Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

エンジニアに必要な資格8選紹介します!どんな資格があるの?

最近では、エンジニア転職に注目が集まっていて、プログラミング学習を始める社会人が増えてきています。収入アップやワークライフバランスを考えてwebエンジニアとして転職を考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは、エンジニアの役に立つ資格を紹介します。

プログラミングの資格は必要なのか?

プログラミング資格を取るメリット

プログラミング資格を取るメリットは、大きく2つあります。一つ目は、プログラミングスキルのアピールができるというメリットです。就職の際に、資格を持っていれば自分のプログラミングスキルを人事にアピールすることができます。研修制度があり、未経験からでも募集している企業にも入りやすいです。また、フリーランスにとっては信頼にも繋がってくるので案件もとりやすくなります。

二つ目は、より詳しい知識がつくので実際の仕事でも役に立つということです。資格取得のためだとしても深い知識をつけておくことで、より技術への理解が深まり仕事の応用の幅も広がります。

エンジニアにおすすめの資格8つ

1 基本情報技術者試験

資格を取るメリット

基本情報技術者試験は、システム開発の幅広い知識が必要な試験で、設計や開発、運用を正確に行えるかを問われる試験です。

サービスの管理、セキュリティの管理など、エンジニアに必要な知識を学習する必要がある資格なので、エンジニアを目指している方やエンジニアとしてより深いがほしい方にはおすすめの資格です。IT企業に就職を考えている方にもおすすめです。仕事をしながら学習するのはとても大変です。時間がある大学生や休日に時間をとれる社会人は少しずつ学習しましょう。

2 Ruby技術者認定試験

資格を取るメリット

Ruby技術者認定試験は、プログラミング初心者には難易度が高い試験で、シルバーとゴールドの2種類の難易度があります。シルバーは、Rubyの基礎的な問題が中心で、Rubyを学習していてコードを書ける方であれば合格できる資格です。ゴールドは、シルバーより難易度が高く、Rubyの基礎以外にもアプリの設計に必要な知識が必要です。

Ruby技術者認定試験の資格を持っていることで、Rubyでアプリを開発するための基礎知識がある証明ができます。Rubyは新しいプログラミング言語で、IT業界で需要も高いので転職にも有利です。開発コストが安く、ベンチャー企業で人気が高いプログラミング言語でもあります。副業として働いている方やフリーランスの方も多く使っている言語でもあります。

3 Javaプログラミング能力認定試験

資格を取るメリット

Javaプログラミング能力認定試験は、Java開発の基礎知識やオブジェクト指向、アプリ開発の知識や能力を認定する試験です。初心者におすすめのプログラミング資格で、Javaエンジニアを目指したい方やAndroidアプリ開発に興味のある方におすすめです。

Javaプログラミング能力認定試験を取得することで、Javaの基礎知識がある証明ができ、就職活動で自分の強みにすることができます。Javaはさまざまな開発現場で使われていてニーズのあるプログラミング言語の一つです。大企業のシステムやAndroidアプリの開発にも使われている求人の多い言語です。

4 PHP技術者認定試験

資格を取るメリット

PHP技術者認定試験には初級者向けレベル、上級者向けレベルの4種類の資格があります。PHP5技術者認定初級試験は、独学でPHPを学習している方におすすめの資格です。PHP5技術者認定上級試験とPHP5技術者認定準上級試験は、試験内容が同じですが、正答率で試験の合否が決まります。PHP5技術者認定ウィザードは、毎回上位3名しか合格できない資格で、上級試験合格者のみが受験することができる試験です。論文とそれに関連したコードで試験が行われます。

PHP技術者認定試験のメリットは、PHPで開発する能力が一定以上ある証明ができることです。難易度が3つに分かれていて自分のレベルに合った資格を取れるのもメリットの一つです。高い資格を取得するほど自分の技術力の証明になります。また、PHPはIT業界で需要が高いので転職にも有利です。副業として働いている方やフリーランスの方も多く使っているプログラミング言語で、副業サイトで案件の多い言語でもあります。

