Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

エンジニアの資格を取って周りに差をつけて仕事をしよう

webエンジニアという仕事は年々需要が増加しています。収入やワークライフバランスの問題からプログラミング学習を始める社会人が増えてきています。ここでは、エンジニアを目指している方やエンジニアとしてスキルアップしたい方が取得すべき資格を紹介します。

エンジニアの資格とは

持っていると有利なの?

プログラミングやITの資格を持っていると就職活動に役に立ちます。エンジニア起業家・フリーランスが案件をとるときなどや新しい仕事を任されるチャンスにもつなげることができます。プログラミングスキルのアピールやITの知識があることを示せるのでファーストインプレッションからある程度は信用してもらえます。

また、プログラミングの資格だけではなく、セキュリティーやデータベースの知識やスキルがあることを示すことのできる資格を取得することをおすすめします。これらの知識を持っていることはエンジニアにはとても大切です。情報漏洩などのリスクを回避するためにも学習しましょう。

エンジニアにおすすめの資格8つ

1 基本情報技術者試験

資格を取るメリット

基本情報技術者試験は、システム開発の幅広い知識が必要な試験で、設計や開発、運用を正確に行えるかを問われる試験です。

サービスの管理、セキュリティの管理など、エンジニアに必要な知識を学習する必要がある資格なので、エンジニアを目指している方やエンジニアとしてより深いがほしい方にはおすすめの資格です。IT企業に就職を考えている方にもおすすめです。プログラミングスキル以外に教養の知識があることを証明できます。

2 Ruby技術者認定試験

資格を取るメリット

Ruby技術者認定試験は、プログラミング初心者には難易度が高い試験で、プログラミングをもともと学習していてコードを書ける方やRubyエンジニアの方向けの資格です。Rubyエンジニアを目指している方はスクールに通って学習することをおすすめします。

Rubyは、初心者でも比較的学習しやすいプログラミング言語で、IT業界で需要も高いので転職にも有利です。開発コストが安く、ベンチャー企業で人気が高いプログラミング言語でもあります。副業として働いている方やフリーランスの方も多く使っている言語でもあります。

3 Javaプログラミング能力認定試験

資格を取るメリット

Javaプログラミング能力認定試験は、Java開発の基礎知識やオブジェクト指向、アプリ開発の知識や能力を認定する試験です。初心者におすすめのプログラミング資格で、Javaエンジニアを目指したい方やAndroidアプリ開発に興味のある方におすすめです。独学でもやる気があれば合格できる資格なのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Javaはさまざまな開発現場で使われているプログラミング言語の一つで、スタートアップベンチャーから大企業までさまざまな企業で使われています。大企業のシステムやAndroidアプリの開発にも使われている求人の多い言語なのでおすすめです。

4 PHP技術者認定試験

資格を取るメリット

PHP技術者認定試験には4つのレベルがあります。難易度が一番低いものは、独学でPHPを学習している方におすすめの資格です。その他のレベルはプログラミングスクールに通うか、エンジニアとして数年働いて基礎知識をつけた後に学習を始めることをおすすめします。現役PHPエンジニアの力試しにはおすすめの資格です。

PHPはIT業界で需要が高いプログラミング言語で、収入アップやワークライフバランスをより良くする目的でweb転職を目指す方が学習している言語です。副業として働いている方やフリーランスの方も多く使っているプログラミング言語で、副業サイトで案件の多い言語でもあります。

5 C言語プログラミング能力認定試験

資格を取るメリット

C言語プログラミング能力認定試験は、3つのレベルがあり、初心者向の資格から基礎能力、応用能力があるか試す上級者向けの資格まであります。

C言語は昔から使われているプログラミング言語で今でも需要のある言語です。求人も多く、大企業でよく使われています。処理速度が早く、安全性の高いシステム開発に使われるため大企業での需要が高いです。仕事の幅を広げるためやエンジニアとしてのスキルアップのためにもC言語を学習することをおすすめします。

6 Python 3 エンジニア認定基礎試験

資格を取るメリット

Python 3 エンジニア認定試験は、初心者向けのプログラミング試験です。Python 3 を学習している方むけの資格とデータ分析に興味のある方向けの資格の2つの資格があります。データ分析の知識が必要な資格の方は、現役エンジニアの方でも一度参考書などでデータ分析の学習をしてから試験に挑戦することをおすすめします。スキルアップのきっかけにもなるのではないでしょうか。

PythonはAI、機械学習やディープランニングに使われていて、IT業界だけでなくどの業界でも注目されているプログラミング言語です。Webアプリケーション開発にも使われている言語でもあります。

7 オラクルマスターブロンズデータベース12c

資格を取るメリット

ORACLE MASTERは、データベースの管理・運用とSQLの能力を認定する資格です。データベースの知識はエンジニアには必ず必要です。ORACLE MASTER BRONZE試験の DATABASE 12c 試験が特におすすめで、取得することでデータベース管理者として必要な知識やスキルを証明することができます。データベースの作成から運用保守、削除操作などの知識やスキルが必要になります。

データベースのスキルや知識は、エンジニアのスキルアップにもつながるので是非挑戦してみてください。また、情報漏洩などのリスクを回避するのにも必要な知識とスキルなのでwebエンジニアを目指している方は学習しましょう。エンジニアとして信頼を得るためにも必要です。

8 CIW

資格を取るメリット

CIWは、Certified Internet Web Professionalという資格の略で、webやインターネットの技術を証明する国際資格です。職種資格と総合資格に分かれていて、合計21個の資格があります。webエンジニアを目指している方におすすめの資格は、総合資格の CIW JavaScript Specialistの資格で、JavaScriptの知識や技術を試す試験です。難易度は非常に高く、アプリ開発の知識や技術が問われる試験です。JavaScriptは、比較的学習しやすい言語ですが、プログラミング初心者が独学でこの試験を合格するのは難しいです。

CIW JavaScript Specialistのメリットは、国際資格であることです。JavaScriptでアプリ開発する能力が国際基準で一定以上ある証明ができることです。JavaScript は、webサイトやwebアプリなどのwebサービスによく使われるプログラミング言語でとても需要があります。フリーランスとしてやエンジニアとして企業で働く方の仕事の幅を広げることことにつながります。web開発には必ず必要なスキルの一つなので学習してみましょう。

資格をとるときに気をつけたいこと

モチベ〜ションの保ちかた

プログラミング・資格学習では、モチベーションを維持することはとても大変です。学習仲間を作ることや現役のプロエンジニアなどに教えてもらう環境を無理やり作ることができれば学習意欲は低下しないのではないでしょうか。また、まわりにエンジニアや資格に興味がある方がいない場合は、自分からコミュニティーを見つけて参加することをおすすめします。

プログラミングスクールに通うのも一つの手段です。プログラミングスクールでは、初心者が挫折しないカリキュラムや工夫があります。独学で挫折した方にもおすすめです。せっかく学習したのに学習をやめてしまうのはもったいないです。

仲間を見つけよう

モチベーション維持のために、同じ大学の友達や会社の同僚と一緒に学習するのは良いことではないでしょうか。自分よりモチベーションの高い方と学習することをおすすめします。

最近では、twitterやFacebookなどのSNSでコミュニティーやイベントをたくさん知ることができます。また、connpassやATND、TECH PLAYなどのエンジニア向けイベントページからさまざまなイベントを知ることができます。自分からイベントを主催することもできるのでおすすめです。

【PR】エンジニアを目指すなら”tech boost”

エンジニアの資格を取って周りに差をつけて仕事をしよう

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related