Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

【学生必見】学生がプログラミングをやるべき理由6選

IT技術の進歩に伴って、「プログラミング」という技術にも注目が集まってきました。また、現在プログラミングは社会にとって非常に需要のある技術として扱われています。そこで今回は、学生のうちにプログラミングをやるべき理由をまとめてご紹介いたします。

そもそもプログラミングって何?

プログラミングとは、コンピュータにして欲しい動作や処理を命令する作業のことを指します。また、人間に命令する際は当然人間の言葉を使いますが、コンピュータにはコンピュータの言葉を使わなければなりません。そのコンピュータの言葉を「プログラミング言語」と言います。

世の中に存在するあらゆる電子機器には、このプログラミング技術が使われており、私たちの生活を支えていると言えます。

学生でもプログラミングはできるの?

「プログラミング」と聞くと「難しい」「ITの知識が豊富な人しか身につけることができないスキル」というイメージが強いですが、実はプログラミングはIT未経験者でも十分に取得でき、学生の方でもプログラミングを学んでいる方はたくさんいます。

また、2020年には小学校でのプログラミング教育必修化がされることから「誰でも学ぶことができる分野」として、さらに未経験のプログラミング学習に注目が集まってきました。

今後のIT社会を考えれば、IT業界だけではなくどんな職業にもITの知識が必要になって来ると予想できます。将来社会人としていち早く活躍をしたいのであれば、ぜひ学生のうちからプログラミング学習をすることをオススメいたします。

学生がプログラミングやるべき理由6選

未経験の学生でもプログラミングを学ぶことができると解説いたしましたが、中には必要以上に気構えてしまいプログラミング学習を始められない方もいます。

そこで今回は、プログラミングを学生のうちから学んでおくべき具体的な理由をご紹介いたしますので、少しでも学習の後押しになれば幸いです。

理由1 論理的な思考が身につく

学生がプログラミングを学んでおくべき理由として、まずプログラミング学習をすることで「論理的思考」ができることが挙げられます。

これは、小学校でのプログラミング教育の目的の一つとされており、論理的思考を身につけることによって社会で活躍することができる人材に育成することができます。

論理的な思考って何?

では、そもそも「論理的な思考」とはどういうことを言うのでしょうか。「論理的思考」とは、因果関係を筋道を立てて考えること、わかりやすくすることを指します。

この能力を鍛えることで、例えば企画のプレゼンテーションで相手にわかりやすく内容を伝えることができたり、順序立てて物事を考えることができるので仕事の要領もよくなります。

また、学生であれば論文や研究発表を行う機会もあることでしょう。その際も論理的思考を鍛えていればより質の高い評価を受けることができるでしょう。

理由2 就職活動に活かすことができる

学生のうちにプログラミングを学んでおくべきもう一つの理由は、ITのスキルを持っていればどんな業界においても一つのアピールポイントになる点です。

また、現在のIT業界は深刻な人材不足に悩まされており、プログラミングスキルを持つ人材を大量に求めています。最近ではプログラミング未経験者でも採用を行なっている企業も増えてきましたが、プログラミングスキルがあればその分採用率やキャリアアップのスピードも格段に上がることでしょう。

理由3 働き方の選択肢が広がる

「ITエンジニア」と聞くと「残業が多く激務である」「プライベートが確保できない」と言うイメージがありますが、企業によっては「働き方改革」に伴いリモートやフレックス制を導入しているところもたくさんあります。また近年では「フリーランスエンジニア」として働く人が増えてきており、他業種から「自由に働くこと」を目的に新たにプログラミングを学ぶ人もいます。

また、プログラミングスキルを用いてオリジナルアプリを製作することができればそれを元に起業すると言う選択肢もあります。「普通の企業勤めはしたくない」と言う学生の方は、今後さらに需要が高まると予想されるプログラミングを学びましょう。

理由4 インターンシップに参加しやすくなる

学生のうちにプログラミングを学んでおけば、エンジニアのインターンシップに参加することができます。

インターンに参加すれば、エンジニアの実務を経験することができるほか、今では給料が出る企業も増えてきており稼ぎながらエンジニアの現場を経験することができます。

また、プログラミングスキルがなくてもエンジニアインターンを募集しているところもあり、実務で役に立つプログラミングを学習することができるので、エンジニアに興味がある学生の方は積極的に参加してみましょう。

おすすめサイト1 wantedly

インターンの情報が掲載されているサイトはいくつかありますが、その中でもwantedlyはFacebookのつながりを活用したソーシャルリクルーティングサービスです。

インターンや転職の分野に特化しており、利用している企業の数やユーザーは年々増加しています。スタートアップや中小企業の情報が豊富なので新しい事業に参加した学生の方にオススメすることができます。

おすすめサイト2 エンジニアインターン

エンジニアインターンは、エンジニア職に特化したインターンシップ・新卒採用求人媒体です。またエンジニアインターンでは個別相談も受け付けており、インターン参加や就職に不安がある学生は気軽に相談をすることができるのでオススメです。

理由5 自分のアイディアを形にできる

プログラミングは、モノを創作するクリエイティブな仕事です。普段スマートフォンアプリを利用していて「自分もこういうサービスを作ってみたい」「もっと便利なアプリがほしい」と考えている学生にはプログラミング学習をオススメすることができます。

