Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

【面接突破】プログラマーの採用面接で大事なこと11選

プログラマーを目指して就職面接に挑む際、「どんなことに気をつければいいかわからない」「採用されるにはどんなことをアピールしたらいいの」と悩む人も多いのではないでしょうか。今回は、プログラマーの採用面接で大事なことをまとめてみました。

プログラマーの採用面接で大事なこと

近年では、IT業界全体でプログラマーの需要が高まってきていることから、プログラマーへの就職・転職を目指す人が増えてきました。

特に、現在学生の方や他業界で働いている方の多くはIT業界の面接事情について興味があることでしょう。そこで今回は、プログラマーの採用面接において知っておきたいことをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラマーとしての経験がなければダメ?

「プログラマーとして働くのであれば、当然プログラミングスキルがなければ採用されないのではないか」と多くの方が考えることでしょう。

しかし、現在ではIT業界全体の人材不足に伴って、プログラマーとしての経験がなくても未経験で採用を行なっている企業が増えてきました。

もちろん、スキルや経験があるに越したことはないですが、「プログラマーとして働く」という目的だけであれば誰にでもそのチャンスがあると言えます。

プログラマーの採用面接で大事なこと11選

プログラミングの経験がなくても採用してもらえるからと言っても、企業は会社の利益になる人材を求めます。それなりの面接対策を立てなければ採用に繋げるのは難しいでしょう。

そこで、次ではプログラマーの採用面接で大切なことをまとめてご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

その1 社会人としてのマナーがあるか

まずは大前提の話をしますが、企業での面接では「しっかり挨拶ができるか」「きちんとした言葉遣いができるか」など社会人としての能力を見られます。

就職面接の経験が無い方であれば、自分はできると思っていても意外と改善点が多かったりするので、一度見直してみるとよいでしょう。

その2 清潔感があるかどうか

こちらもプログラマー面接に限らず全ての面接で見られる点ですが、パッと見て身だしなみに清潔感があればそれだけ面接官に好印象を与えることができます。

基本はスーツで行くことがほとんどですが、中には「私服可」の企業もあります。そのような場合も奇抜なファッションではなく、スーツ、もしくはオーソドックスで落ち着いた服装をするようにしましょう。

その3 コミュニケーションを円滑にとれるかどうか

「プログラマー」と聞くと「一人で黙々と作業をする」イメージが強いですが、多くの場合はチームで開発を行うことが多いです。採用面接の際も、きちんと相手とコミュニケーションが取れるかどうかを重視されます。

特にプログラミング未経験者であれば、スキルが期待できない分「プログラマーとしての素質」を見られるので面接に挑む際は元気よく質問に受け答えができるようにしておきましょう。

その4 プログラミング学習に対する意欲

未経験での採用を行なっている企業の多くは、研修制度を設けてプログラミング教育をすることがあります。面接官は、きちんと学習を続けられそうか、研修を終えた後も常に自分を磨き続けられるかどうかを見ます。

プログラマーを目指すのであれば、プログラミングを学習するのは当然です。しっかり学習に対する熱意を伝えましょう。

その5 プログラムの開発経験の有無

もし、何かしらのプログラミング経験をお持ちであれば、そのスキルは必ず伝えておきましょう。採用率はもちろん、スキルや経験次第では年収やキャリアアップにもつながります。

プログラミングのスキルを伝える際は、あらかじめポートフォリオを用意しておくと、よりわかりやすく面接官に自分のスキルを伝えることができるでしょう。

その6 資格の有無

プログラマーとしてのスキルや経験をアピールする場合は、ポートフォリオの他にも資格を提示するのも良いでしょう。

基本情報技術者、応用情報技術者などの国家資格であれば、比較的簡単に取得することができるので、面接に挑む際は一度受験してみることをオススメいたします。

その7 プログラマーとしての適正

プログラマーという職業は、未経験でも採用さえれることも多いことから面接官は「伸びしろがあるかどうか」を重視します。

また、コミュニケーションスキルや、マネジメントスキル、論理的思考ができることをアピールすると「プログラマーとしての伸びしろがある」という印象を与えることができます。

その8 新技術や知識を身に着けることが苦にならないか

プログラマーとして活躍するためには、常に最新の技術の動向を把握しておく必要があります。日頃から情報収集をしていて、それが苦にならない人や得た知識をアウトプットにつなげることができる人はそのことを面接で積極的にアピールしていきましょう。