5 C言語プログラミング能力認定試験

資格を取るメリット

C言語プログラミング能力認定試験は、3つのレベルがあり、3級では、初級者向けの資格でC言語の基礎知識があり、基礎的なコードが書けることを証明できる資格です。2級は、小規模なプログラムを素早く丁寧にく書くことができるかを試す資格です。C言語プログラミング能力認定試験1級は難易度が高く、C言語を使って応用力があるかを試す試験です。

C言語プログラミング能力認定試験のメリットは、C言語で開発する能力がある証明ができることです。高い資格を取得するほど自分の技術力の証明になります。また、C言語は昔から使われているプログラミング言語で今でも需要のある言語です。求人も多く、大企業でも利用されています。

6 Python 3 エンジニア認定基礎試験

資格を取るメリット

Python 3 エンジニア認定試験は、Python 3 エンジニア認定基礎試験とPython 3 エンジニア認定データ解析試験の2つの種類があります。これら2つのPython 3 エンジニア認定試験は、初心者向けの試験です。Python 3 エンジニア認定基礎試験は、Python開発の経験がある方や他の言語の経験がある方は問題なく合格できる資格です。Python 3 エンジニア認定データ解析試験では、データ分析の知識も必要なのでプログラミング経験のある方でも難易度が少し高いです。

Python3エンジニア認定試験のメリットは、Pythonやデータ分析の知識がある証明ができることです。また、PythonはAI、機械学習やディープランニングに使われている今注目されているプログラミング言語です。Webアプリケーション開発にも使われている言語でもあります。自分のスキルアップにもつながります。

7 オラクルマスターブロンズデータベース12c

資格を取るメリット

ORACLE MASTERは、データベースの管理・運用とSQLの能力を認定する資格です。データベースの知識はエンジニアには必ず必要です。ORACLE MASTER BRONZE試験の DATABASE 12c 試験が特におすすめで、取得することでデータベース管理者として必要な知識やスキルを証明することができます。データベースの作成から運用保守、削除操作などの知識やスキルが必要になります。

データベースのスキルや知識は、エンジニアのスキルアップにもつながるので是非挑戦してみてください。

8 CIW

資格を取るメリット

CIWは、Certified Internet Web Professionalという資格の略で、webやインターネットの技術を証明する国際資格です。職種資格と総合資格に分かれていて、合計21個の資格があります。おすすめの資格は、総合資格の CIW JavaScript Specialistの資格で、JavaScriptの知識や技術を試す試験です。難易度は非常に高く、アプリ開発の知識や技術が問われる試験です。JavaScriptは、比較的学習しやすい言語ですが、プログラミング初心者が独学でこの試験を合格するのは難しいです。

CIW JavaScript Specialistのメリットは、国際資格であることです。JavaScriptでアプリ開発する能力が国際基準で一定以上ある証明ができることです。JavaScript は、webサイトやwebアプリなどのwebサービスによく使われるプログラミング言語でとても需要があります。フリーランスとしてやエンジニアとして企業で働く方の仕事の幅を広げることことにつながります。

資格がなくてもエンジニアにはなれる?

資格がある方が働きやすい理由

エンジニアは、実績や実務経験が大きな評価基準になります。さらにプログラミングの資格を取得していることでよりエンジニアとしての信頼性が上がります。仕事は信頼や最初の印象がとても大切です。新しことに挑戦させてもらうチャンスを増やすためにも信頼を得ることで働きやすい環境を自分のまわりに作りましょう。

フリーランスや起業家エンジニアの方も案件の幅を増やすためにもIT関係の資格を持っておくことをおすすめします。

【PR】テックブーストでエンジニアを目指そう

エンジニアに必要な資格8選紹介します!どんな資格があるの?

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related