Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

新人エンジニアが心がけたいポイント!周りに差をつけよう

IT業界の拡大に伴いエンジニアを目指している人が増えてきました、また、その中には現在新エンジニアとして働いている方も少なくはないでしょう。今回は、新人エンジニアの方が一人前のエンジニアとして活躍するために心がけたいポイントについて解説していきます。

新人エンジニアが知っておきたいエンジニアの魅力

近年、IT業界の成長に伴ってエンジニアを目指したいと考える方が増え、現在新人エンジニアとして働いている方もいるのではないでしょうか。

最近ではIT業界の深刻な人材不足のより、プログラミング未経験者でも採用を行なっている企業が増えてきました。しかし、特に未経験で入社した人の中には「これからエンジニアとして活躍してい行けるのだろうか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、新人エンジニアがこれから活躍するために心がけたいポイントをご紹介していきます。まずはじめに、新人エンジニアの方はエンジニアの魅力を理解しておきましょう。そうすることで、仕事へのモチベーションにもつながるのでぜひ参考にしてみてください。

安定している

現在、IT市場は急激な拡大をし続けています。2020年に小学校でのプログラミング義務教育化がされることから、今後もその勢いは止まることはないとされています。

エンジニアとしてのスキルを身につけることができれば、今後仕事がなくなる可能性も低いでしょう。「将来性のある仕事をしている」という意識を持って仕事をすることができれば、より仕事に力を入れることができることでしょう。

年収が高い

またエンジニアの魅力として、他の業種よりも年収の水準が比較的高いという点があります。最近では、高い年収を狙えることから、エンジニアへの転職を目的に未経験からプログラミングを学習し始める人も増えてきました。

また高い収入を得られることは、仕事へのモチベーション向上にもつながります。新人エンジニアの方は高い給与をもらえていることをしっかりと意識することができれば仕事へのやる気も上がることでしょう。

就職しやすい

IT業界は現在深刻な人材不足に悩まされています。そのため、プログラミング未経験者でも採用を行なっている企業が増えてきており、よりエンジニアになりやすい環境になりつつあります。

もちろん、あらかじめプログラミングを学んでおいて就職や転職を有利に進めることに越したことはないですが、未経験者でもエンジニアになれるチャンスがあるというのは大きな魅力の一つと言えます。

また現在では、プログラミングの学習スクールや教材が豊富にあるのでエンジニアを目指したい方や、スキルアップをしたい新人エンジニアの方もぜひ積極的に学習してみてください。

サポートが厚い

先ほども言いましたが、最近では未経験者でも入社してからプログラミングを学ぶことができる研修制度を設けている企業が増えてきました。

また、残業が多いイメージがあるIT業界ですが、実際は企業や時期によっても残業時間は異なりますし、激務と言われる職種は一部で、現在ではフレックス制やリモート制度などの働きやすい環境が整っている企業が多くあります。

新人エンジニアでも気持ちよく働ける環境が提供されているのもエンジニア職の魅力の一つと言えます。

新人エンジニアが働く時に心がけたいこと

エンジニアの魅力を知る事で、エンジニアに興味を持っている方や、新人エンジニアの方にも仕事に対するモチベーションが高まります。では具体的に新人エンジニアの方が一人前のエンジニアになるためにははどんな事を心がければ良いのでしょうか。

メモを取る

「エンジニア」に限ったことではありませんが、新人のうちは業務の内容に関して常にメモを取っておく事をオススメいたいます。新人エンジニアは毎日新しい事を覚えていかなければならなく、覚えていく作業だけでも一苦労です。メモさえ取っておけば忘れてしまったことがあってもすぐに見返すことができますし、その事で上司に怒られることもありません。

新人エンジニアのうちは、毎日必ずメモを取るように心がけましょう。

ログを残す

新人エンジニアのうちは同期や先輩からさまざまな話を伺う機会があります。また、ミーティングを行う際にもメモ同様ログを残しておくと良いでしょう。

経緯から結果までの流れを残しておくことで、話の進め方や他の人の思考傾向などを知ることができます。また、ログを残しておくことで後々「言った言わない」の勘違いを生むこともありません。