その9 忍耐力と最後までやり遂げられる力があるか

未経験入社の際は、他の業務をこなしながらプログラミングの学習をしなければなりません。最初のうちは学習に躓くこともありますが、そこで挫折をすることなく最後までプログラミング学習を続けられることをアピールしましょう。

また、プログラミング作業はエラーやバグが付き物です。プログラマーになるためには忍耐力や問題解決能力が必要になってきます。

未経験の方は面接の際に我慢強さや忍耐力があることをアピールしましょう。

その10 プログラマーの仕事に対して具体的なイメージができているか

いくら未経験からプログラマーを目指せると言っても、「プログラマーに関しては何も知りません」では面接官にもいい印象を与えません。

しっかりとプログラマーとしてのキャリアプランや、生計を立てていく意思を面接官に見せることで採用につながりやすくなります。

その11 継続力があるか

上記で紹介した忍耐力と似た内容ではありますが、現在IT業界は常に人材を求めている状況です。なので、長く勤めてもらえそうな人は採用につながりやすいと言えます。

プログラミング未経験で入社面接を受ける際は、社会人としての常識や、プログラマーとしての適正、また継続できる力を見せるようにしましょう。

面接経験が少なく自信がない場合はスクールに通おう

いかがでしたでしょうか。今回は、プログラマーを目指す人が面接の際に意識してほしいことをご紹介いたしました。

しかし、学生などの面接経験がない少ない方は、上記で紹介した全てのことをアピールするのはとてもハードルが高いと感じることでしょう。

プログラマーの入社面接で最も、有効で近道になるのは自分のプログラミングスキルをアピールすることです。まだ面接までに時間がある方は、せめて基礎レベルのプログラミングスキルを身につけておくと良いでしょう。

スクールに通うメリット

未経験者の中には「そもそもプログラミングの学習方法がわからない」と悩んでいる方も多いことでしょう。プログラミングの学習方法は数多くありますが、未経験から短期間でプログラミングスキルを身につけたい方は「プログラミングスクール」に通うことをオススメいたします。

「プログラミングスクールって費用が高そう」と考えている方もいますが、スクールに通うことで費用以上に得られるものが多くあります。

そこで今回は、プログラミングスクールに通うことで得られるメリットについて解説をいたします。プログラマーを目指す未経験者はぜひ参考にしてみてください。

その1 わからないところをすぐに質問できる

プログラミングスクールでは、専門知識を持ったメンター(講師)が学習のサポートをしてくれるので、学習にわからないところがあっても最後まで理解をすることができます。

独学では、不明なところがあっても自力で解決をしなければならないため挫折をしてしまうことが多いですが、スクールであれば質問できる環境があるので効率よく学習を進めることができます。

その2 実践的な技術を身に付けやすい

また、メンターを勤めている講師のほとんどはエンジニアとして活躍していた経歴のある方が多く、技術の面に関しても実践的な内容を学ぶことができます。

また最近では、フリーランスとして活動している現役のエンジニアの方も多く勤めており今のIT事情や技術動向などについても話を聞くことができます。

プログラミングスクールで学習をすれば、即戦力として認められるスキルを身につけることができます。

その3 キャリアサポートもある

未経験者がプログラミングスクールに通うメリットは、スキルが身につくだけではなく、プログラマー就職の支援を行なってくれる点もあります。

プログラマー職以外にもフリーランスとしての独立や起業など、専門のキャリアアドバイザーが個人の希望に合わせてサポートをしてくれるので、卒業後も安心してキャリアを築くことができます。

【PR】プログラミングスクールならtech boost

【面接突破】プログラマーの採用面接で大事なこと11選

現在プログラミングスクールは全国的に展開しており、いまでは約4460校もの教室が開講しています。そんな数あるプログラミングスクールの中でも、未経験からプログラマーを目指すのであれば「tech boost」をオススメいたします。

「tech boost」は、未経験からでも最短3ヶ月で実務レベルのプログラミングスキルを身につけることができる他、エンジニア支援に特化した株式会社Branding Engineerが母体となっているため充実したキャリア支援を受けることができます。

入学前の無料カウンセリングも行なっているので、確実にプログラマーになりたい考えている方は、ぜひ「tech boost」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

tech boostについて

【面接突破】プログラマーの採用面接で大事なこと11選

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related