自分のプログラミングでオリジナルアプリを作ることができれば、それだけ達成感を得られますし、さらに次の学習のモチベーションにもつながります。

理由6 好きな時間に勉強することができる

プログラミングは、パソコンとインターネット環境さえあればどこでも作業することができます。自分の家はもちろん、カフェやコインスペースなど、自分がリラックスできる環境で学習することができます。

また、本業の勉強が忙しい学生の方でも、好きな時間を利用して学習を進められるのでぜひプログラミングを学んで将来の役に立つスキルを身につけましょう。

プログラミングを学ぶ方法

ここまで「プログラミングとは」から「学生のうちからプログラミングを学ぶべき理由」についてご紹介してきましたが、未経験の学生の多くは「そもそもプログラミング学習方法がわからない」と悩んでしまうことがあります。

そこで次では、未経験の学生の方にオススメするプログラミング学習方法をご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

方法1 書籍で学ぶ

プログラミングを独学で学習する際にオススメするのは「書籍を利用」して学習することです。プログラミングに関する書籍は数多く刊行されており、近くの本屋ですぐに購入することができます。

初心者の学生には、プログラミングの基礎をイラストや表を豊富に使って解説している書籍をオススメいたします。また、学習をする際は、ただテキストを読むだけではなく実際にパソコンを操作することで学習の効率を上げることができます。

方法2 アプリやサイトで学ぶ

「本を読むのが苦手」「勉強にすぐ飽ききてしまう」と言う学生には「プログラミング学習アプリ・サイト」の利用をオススメいたします。

動画やクイズ形式での学習コンテンツが豊富なので、初心者でも楽しみながら学習することができます。また、最近ではスマートフォンでも利用できるものが増えてきたので、通学などの隙間時間を利用して学習することができるのも学生にとって嬉しい点です。

方法3 スクールに通って学ぶ

プログラミング未経験の学生に一番オススメする方法として「プログラミングスクール」をご紹介いたします。

プログラミングスクールでは、学習をサポートしてくれる講師がいるので、わからないことがあればすぐに質問をすることができます。

また、スクールによっては学生割りを行っているところもあるので費用を抑えたいのであれば、ぜひ早いうちにスクールに通いましょう。

【PR】tech boostで学生のうちから力をつけよう

【学生必見】学生がプログラミングをやるべき理由6選

プログラミングスクールは全国に数多く開講していますが、その中でもオススメするのが、株式会社Branding Engineerが運営する「tech boost」です。

「tech boost」は、未経験からでも最短3ヶ月でオリジナルアプリケーションを作れるまでのスキルを身につけることができるほか、最近流行している「人工知能(AI)」や「ブロックチェーン」も学ぶことができるので、エンジニアとしてスキルアップを図りたい方にもオススメすることができます。

また、「tech boost」ではプロのキャリアアドバイザーによるキャリアサポートを行なっており、学生や転職希望者のエンジニア就職を支援してくれます。

入学前には事前に無料カウンセリングで話を聞くことができるので、興味がある方はぜひ足を運んでみてください。

tech boostについて

【学生必見】学生がプログラミングをやるべき理由6選

【PR】多くの人がプログラミングを諦めてしまう理由をご存知ですか?



近年プログラミングを勉強する人が増えています。

プログラミング学習者の多くは独学から取り組もうとしますが、だいたい80%ほどは3ヶ月も続かずに諦めてしまいます。早い人は1日目で。

多くの人がプログラミングを独学しようとして諦める理由は、次の3つ。
●モチベーションが維持できない
●エラーの原因・解決方法が分からない
●どう学習すればよいか分からない

TechBoostというプログラミングスクールでは、みんなと一緒にプログラミングをするのでモチベーションの維持ができ、分からないことがあればマンツーマンで教えてくれ、徹底的に研究された初心者向けの教材が揃っています。

TechBoostを卒業後、実際にエンジニアとして転職した方もいるほど。

本気でプログラミングを学びたい方は、一度無料のカウンセリングでご相談ください。プログラミングを嫌いになる前に。

tech boostについて

オーダーメイド型の学習コンテンツを提供する「tech boost」 は、エンジニアのキャリア支援に特化したサービスを複数展開している株式会社Branding Engineerが運営しているプログラミングスクールです。最短3ヶ月間で、未経験から『プログラミングの基礎』、『実際に業務で必要となるスキル』、『今のトレンドとなっている知識』まで学べ、ご希望の方にはプロのキャリアアドバイザーによる就業支援を行うことができます。

tech boost卒業生インタビュー

tech boostの卒業生の声を聞きました。あなたがプログラミングを学びたい理由を、一度考えてみてください。
営業→Javaエンジニア→Rubyエンジニアと転向し、第一志望のFinTech企業で働く山下さん
元営業、ビジネスのわかるエンジニアを目指す菅原さん
サンフランシスコに交換留学し、シリコンバレーのVCでインターン中の梅本さん
予備校の営業から半年でエンジニア転職を果たした小田島さん

tech boostの口コミ



Related