キャパをしる

新人エンジニアのうちは、自分の手でやりたい仕事がたくさんあることでしょう。また上司が新人に仕事を振る機会も頻繁にあります。

その際、新人だからと断りきれずにどんどん仕事を請け負ってしまうと気付いた時には処理しきれない仕事が山積みで、結局中途半端になってしまうこともあります。

やりたいことがたくさんあるのは良いことですが、全てに手を出してしまって結果中途半端にしてしまっては元も子もありません。一人前に仕事ができるようになるためにも、自分のキャパシティをしっかりと把握して業務を進めておきましょう。

わからないことはすぐに聞く

新人エンジニアの方に多いのが、わからないことがあっても気を遣ってしまい何も言えなくなってしまうことです。

わからないことは「わからない」とはっきり伝えるようにしましょう。できるフリをして失敗をしてしまうよりも、わからないことはしっかりと教えてもらった方が自身の成長にもつながります。

また、「教えてもらう」という経験をしておけば、自分が先輩になった時も新人エンジニアの後輩に優しく教えることができます。新人エンジニアの方は積極的に質問をしていきましょう。

自分の意見を言う

もう一つ新人エンジニアの方に多いのが、周りの空気を読んで意見を言わず黙り込んでしまうことです。先輩や上司に気を使えることは素晴らしいことですが、会社は新人エンジニアに新しい風を吹き込んでほしいと願い採用をしています。

自分の考えがあるならばどんどんと発言をしていきましょう。新人ならではのフレッシュな意見は会社にとっても貴重とされることが多いです。

また、自分の意見が採用された際の喜びは、自身の成長に大きくつながります。新人エンジニアだからと奥手にならず、会社の一員としてどんどん発言をしていきましょう。

gitを知ろう

gitとは、分散型バージョン管理システムのことを指します。エンジニアであれば誰でも知っていると言っても過言ではないツールですので、新人エンジニアのうちからgitは使えるようにしておきましょう。

また、gitを使用しない企業があったとしても、個人でもかなり重宝できるプログラミングツールですので、必ず使えるようにしておきましょう。

リテラシーは常に高く持とう

新人エンジニアのうちはわからないことがたくさんあることでしょう。ですが社会人としてのリテラシーを常に高く持つことはとても重要になってきます。

特にエンジニアであれば、「コンピュータリテラシー」や「ネットリテラシー」は必ず高めておきましょう。

決して諦めない心を持とう

新人エンジニアの方がもっとも大事にして欲しいことは「決して諦めない心を持つ」ことです。特にプログラミング未経験者であれば、プログラミングの技術面であったり、その他の業務で躓くことは多くあります。

しかし、そこで挫折をしてしまい一流のエンジニアという道を諦めてしまうことなく、ぜひ最後までやり通してください。最後までやり通せた時の達成感や喜びはきっと他には代え難いものになることでしょう。

新人エンジニアが知っておくといい知識

いかがでしたでしょうか。今回はエンジニアという職業の魅力、そして新人エンジニアが活躍して行くために心がけたいことをご紹介してきました。

先ほども軽く触れましたが、新人エンジニアの方がスムーズに業務を行うためには、あらかじめプログラミングの知識を身につけておきましょう。

テキストエディタやgitについては、現場では当たり前のように扱われるモノです。これに対応できるようにプログラミング未経験者の方はしっかりと勉強をしておきましょう。

新人エンジニアがやりがいを見つける瞬間

エンジニアという職業は、世の中に役立つモノを作る仕事です。新しいサービスを自分の手で創り、人が喜んでくれた時の達成感は何物にも代え難いものです。

新人エンジニアの方は初めてここでエンジニアとしてのやりがいを感じることができるでしょう。何事も初めのうちはわからないことばかりです。ですが、最後まで諦めずにやり通すことができれば、必ず自分が思い描いたエンジニアとしての道が見えてくることでしょう。

【PR】tech boostでエンジニアになろう

新人エンジニアが心がけたいポイント!周りに差をつけよう

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related