまざまなエンジニアがおすすめしている参考書なので、非エンジニアの方も一度チェックすることをおすすめします。

コードを読みやすく書くことや変更しやすく書くことで開発の効率を飛躍的に向上することにつながります。非エンジニアの方もより深い知識を身につけることでエンジニアの方とのコミュニケーションをより円滑に進めることができるのではないでしょうか。

8 Webの仕組み

web開発を理解するためには、web開発の全体の仕組みを理解することが大切です。開発の全体の仕組みを理解することで無駄なやりとりを削減することができるので、非エンジニアの方も学習しましょう。

「イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本」や「プロになるためのWeb技術入門」、入社1年目からの「Web技術」がわかる本などの参考書でweb開発を体系的に学習してみることを非エンジニアの方におすすめします。

9 Git

Gitは、プログラムのコードなどの変更履歴の管理ができるシステムです。web開発は、チーム開発をすることが多いので、効率よく開発を行うためにもGitのように誰が、いつ、どの部分を、どう変更したかを履歴として記録することが必要なのです。

Gitを理解するために、GitHubというwebサービスを使うことをおすすめします。GitHubはGitの仕組みを利用できるWebサービスで、非エンジニアの方にもおすすめです。

10 プログラミング言語

プログラミング言語とは、web開発を行う際に使う言語です。コンピューターに指示どうり動いてもらうために使う言語のことを指します。プログラミング言語はたくさん種類があり、使うPCや開発を行う目的によって使うプログラミング言語は変わってきます。

プログラミング言語には、それぞれ向き不向きがあり、速度が速く安全性の高いサービスを作りたい場合や短時間でサービスを作りたい場合などさまざまなケースがあります。非エンジニアの方も人気なプログラミング言語を知っておくと良いのではないでしょうか。

非エンジニアが気をつけたいこと

理論的思考を持とう

エンジニアは、仕事の際に論理的思考が求められ、ゴールや目的から逆算して計画し、行動をする癖があります。非エンジニアの方は、エンジニアの方と円滑に仕事を進めるためにも論理的にわかりやすく話すことが大切です。これを意識するだけでエンジニアからの信頼性が高くなります。

また、エンジニアと仕事をするときだけでなく、普段の仕事から理論的思考や人にわかりやすく説明をする癖をつけることでSNSや電話でのやりとりを円滑に進めることや勘違いをしなくなるので仕事の効率の向上にもつながります。

順序立てて話そう

順序立てて話すことは、理論的思考と関係することでもあり相手に伝わりやすく話すのに必要です。普段からチーム開発を行っているエンジニアにとっては、あたりまえのことです。オンライン上でのやりとりを行うことも多いので、順序立ててわかりやすく話すことは大切な能力なのです。非エンジニアの方もわかりやすく話すことを心がけましょう。

非エンジニアもテックブーストでプログラミング

非エンジニアの人が知りたい10の事。プログラマーと接するために

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related